メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

活動理念

JPNICはインターネットの円滑な運用のために各種の活動を通じてその基盤を支え、豊かで安定したインターネット社会の実現を目指します。

日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は、 インターネットの円滑な運営を支えるための組織です。

インターネットはライフラインのひとつとしてもはや不可欠な存在になっており、 今後もますますその重要性が増すものと思われます。 生活基盤として誰もが意識せずに利用するためには、 インターネットを安定的に、 円滑かつ的確に運用管理していく必要があります。 現在のJPNICは1991年のJNIC、1993年の任意団体JPNICを経て、 1997年に社団法人化し、 一貫してインターネットの基盤を支えるべく活動してまいりました。

JPNICの活動は多岐にわたります。 まず、NIR(National Internet Registry:国別インターネットレジストリ)としてIPアドレスなどのインターネット資源を管理しています。 また、急速な発展を遂げたインターネットの諸事項について国際的な運用やポリシーの検討をする、 いわゆるインターネットガバナンスといった国際調整にも参画しております。 さらにイベント開催や各種媒体からの情報発信を通じて普及啓発につとめる他、 インターネットの基盤に関わる技術やインターネットを円滑に運用するために必要となる新しい技術の調査、研究を実施しています。 また、民間企業だけでは実現の難しい各種調整の場、 実験の場を提供するなど、 インターネット社会を根底から支える役目を担っています。

なお、 JPNICは2013年4月1日に「社団法人」より「一般社団法人(非営利型)」に移行いたしました。 それまでの法人運営の基盤を確実に維持しながら、 かつ今後さらに機動的に事業を展開することができる法人として、 ますますネットワークコミュニティの健全な発展を目指し、学術研究、 教育及び科学技術の振興、 並びに情報通信及び産業の発展に資することにより、 日本の経済社会の発展と国民生活の向上に寄与していけるよう努力してまいります。

※税制上の非営利型法人(非営利性が徹底された法人=構成員へ利益分配しない等)

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ