背 景
"トップ"に戻る

 インターネットの運用が、その管理・運用にたずさわっている人々の協調によって支えられていることは、今も昔も変わりはありません。我が国でインターネットが学術・研究目的で使われるようになってほどない1990年に、そうした人々が参集して、様々な問題を議論し、解決していこうという会合が初めて開かれました。JEPG/IP の呼びかけによる IP Meeting と名付けられたこの会議は、その後も毎年開催され、第1回には40人程だった参加者は、 インターネットの拡大と共に増加し、この数年は500名を超すまでになっています。インターネットにかかわる技術者の急増に対応して、1994年からは全体会議とワークショップに加えて、最新技術のキャッチアップに役立つチュートリアルも開催されています。

 インターネットは日々変化しており完成されたものではありません。それをうまく動かしていくためには、ネットワークにかかわる人々が最新の情報を知り、より良い方向をめざして協力をしていくことが欠かせません。また、インターネット利用の質的・量的な拡大とともに、セキュリティやアプリケーションなど、新しい技術について知っておかなければならない範囲もますます広くなっています。

 こうした背景から、狭い意味でのネットワーク管理者という枠をこえて、広くインターネットにかかわる技術の研究・開発、構築、運用、利用に関わる人々が一同に会して、関連するテーマについて議論し、理解を深め、問題の解決をめざす場として、インターネットに関する各種会合を集中して開催するイベントとして Internet Week 97 が企画されました。

 IP Meeting を主催してきた JEPG/IP に加えて JPNIC が共同主催者となり、WIDEプロジェクト、日本ソフトウェア科学会、日本UNIXユーザ会、日本インターネット協会、JAVAカンファレンス、コンピュータ緊急対応センター、電子ネットワーク協議会などの参加を得て、昨年12月16日から12月19日の4日間、パシフィコ横浜にて Internet Week 97 を無事行うことができました。

 本年は昨年度を上回る数の参加団体からのご協力を得てInternet Week 98実行委員会を結成いたしました。昨年度の経験を踏まえ、本実行委員会のもとで全体企画と運営を行うことによって、各会議が同一会場、同一時期に開催されることの効果を、より一層発揮できるようなプログラムとするつもりです。

 こういった次第で、Internet Week 98 は 1998年12月15日(火)から12月18日(金)まで、古都京都の国立京都国際会館にて開催されます。お忙しい時期ではありますが、インターネットの現在を知り未来を語るために、是非ご参加いただきますようお願いいたします。

Internet Week'98 実行委員会


back"トップ"に戻る


Internet Week'98 Staff <iw98@jtbcom.co.jp>.