ネットワーク WG
Request for Comments: 5246
廃止: 3268, 4346, 4366
更新: 4492
分類: Standards Track

T. Dierks
Independent
E. Rescorla
RTFM, Inc.
2008年 8月

English

TLS プロトコル v1.2
(The Transport Layer Security (TLS) Protocol Version 1.2)

このメモの位置づけ

本書は、インターネットコミュニティに対してインターネットスタンダードトラックのプロトコルを定義するとともに、それを改良するための議論や提言を求めるものである。 このプロトコルの標準化状態およびステータスについては、「Internet Official Protocol Standards」(STD 1) の最新版を参照すること。 このメモの配布に制限はない。

要旨

本書は、TLS(Transport Layer Security)プロトコルのバージョン 1.2 を規定する。TLS プロトコルは、インターネット上の通信セキュリティを提供する。このプロトコルは、クライアント/サーバアプリケーションが盗聴、改ざんはメッセージ偽造を防ぐように設計された方法で通信できるようにする。

目次

1. はじめに
      1.1. 要件の用語法
      1.2. TLS 1.1 との主要な相違点
2. 目標
3. 本書の目的
4. 表現言語
      4.1. Basic Block Size
      4.2. その他
      4.3. ベクトル
      4.4. Numbers
      4.5. Enumerateds
      4.6. Constructed Types
           4.6.1. Variants
      4.7. 暗号技術的属性
      4.8. 制約
5. HMAC およびその擬似乱数関数
6. TLS レコードプロトコル
      6.1. コネクション状態
      6.2. レコード層
           6.2.1. フラグメンテーション
           6.2.2. レコードの圧縮および解凍
           6.2.3. レコードペイロード防護
                  6.2.3.1. Null もしくは標準のストリーム暗号
                  6.2.3.2. CBC ブロック暗号
                  6.2.3.3. AEAD 暗号
      6.3. 鍵計算
7. TLS ハンドシェイク関連プロトコル
      7.1. Change Cipher Spec プロトコル
      7.2. アラートプロトコル
           7.2.1. Closure アラート
           7.2.2. Error アラート
      7.3. ハンドシェイク プロトコル概要
      7.4. ハンドシェイク プロトコル
           7.4.1. Hello メッセージ
                  7.4.1.1. Hello 要求
                  7.4.1.2. クライアント Hello
                  7.4.1.3. サーバ Hello
                  7.4.1.4. Hello 拡張
                           7.4.1.4.1. 署名アルゴリズム
           7.4.2. サーバ証明書
           7.4.3. サーバ鍵交換メッセージ
           7.4.4. 証明書要求
           7.4.5. サーバ Hello Done
           7.4.6. クライアント証明書
           7.4.7. クライアント鍵交換メッセージ
                  7.4.7.1. RSA 暗号化された Premaster Secret メッセージ
                  7.4.7.2. クライアント Diffie-Hellman 公開値
           7.4.8. Certificate Verify
           7.4.9. Finished
8. 暗号技術的計算
      8.1. Master Secret を計算する
           8.1.1. RSA
           8.1.2. Diffie-Hellman
9. 必須 Cipher Suite
10. アプリケーションデータプロトコル
11. セキュリティについての考慮事項
12. IANA についての考慮事項

Appendix A. プロトコルデータ構造および定数値
      A.1. レコード層
      A.2. Change Cipher Specs メッセージ
      A.3. アラートメッセージ
      A.4. ハンドシェイクプロトコル
           A.4.1. Hello メッセージ
           A.4.2. サーバ認証および鍵交換メッセージ
           A.4.3. クライアント認証および鍵交換メッセージ
           A.4.4. ハンドシェイク Finalization メッセージ
      A.5. Cipher Suite
      A.6. セキュリティパラメータ
      A.7. RFC 4492 への変更点
Appendix B. Glossary
Appendix C. Cipher Suite 定義
Appendix D. 実装上の注意
      D.1. 乱数生成 および Seeding
      D.2. 証明書と認証
      D.3. Cipher Suites
      D.4. 実装上の落とし穴
Appendix E. 下位互換性
      E.1. TLS 1.0/1.1 および SSL 3.0 との下位互換性
      E.2. SSL 2.0 との下位互換性
      E.3. Man-in-the-Middle バージョン Rollback を防ぐ
Appendix F. セキュリティ分析
      F.1. ハンドシェイク プロトコル
           F.1.1. 認証および鍵交換
                  F.1.1.1. 匿名 鍵交換
                  F.1.1.2. RSA 鍵交換および認証
                  F.1.1.3. 認証を伴う Diffie-Hellman 鍵交換
           F.1.2. バージョン Rollback 攻撃
           F.1.3. ハンドシェイクプロトコルに対する攻撃を検知する
           F.1.4. セッションを中断する
      F.2. アプリケーションデータを防護する
      F.3. 明示的 IV
      F.4. Composite Cipher モードのセキュリティ
      F.5. サービス妨害
      F.6. 最後の注意
規範的参考文献
参考資料
WG 情報
貢献者

WG 情報

IETF TLS working group についてのメーリングリストは、電子メールアドレス <tls@ietf.org>に在る。このグループについての情報と、このメーリングリストへの登録のしかたについての情報は、<https://www1.ietf.org/mailman/listinfo/tls>に在る。

このメーリングリストのアーカイブは、下記に在る。:
 <http://www.ietf.org/mail-archive/web/tls/current/index.html>

貢献者

   Christopher Allen (co-editor of TLS 1.0)
   Alacrity Ventures
   ChristopherA@AlacrityManagement.com

   Martin Abadi
   University of California, Santa Cruz
   abadi@cs.ucsc.edu

   Steven M. Bellovin
   Columbia University
   smb@cs.columbia.edu

   Simon Blake-Wilson
   BCI
   sblakewilson@bcisse.com

   Ran Canetti
   IBM
   canetti@watson.ibm.com

   Pete Chown
   Skygate Technology Ltd
   pc@skygate.co.uk

   Taher Elgamal
   taher@securify.com
   Securify

   Pasi Eronen
   pasi.eronen@nokia.com
   Nokia

   Anil Gangolli
   anil@busybuddha.org

   Kipp Hickman

   Alfred Hoenes

   David Hopwood
   Independent Consultant
   david.hopwood@blueyonder.co.uk

   Phil Karlton (co-author of SSLv3)

   Paul Kocher (co-author of SSLv3)
   Cryptography Research
   paul@cryptography.com

   Hugo Krawczyk
   IBM
   hugo@ee.technion.ac.il

   Jan Mikkelsen
   Transactionware
   janm@transactionware.com

   Magnus Nystrom
   RSA Security
   magnus@rsasecurity.com

   Robert Relyea
   Netscape Communications
   relyea@netscape.com

   Jim Roskind
   Netscape Communications
   jar@netscape.com

   Michael Sabin

   Dan Simon
   Microsoft, Inc.
   dansimon@microsoft.com

   Tom Weinstein

   Tim Wright
   Vodafone
   timothy.wright@vodafone.com

著者のアドレス

Tim Dierks
Independent
EMail: tim@dierks.org

Eric Rescorla
RTFM, Inc.
EMail: ekr@rtfm.com

翻訳者のアドレス

独立行政法人 情報処理推進機構
宮川 寧夫
miyakawa@ipa.go.jp

著作権表記全文

Copyright (C) The IETF Trust (2008).

This document is subject to the rights, licenses and restrictions contained in BCP 78, and except as set forth therein, the authors retain all their rights.

This document and the information contained herein are provided on an "AS IS" basis and THE CONTRIBUTOR, THE ORGANIZATION HE/SHE REPRESENTS OR IS SPONSORED BY (IF ANY), THE INTERNET SOCIETY, THE IETF TRUST AND THE INTERNET ENGINEERING TASK FORCE DISCLAIM ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

知的財産権

The IETF takes no position regarding the validity or scope of any Intellectual Property Rights or other rights that might be claimed to pertain to the implementation or use of the technology described in this document or the extent to which any license under such rights might or might not be available; nor does it represent that it has made any independent effort to identify any such rights.  Information on the procedures with respect to rights in RFC documents can be found in BCP 78 and BCP 79.

Copies of IPR disclosures made to the IETF Secretariat and any assurances of licenses to be made available, or the result of an attempt made to obtain a general license or permission for the use of such proprietary rights by implementers or users of this specification can be obtained from the IETF on-line IPR repository at http://www.ietf.org/ipr.

The IETF invites any interested party to bring to its attention any copyrights, patents or patent applications, or other proprietary rights that may cover technology that may be required to implement this standard.  Please address the information to the IETF at ietf-ipr@ietf.org.