T4 IPv6によるIPv4仮想化のススメ

本セッションをJPNIC Blogで紹介しました。

日時 2016年11月29日(火)13:15~15:45
場所 3F Room 3
参加料金 事前5,500円
当日8,000円
内容

世界中でIPv4アドレスの在庫不足が進み、 IPv6対応が急ピッチで進行しています。 多くのネットワーク事業者では、 IPv6を導入する際に既設のIPv4ネットワークとの関係を考える必要があります。 この際、運用コスト等を低減するために、 中核ネットワークをIPv4/IPv6のデュアルスタックとして構築するのでは無く、 IPv6 onlyネットワークとして構築しそのネットワーク上でIPv4サービスを提供する、 いわゆる`IPv4 as a Service (IPv4aaS)'という形態が提案されており、 実際に米国のモバイルキャリアや日本国内のIPv6接続性の提供事業者により商用導入されています。 また、スマートフォン上のアプリケーションにおいても、 プラットフォーム提供者がIPv6 onlyネットワークでのアプリケーション動作を必須化するといった対応が進んでいます。 本セッションでは、IPv4aaSに利用される各種技術を概観し、 IPv6 only環境下でのアプリケーション検証ネットワーク構築方法や実サービスでのIPv4aaS導入状況を紹介します。

時間 内容
13:15 ~ 14:35

IPv4aaSを実現する技術の紹介

講演者
佐原 具幸(株式会社インターネットイニシアティブ )

DS-Lite、MAP-E等IPv4aaS実現技術について、 標準化の背景、仕組み等を紹介します。

14:45 ~ 15:15

IPv4aaS 技術の導入事例

写真:中川氏

講演者
中川 あきら(日本ネットワークイネイブラー株式会社)

IPv4aaS技術導入の背景となるアメリカを中心としたコンテンツ事業者のIPv6対応の事例や、 ネットワーク事業者におけるDS-Lite・MAP-E等のIPv4aaS技術の導入事例・導入した理由などを紹介します。

15:15 ~ 15:45

アプリケーションレベルでの IPv4aaS: Apple の IPv6対応、解説と検証

写真:渡辺氏

講演者
渡辺 露文(富士ソフト株式会社)

Apple社における、IPv6 only環境でのiOSアプリケーション動作必須化についてNAT64/DNS64技術および同技術を用いたアプリケーション動作検証検環境構築方法について解説します。

対象者
  • IPv6の導入を検討しているコンテンツ事業者やネットワーク事業者、他社が導入したIPv6移行技術の詳細や国内外の事業者によるIPv6移行技術導入の動向を知りたい方
  • IPv6導入後のネットワーク 運用コスト等の低減方法を検討している事業者の方

※時間割、内容、講演者等につきましては、 予告なく変更になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ハッシュタグは、#iw2016jp

協賛

メディアスポンサー

ネットワークスポンサー