S11 知らないと困る?! 認証局とHTTPSの最新技術動向

このエントリーをはてなブックマークに追加

本セッションはCPEクレジットの対象です。
日時 2017年11月29日(水) 16:15 ~ 18:45
場所 3F Room0
参加料金
<事前5,500円/当日8,000円>
内容

Let's Encryptの広がりとともに、Webブラウザの挙動の変更など、 今や当たり前のように使われているHTTPSにおいて、 大手CAのサーバ証明書でEVの表示にならならない恐れが出てくるようなグローバルな動きがあります。 本セッションでは、CAやトラスト、TLSなどのプロトコルについて、 運用の観点を交えて取り上げ、 Webサーバのセキュアな運用をめざすエンジニアが知っておくべき動向と最新の話題をお届けします。 背景から最新動向まで、難しい話題を丁寧に解説するセッションです。

時間 内容
16:15 ~ 16:55

認証局とHTTPS

写真:木村氏

講演者
木村 泰司(一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター)

本セッションで取り上げるCAやトラスト、 TLSなどのプロトコルについての論点と全体像について紹介します。 後半のパネルディスカッションに向けた本セッションのイントロダクションです。

16:55 ~ 17:30

TLSといったプロトコルの動き/運用の観点で(仮題)

写真:大津氏

講演者
大津 繁樹(ヤフー株式会社)

主に以下の内容を取り上げます。

  • 時事ネタ
    • Google/SymantecとTLSにおける認証
    • TLSはどのバージョンが使えるの?
    • TLS1.0のdeprecation/古い端末の対応
  • 端末における移行問題
  • QUIC、耐量子暗号
17:30 ~ 18:05

CAとトラスト(仮題)

写真:島岡氏

講演者
島岡 政基(セコム株式会社 IS研究所 主任研究員)

主に以下の内容を取り上げます。

  • CAとトラストに関わる歴史
  • 登場人物 CT以前と以後
  • CAAについて
  • 今後
18:05 ~ 18:45

パネルディスカッション ~Webサーバ運用の観点で~(仮題)

写真:木村氏 写真:島岡氏 写真:大津氏
モデレータ
木村 泰司
パネリスト
島岡 政基
大津 繁樹

HTTPSのサーバを運用するにあたって、TLS、認証、 トラストなどの最新動向をどう捉えたらいいのか。 講演者とディスカッションします。

対象者 サーバ管理者、SSL/TLSに関心をお持ちの技術者
※時間割、内容、講演者等につきましては、 予告なく変更になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。

協賛

ロゴ:JPRS
ロゴ:nominum
ロゴ:ジェイズ・コミュニケーション
ロゴ:NTTコミュニケーションズ
ロゴ:APNIC
ロゴ:SRA
ロゴ:KDDI
ロゴ:日本インターネットエクスチェンジ株式会社
ロゴ:HUAWEI
ロゴ:ISOC

メディアスポンサー

ロゴ:atmarkit
ロゴ:INERTNET Watch
ロゴ:IT Leaders
ロゴ:オライリー
ロゴ:ScanNetSecurity
ロゴ:ThinkIT

ネットワークスポンサー

ロゴ:CISCO