メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

2011年12月15日

メンテナー担当者各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

JPIRRサービスに関するアンケートへのご協力のお願い

 JPIRRサービスは、 研究や実験を経て2006年8月から正式サービスとしてスタートし、 本年で5年が経過しました。 その間、経路ハイジャック通知実験の開始や、 さまざまな会合等での登録促進活動の実施により、 メンテナーオブジェクト登録数が200を超え、現在も登録数は増えています。

 JPIRRサービスがインターネットの運用においてもっと貢献できるのでは、 とのご意見をいただくこともあり、JPNICとして、 JPIRRユーザーの期待するIRRサービスを提供すべく、システム面、 サービス面での改善を検討しています。

 本アンケートはJPIRRサービスを既に利用中のユーザーを対象に行い、 2012年度以降の具体的な改善策の検討に際して参考にします。

 なお、本アンケートでの回答内容は、 組織や個人を特定されない形式に加工のうえ、公開する場合があります。 また、いただいたご意見について、 JPNICからあらためてヒアリングをお願いする場合がございます。 あらかじめご了承ください。

アンケート回答の期限

2011年12月22日(木)までにご回答ください。

アンケート回答方法

本メールの返信の形式で、 電子メールにてirr-survey@nic.ad.jp宛に送付してください。

回答は、メンテナーオブジェクト毎に一つの回答としてください。 単一のメンテナーオブジェクトから複数の回答をいただいた場合には、 JPNICは、最後にいただいた回答をご意見として参考とします。

お問い合わせ窓口

JPNIC JPIRR担当 : irr-query@nic.ad.jp

======================================================================
■ご回答組織のメンテナーオブジェクト名をご記入ください。

[メンテナーオブジェクト名:                                         ]

■質問1 JPIRRシステムの改善に関する質問

  JPIRRシステムは、現在、毎月2時間程度JPIRRサービスを停止してシステム
  のメンテナンスを行っています。また、JPNICシステム全体の障害発生時に
  は、JPIRRサービスへの影響が想定されます。

  これらの現状を鑑み、JPNICではより安定性の高い登録・参照システムへの
  改善を検討しております。この改善の方針についておたずねします。

  (1)~(3)から一つ選択して□→■に変更してください。
  また、ご意見がございましたらあわせてご記入ください。

  □(1)現状以上に安定性の高い登録・参照システムが必要である
  □(2)現状と同程度の安定性で継続すべきである
  □(3)その他

      [ご意見]


----------------------------------------------------------------------
■質問2 登録情報のカバー率と削除漏れ対策に関する質問

  JPIRRには、JPNIC管理下のIPアドレスの75%が登録されています。JPNIC管
  理下のAS番号は77%が登録されています。

  さらに、JPIRRでは未更新オブジェクトを削除漏れと想定し、一定期間の
  通知を経た後に該当するオブジェクトを削除する、「オブジェクトガーベー
  ジコレクタ」を適用しておりますが、何らかの理由で利用されているオブ
  ジェクトが更新が間に合わずに削除されてしまう、という事例も発生してい
  ます。

  これらの背景から、プロモーション活動の強化や未更新オブジェクト対策
  の改善を検討しております。この方針についておたずねします。

  (1)~(3)から一つ選択して□→■に変更してください。また、ご意見がご
  ざいましたらあわせてご記入ください。

  □(1)登録情報のカバー率向上と削除漏れへのさらなる対策が必要である
  □(2)現状と同程度の対策で継続すべきである
  □(3)その他

      [ご意見]


----------------------------------------------------------------------
■質問3 経路ハイジャック通知実験に関する質問

  JPIRRでは、財団法人日本データ通信協会 Telecom-ISAC推進会議 経路情報
  共有ワーキンググループと協力して、経路ハイジャック通知実験(以下、
  通知実験)を2008年5月から実施しています。

  通知実験は、Telecom-ISAC推進会議 経路情報共有ワーキンググループが運
  営する経路監視システム「経路奉行」とJPIRRが連携し、JPIRRユーザーへ経
  路監視の検出結果を一部通知する実験サービスです。

    *参考URL*
      Telecom-ISAC Japan経路奉行とJPIRR間の連携実験について
      http://www.nic.ad.jp/ja/ip/irr/jpirr_exp.html

  JPIRRユーザーへの通知が行われたことに起因すると思われる登録や更新が
  月に数回程度発生しており、一定の成果を挙げていると考えられますが、通
  知内容の追加等、実験の改善を検討しています。この方針についておたずね
  します。

  (1)~(3)から一つ選択して□→■に変更してください。また、ご意見がござ
  いましたらあわせてご記入ください。

  ◎経路ハイジャック通知実験の改善について

    □(1)経路ハイジャック通知実験の改善は必要である
    □(2)現状の経路ハイジャック通知実験を継続すべきである
    □(3)その他

        [ご意見]

----------------------------------------------------------------------
■設問4 その他ご意見

  JPIRRのサービスについてご意見や要望がございましたら以下の欄へご記入
  をお願いいたします。

    [ご意見・ご要望]


                                                ありがとうございました
======================================================================
            

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ