S3 必修・IPv6セキュリティ~未対応で大丈夫ですか?~

このエントリーをはてなブックマークに追加

本セッションはCPEクレジットの対象です。
日時 2017年11月28日(火) 13:15 ~ 15:45
場所 3F Room0
参加料金
<事前5,500円/当日8,000円>
内容

IPv4アドレスの不足が顕著となり、IPv6への移行が進んでいます。 国内では、コンシューマネットワークを中心に、 IPv4/IPv6デュアルスタック環境の普及が進んでいます。 このようなIPv6の普及に伴い、各ネットワークにおいては、 IPv4と同レベルのセキュリティ対策を実施することが急務となっています。 また、IPv6を利用していないネットワークにおいても、昨今のPC、 スマートフォン等のインターネットにつながる機器はほぼすべてIPv6に対応しており、 気づかないうちにIPv6にて通信を実施している可能性もあるなど、 IPv6に対する考慮が必要です。

本セッションでは、IPv6の性質に起因するセキュリティや、 IPv6/IPv4デュアルスタックネットワークにおけるセキュリティ対策について詳述します。

時間 内容
13:15 ~ 13:30

IPv6の普及状況とセキュリティ対策の必要性

写真:藤崎氏

講演者
藤崎 智宏(日本電信電話株式会社)

IPv6の世界的な普及状況を概説し、 IPv4と同等なセキュリティ対策が必要な理由について説明します。

13:30 ~ 15:00

IPv6セキュリティ概説-プロトコル編-

写真:北口氏

講演者
北口 善明(東京工業大学)

IPv6の性質に起因するセキュリティや、 IPv6/IPv4デュアルスタックネットワークにおけるセキュリティ対策について詳述します。

15:00 ~ 15:45

IPv6セキュリティ概説-運用編-

写真:藤崎氏

講演者
藤崎 智宏(日本電信電話株式会社)

運用面におけるセキュリティ対策について解説します。

対象者 インターネットサービス利用者・提供者、個人・法人を問わず、 聞いておいて損をしない方々
※時間割、内容、講演者等につきましては、 予告なく変更になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。

協賛

ロゴ:JPRS
ロゴ:nominum
ロゴ:ジェイズ・コミュニケーション
ロゴ:NTTコミュニケーションズ
ロゴ:APNIC
ロゴ:SRA
ロゴ:KDDI
ロゴ:日本インターネットエクスチェンジ株式会社
ロゴ:HUAWEI
ロゴ:ISOC

メディアスポンサー

ロゴ:atmarkit
ロゴ:INERTNET Watch
ロゴ:IT Leaders
ロゴ:オライリー
ロゴ:ScanNetSecurity
ロゴ:ThinkIT

ネットワークスポンサー

ロゴ:CISCO