メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

参考文献

国際化ドメイン名の方式の提案、関連 RFC、ソフトウェア等、idnkit に関連する 参考文献のリストです。

JPNIC の 国際化ドメイン名関連資料 も合わせてご覧ください。


JPNIC

ドメイン名の国際化
idnkit など、JPNIC の国際化ドメイン名に関する活動を 紹介したページ。

RFC

DOMAIN NAMES - CONCEPTS AND FACILITIES (RFC1034)
DNS の概要を示した RFC。
DOMAIN NAMES - IMPLEMENTATION AND SPECIFICATION (RFC1035)
DNS プロトコルを規定した RFC。
The Report of the IAB Character Set Workshop held 29 February - 1 March, 1996 (RFC2130)
インターネット上でのキャラクタセットの仕様に関するワークショップの レポート。
UTF-8, a transformation format of Unicode and ISO 10646 (RFC2279)
Unicode/ISO10646 のエンコード方法の一つである UTF-8 について解説した RFC。
IETF Policy on Character Sets and Languages (RFC2277)
インターネット上でのキャラクタセットおよび言語の指定に関する IETF の方針を示した RFC。
Extension Mechanisms for DNS (EDNS0) (RFC2671)
DNS プロトコルの拡張方式である EDNS0 を定義した RFC。
A Tangled Web: issues of I18N, domain names, and the other Internet protocols (RFC2825)
ドメイン名やプロトコルの国際化に関する問題等を示した文書。

インターネットドラフト

draft-ietf-idn-punycode-02.txt
国際化ドメイン名のエンコーディング方式 Punycode の提案。
draft-ietf-idn-idna-11.txt
国際化ドメイン名の処理方式の提案。エンコーディング変換や NAMEPREP 等の処理をすべてアプリケーションで行う方式を提案している。 IDNA と呼ばれる。
draft-hoffman-stringprep-05.txt
国際化された文字列の前処理 (正規化等) の提案。 STRINGPREP と呼ばれる。
draft-ietf-idn-nameprep-11.txt
STRINGPREP のレパートリーの一つとして書かれた、国際化ドメイン名の 前処理 (正規化等) の提案。 NAMEPREP と呼ばれる。

その他文書

Unicode Normalization Forms
Unicode 文字列の正規化方式である Unicode Normalization Forms を 定義した文書。Form C、Form D、Form KC、Form KD について書かれている。
Case Mappings
Unicode 文字列の大文字小文字の変換方法や大文字小文字の区別をしない 比較の方法について述べた文書。
UnicodeData.txt
Unicode の文字属性を記述したデータファイル。上記 Unicode Normalization Forms などで使われる。
UnicodeData File Format
上記 UnicodeData.txt のファイルフォーマットを記述した文書。

ソフトウェア

ISC BIND
DNS の実装である BIND 4.x, 8.x のページ
ISC BIND 9
DNS の実装である BIND 9.x のページ
Squid Web Proxy Cache
Web のキャッシュサーバである Squid のページ

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.