S12 キャッチアップ! 2020に向けたメール運用

このエントリーをはてなブックマークに追加

本セッションはCPEクレジットの対象です。
日時 2017年11月30日(木) 09:30 ~ 12:00
場所 2Fホール
参加料金
<事前5,500円/当日8,000円>
内容

メールは古くから使われているサービスですが、 十分なリソースを投入できる大手事業者しかトレンドのキャッチアップができていない状況があります。 また、メールを利用した悪用行為も多様化しています。 本セッションではメール運用に関する基本知識やノウハウを総ざらいし、 2017年らしいメール運用の方法論を共有します。

時間 内容
09:30 ~ 10:50

メールシステム概説と悪用行為(仮題)

講演者
安藤 一憲(株式会社ブロードバンドセキュリティ)

メールシステムの全体像を、 この10年における設計の変遷から解説します。 また、古くからばら撒き型ウイルスメールやspamメールがありますが、 ここ10年で悪用行為のバリエーションが増え、巧妙化しています。 今、押さえておくべきメールシステムの悪用とその対策を総括します。

10:50 ~ 11:00 休憩
11:00 ~ 11:30

メール送信ハマりどころ

講演者
安藤 一憲(株式会社ブロードバンドセキュリティ)

メールを送信する時に、注意をしなくてはいけないポイントは多くあり、 ポイントを抑えないと受け手に正しくメールを届けることはできません。 そういった「勘所」を解説します。

11:30 ~ 12:00

今更始める送信ドメイン認証

講演者
鈴木 高彦(株式会社インターネットイニシアティブ)

メール送信する際にしっかり対応しなければ、 メールが届かない送信ドメイン認証。 メール受信時の詐称メール対策として有効な送信ドメイン認証。 しかし、色々な規格があり、何がどうなって、 どう対応すればよいのかきちんと把握できていない人は多いのではないでしょうか。 そんな送信ドメイン認証をSPFからARC-Sealまで、丸ごと解説します。

対象者
  • メールシステムの設計・運用に従事する方(初心者を含む)
  • メールシステムの最新動向に興味のある方
  • メールセキュリティに関心のある方
※時間割、内容、講演者等につきましては、 予告なく変更になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。

協賛

ロゴ:JPRS
ロゴ:nominum
ロゴ:ジェイズ・コミュニケーション
ロゴ:NTTコミュニケーションズ
ロゴ:APNIC
ロゴ:SRA
ロゴ:KDDI
ロゴ:日本インターネットエクスチェンジ株式会社
ロゴ:HUAWEI
ロゴ:ISOC

メディアスポンサー

ロゴ:atmarkit
ロゴ:INERTNET Watch
ロゴ:IT Leaders
ロゴ:オライリー
ロゴ:ScanNetSecurity
ロゴ:ThinkIT

ネットワークスポンサー

ロゴ:CISCO