IW2019

S5 エンジニアのための財務会計基礎

エンジニアにとって会計とは関係ない世界でしょうか。 技術の専門家は技術だけわかっていればいいというわけではありません。 機器やクラウドを導入する際、 会計的に経営に与えるインパクトを理解し説明できると、 今まで以上に仕事がスムーズに進むことも出てくるでしょう。

前半では、 主として財務会計・税務会計・管理会計における財務会計の位置づけ、 更に、財務諸表の貸借対照表(BS)・損益計算書(PL)の基礎を学びます。 後半は、ルーターはサーバ等の設備投資、 クラウドや回線等のサービスを調達する際のBSやPLの動きに加え、 お客様へのサービス提供時や物品販売時のBSやPLの動き、 更に減価償却時のBSやPLの有機的な動き等について学びます。

講演者
 前川 和也(株式会社ハートビーツ)
 高井 寿(高井寿税理士事務所)

日時 2019年11月26日(火) 16:15 ~ 18:45
場所 3F Room0
参加料金
<事前5,600円/当日8,500円>
内容
時間 内容
調整中

会社設立

  • 会社設立(株主から資本金(純資産)・銀行から借入(負債の部))
  • 2名の給料・交通費を支払った。(技術担当(原価)と営業担当(販管費)
  • 業務用のクラウド(メール・カレンダー等)を契約(月々の支払)(費用)
  • パソコンを購入した(備品)
  • 消しゴムを購入した(消耗品)
  • 社長室にピカソの絵を購入(土地と同様に非償却資産)
調整中

事業

  • サーバ購入。(設備投資)・(償却はいつから? 検収日? 事業の用に供するとは?)
  • 決算時に償却。(売上原価計上・BSの固定資産減・純資産減)
    • サーバを償却、ピカソは非償却、クラウド(費用)には償却の概念が無い。
  • インターネット接続サービス成約。(売上計上・費用非計上・BSの現金増・純資産増)
  • 無線LANルータを10台仕入れる。(買掛金・在庫が発生・売れるまで費用が発生しない)
  • 翌月、業者から購入代金全額が振り込まれる。(買掛金ゼロへ)
  • 無線LANルータ10台中6台が売れ、顧客に送る。
    • 売上が立つのはいつ?(契約成立の日? 送った日? 受け取った日? 受け取る見込みの日?)
    • 6台分の売上・売上原価を計上・売掛金6台・在庫4台へ。
  • 翌月、サービスの料金と無線LANルータ4台分がお客様から振り込まれる。
  • サーバに追加機能。(ソフトウエア)
  • 検証用サーバを購入した。
  • JPNICにJPNIC会員の会費を支払った。(販管費)
  • IPv4アドレスを自社利用目的で移転を受けた。1億円で購入。
  • IPv4アドレスを転売目的で移転を受けて売却した。1億円で購入し、1.2億円で売却。
  • 銀行に利息を支払った。(定款外・経常的・営業外損益)
  • サーバとソフトウェアをまとめて減損した。(経常的ではない・特別損失)
  • サーバとソフトウェアをまとめて除却した。
  • 法人税と固定資産税を払う。(税引き後)
  • 債務超過した。(BSはどうなる? ・なぜ事業を継続できる?)
調整中

その他

  • 会食接待。(なぜうるさい? 費用計上(財務会計)と損金算入(税務会計)の違いを少々)
  • 10月前に仕入れた時に消費税を支払った(8%)。その商品を10月に売り消費税を得た(10%)。
  • 上位回線の支払を費用ではなく建仮として計上し利益を水増しした。とは? (Worldcom社の粉飾・禁錮25年)
  • リースとは。(リースのメリット/デメリット、財務諸表的な影響の仕方)
対象者
  • エンジニア
  • エンジニアマネージャー
※時間割、内容、講演者等につきましては、 予告なく変更になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。