ネットワーク WG
Request for Comments: 2311
分類: 情報提供
S. Dusse
RSA Data Security
P. Hoffman
Internet Mail Consortium
B. Ramsdell
Worldtalk
L. Lundblade
Qualcomm
L. Repka
Netscape
1998年 3月

English

S/MIME v2 メッセージ仕様
(S/MIME Version 2 Message Specification)

このメモの位置づけ

このメモは、インターネット コミュニティのために情報を提供するものです。これはいかなるインターネット規格も定めるものではありません。このメモの配布に制限はありません。

著作権表記

Copyright (C) The Internet Society (1998). All Rights Reserved.

1. はじめに

1.1 仕様の概要
1.2 用語
1.3 定義
1.4 古い S/MIME 実装との互換性

2. PKCS #7 オプション

2.1 ダイジェスト アルゴリズム識別子(DigestAlgorithmIdentifier)
2.2 ダイジェスト暗号アルゴリズム識別子(DigestEncryptionAlgorithmIdentifier)
2.3 鍵暗号アルゴリズム識別子(KeyEncryptionAlgorithmIdentifier)
2.4 一般構文
2.5 属性 SignerInfo タイプ
2.6 コンテント暗号アルゴリズム識別子(ContentEncryptionAlgorithmIdentifier)

3. S/MIME メッセージの作成

3.1 署名またはエンベロープ MIME エンティティの作成
3.2 application/pkcs7-mime タイプ
3.3 Enveloped-only メッセージの作成
3.4 Signed-only メッセージの作成
3.5 署名と暗号
3.6 Certificates-only メッセージの作成
3.7 登録要求の作成
3.8 S/MIME メッセージの識別

4. 証明の処理

4.1 対鍵の生成

5. セキュリティについての考慮事項

A. オブジェクト識別子と構文

B. 参考文献

C. 古い S/MIME 実装との互換性

D. 新しい MIME サブタイプの要請

E. インターネット伝送のための署名メッセージのカプセル化

F. 謝辞

G. 著者のアドレス

H. 著作権表記全文