IW2019

S14 Wi-Fi今昔物語

いまや、Wi-Fiサービスを利用することは非常に一般的・普遍的なことであり、 また各種イベントのみならずテレワーク等の観点からも不可欠なサービスの一つであろうことは言うまでもない時代になりました。 そこで、Wi-Fiという領域を改めて振り返り、 どのような技術的・文化的新陳代謝が行われてきたのか? という問いを基に、 さまざまな知見や情報を発信し来場者に復習、 発見いただくようなプログラムを実施したいと思います。

トピックス

  1. Wi-Fi環境の基礎知識: オフィス内無線LAN環境の技術的要素から(電波の衝突、VoIPも含めた設計、APの手運用など……)
  2. Wi-Fi領域における規格と動向: 通信規格の世界はどのような流れで今に至るのか?
  3. Wi-Fi運用のイマ: Wi-Fi運用とは何をすることなのか?監視ポイントは?そして、今はどんなプロダクトがあるのか?
日時 2019年11月28日(木) 16:15 ~ 18:45
場所 3F Room0
参加料金
<事前5,600円/当日8,500円>
内容
時間 内容
16:15 ~ 16:55

Wi-Fi環境の基礎知識

写真:熊谷 暁

講演者
熊谷 暁(株式会社KADOKAWA Connected)

電波の特性、無線環境で起きていること、 混雑について……などなどをオフィス内Wi-Fi環境を題材にレクチャーします。

17:05 ~ 17:45

Wi-Fi領域における規格と動向

講演者
小宮 博美(ラッカスネットワークス テクニカルディレクター)

従来の802.11a/b/g/n/acの規格を復習しながら、 規格と市場の推移と今後の動向について説明します。

17:55 ~ 18:35

Wi-Fiのイマ

講演者
調整中

Wi-Fi環境の運用の具体的内容に関する説明(監視システム構成や可視化のポイント整理)、 およびその現在形についての情報提供です。

対象者
  • Wi-Fiに興味がおありの方
  • 社内情報システム部門で、Wi-Fi環境を含むOAネットワーク管理にあたられている方
  • NOC (Network Operation Center)業に携わる・興味がおありの方
※時間割、内容、講演者等につきましては、 予告なく変更になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。