IW2019

D2-2 新技術に対応するセキュリティ運用とは
~かわりゆく技術の中でぼくらは~

CPE対象

これまでのセキュリティの運用や監視をめぐる技術が、 少しずつ代わり始めています。 TLS1.3、CASB、ゼロトラストネットワーク、EDRなどなど。 これら周辺の技術が変化する中で、 監視などの運用自体も変化しています。 新しい技術がどのような影響を及ぼしているのか、 この先どのように運用が変化するかを考えるプログラムです。

日時 2019年11月27日(水) 13:15~15:45
場所 2Fホール
参加料金
<事前11,200円/当日17,000円>
※D1~4にすべて参加できるDセット割引料金(30,600円)もあります。 3日以上Dプログラムを申し込んだ方に適用されます。
内容
時間 内容
13:15~15:45

新技術に対応するセキュリティ運用とは
~かわりゆく技術の中でぼくらは~

写真:ももいやすなり 写真:亀田 勇歩 写真:武井 滋紀 写真:田中 朗 写真:須賀 祐治

講演者
ももいやすなり(株式会社インターネットイニシアティブ/ISOG-J)
亀田 勇歩(SCSK株式会社/ISOG-J)
武井 滋紀(NTTテクノクロス株式会社/ISOG-J)
田中 朗(コインチェック株式会社/ISOG-J)
須賀 祐治(株式会社インターネットイニシアティブ/暗号プロトコル評価技術コンソーシアム)

対象者
  • ユーザー企業のCISO、戦略マネジメント層、CSIRTメンバー、SOCメンバー、情シス部門
※時間割、内容、講演者等につきましては、 予告なく変更になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。