H2: ワイヤレスブロードバンドの衝撃
日時 2008年11月25日 9:30 - 12:30
参加料 <半日セッション券 事前料金 \6,000 当日料金 \8,000>
内容 インターネットの世界を大きく変えようとしているのが近年急速な技術革新が進むワイヤレスブロードバンド技術です。これには、無線LANの発展形としてのWiMAXと携帯電話の発展形としての3.9Gの2つの流れがあります。本セッションでは、インターネットから見た両技術の特長と可能性について考えてみたいと思います。

9:30-10:10
(40分)

1)ワイヤレスブロードバンドの登場とインターネットの進化

講演者:藤原 洋/株式会社インターネット総合研究所 代表取締役所長/財団法人インターネット協会副理事長

内 容:インターネットの世界を大きく変えようとしているワイヤレスブロードバンド技術について、WiMAXと3.9Gの2つの流れとインターネットから見た両技術の特長と可能性について概観します。

10:10-10:50
(40分)

2)WiMAXの可能性

講演者:菊地 明弘/インテル株式会社 東京本社 事業開発本部WiMAX事業開発推進部 部長

内 容:真のモバイル・インターネットを実現するために最適な技術であるWiMAXについて、その特徴、日本および海外における最新のサービス準備・展開状況、端末の開発状況、今後のロードマップ等について紹介します。また、WiMAXが前提としているオープンなビジネスモデルと、その可能性につき事例を交えて解説します。

休憩 10分
11:00-11:40
(40分)

3)3.9世代モバイルLTEの可能性

講演者:元野 秀一/日本電気株式会社 キャリアネットワークビジネスユニット モバイルRAN事業部

内 容:標準化及びLSTIの最新動向や、現行の3Gシステムにおけるモバイル・インターネットの課題を3.9Gシステムの一つであるLTEの技術により、どのように解決していくのかを紹介します。

11:40-12:20
(40分)

4)3GPP2の3.9世代モバイルへの展開

講演者:石田 和人/クアルコムジャパン株式会社 標準化部長

内 容:3GPP2では、CDMA2000 1XとEV-DOの技術進化の優先順位が高い中、3GPPの技術方式に代表される他システムとのインターワークが重要視されるようになってきました。3.9世代モバイル以降の技術開発では、その趨勢がより顕著になりつつあります。 最近の3GPP2動向を紹介するとともに今後の展開を探ります。

12:20-12:30
(10分)

5)まとめ

講演者:藤原 洋/株式会社インターネット総合研究所 代表取締役所長/財団法人インターネット協会副理事長


※プログラム/時間割は都合により変更になる可能性があります。あらかじめご了承ください。
対象者

ページTOPへもどる