メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

BIND パッチ


概要

idnkit では BIND 8 および 9 用のパッチファイルを提供しています。 このパッチを適用することにより、 BIND に含まれる dig, nslookup host コマンドで国際化ドメイン名を扱うこと が可能になります。

BIND へのパッチの適用方法は、パッチファイルの先頭に記載してあります。 インストールガイドBIND 8 用パッチの適用とインストール および BIND 9 用パッチの適用とインストール もご覧ください。

dig、host、nslookup の使い方については、BIND に付属のマニュアルを参照 してください。


ツールの修正内容

BIND には DNS の問い合わせツールとして dig、host、nslookup という コマンドが付属します。 パッチを適用することにより、これらはいずれも国際化ドメイン名が扱える ようになります。具体的には以下の機能が付加されます。

  • 国際化ドメイン名の入力
    コマンド引数、あるいは標準入力で、ローカルエンコーディングで表現された 非 ASCII のドメイン名を指定することができるようになります。 ローカルエンコーディングで入力されたこれらのドメイン名は自動的に DNS プロトコル上で用いられるエンコーディングに変換され、DNS サーバへの 問い合わせが行われます。エンコーディングの変換の際には同時に NAMEPREP も 行われます。
  • 国際化ドメイン名の表示
    DNS サーバからの返答に含まれる国際化ドメイン名がローカルエンコーディングに 変換され、表示されるようになります。

ただし、 環境変数 IDN_DISABLE が定義されていた場合、これらの機能は働かず、パッチを適用していないときと 同じ動作をするようになっています。

dig、host、nslookup は、idnkit の設定ファイルがあればそれを読み込み ます。 このファイルの設定方法については idnkit の設定 をご覧ください。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.