IW2019

S2 Hello IPv6, Good bye IPv4 ~ 実例から学ぶ、IPv4を使い続ける努力とIPv6を使い始める努力 ~

近年、 アメリカを中心とした諸外国においてはIPv6対応が急速に進んでいます。 国内においても大手モバイル各社は2017年からIPv6のデフォルト提供を開始しました。 固定アクセスサービスで最大シェアを持つNTT東西社においては、 66%・1400万もの契約者が知らずのうちにIPv6を使っています。 一方、IPv4においては、 世界的にIPv4アドレス共有が進み通信できないアプリケーションが散見されるなど、 IPv4の「劣化」が進行してます。

本プログラムにおいては、 Internet Week 2019のテーマ「新陳代謝」に合わせ、 IPv4からIPv6に新陳代謝が進んでいるインターネットを実例を用いて解説します。 前半はIPv4において通信に影響が出ているゲームの実例、 後半は中小法人のIPv6導入の実例を紹介します。 このプログラムを通して、IPv4の何が劣化しているのか、 どうすればIPv6対応できるのかについての一部をお持ち帰りいただきたいと思います。

日時 2019年11月26日(火) 09:30 ~ 12:00
場所 3F Room3
参加料金
<事前5,600円/当日8,500円>
内容
時間 内容
09:30~10:20

Good bye IPv4

講演者
佐藤 元彦(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)

概要調整中

10:30~11:15

Hello IPv6-1

講演者
久保田 聡(日本ネットワークイネイブラー株式会社)

概要調整中

11:15~12:00

Hello IPv6-2

講演者
井内 悠(株式会社インターネットイニシアティブ)

概要調整中

対象者
  • 企業ネットワーク関係者
  • ゆくゆくはIPv6導入が不可欠になってゆくことを理解しつつ、踏み切れない幅広い方々。
※時間割、内容、講演者等につきましては、 予告なく変更になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。