メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

WHOISとは English Page

WHOISは、 インターネットレジストリが管理するインターネット資源の登録情報を提供するサービスです。 端的には、IPアドレスやドメイン名の利用者を検索する時に使います。 直接的な利用者のデータが表示されない場合もありますが、 問い合わせの手がかりにはなります。

JPNICでは、 自身の持つIPアドレスとAS番号に関するデータを公開しています。 日本のドメイン名に関してはJPRS WHOISを、 それ以外については各地域インターネットレジストリのWHOISをご利用ください。

参考情報
注意事項
2005年3月22日よりJPNICとJPRSはWHOISサービスを分離し、 ドメイン名関連の情報は JPRS WHOIS のみでご提供することになりました。 JPNICのWHOISではドメイン名関連の情報は検索できません。

WHOISの利用について

ネットワーク管理を目的とした利用のために情報を提供しています。 WHOIS検索で得られた情報はネットワーク管理以外の目的に使用しないでください。 詳しくは

をご覧ください。

調べられる情報

[ネットワーク情報] IPアドレスに関する情報
IPアドレスの割り当て先組織、割り振り先組織の情報です。
[AS情報] AS番号に関する情報
AS番号の割り当て先組織の情報です。
[担当者情報・担当グループ情報]担当者に関する情報
IPアドレスやAS番号の割り当て等に関する担当者の情報です。担当者(個人)を登録する担当者情報と、部署等を登録する担当グループ情報の2種類があります。
検索情報 検索キーワード 検索キーワード入力例 検索タイプ
ネットワーク情報 IPアドレス 192.168.0.0
2001:db8::
NET
192.168.0.0/24
2001:db8::/32
192.168.0.0-192.168.0.5
組織名 株式会社○○ NET-HOLDER
ABC corporation
AS情報 AS番号 2515 AS
組織名 株式会社○○ AS-HOLDER
ABC corporation
担当グループ情報 ハンドル JP98765432 GROUP
担当者情報 ハンドル ZZ0001JP PERSON

検索方法

 JPNICのWHOISには2種類の検索方法があります。

検索方法1:WHOIS Gateway(Webからの検索)

 WHOIS Gatewayの画面から検索キーワード、または検索タイプと検索キーワードを指定して検索を行います。

  • 検索キーワードは入力窓に入力し、検索タイプは該当するものを一つ選択してください。
  • IPアドレスをキーにしたネットワーク情報の検索、担当グループ情報、担当者情報の検索は、検索タイプを指定せず検索キーワードのみでも行えます。その他の検索は検索キーワードと検索タイプの両方を指定して行ってください。
  • 検索タイプを指定することで、より早く、必要な情報に絞って検索することができます。

検索方法2:WHOISクライアント(UNIXなどのコマンドラインからの検索)

 whoisコマンドを使用し、検索先ホストとして whois.nic.ad.jp を指定します。 その後に検索キーワード、 または検索タイプと検索キーワードを指定して検索を行います。

例:検索キーワードのみを指定した検索(ネットワーク情報を検索)

              % whois -h whois.nic.ad.jp 202.12.30.0
              ^^^^^ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^ ^^^^^^^^^^^
              /            |                \
              コマンド名   検索先ホストとして      検索キーワードを指定
              whois.nic.ad.jpを指定
            

例:検索タイプと検索キーワードを指定した検索(AS情報を検索)

  • 検索キーワードの前に検索タイプを指定し、検索タイプと検索キーワードをダブルクォート " " で括ってください。
  • 情報ごとの検索タイプは前出の表をご覧ください。
              % whois -h whois.nic.ad.jp "AS 2515"
              ^^^^^ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^ ^^^^^^^^^^^
              /            |                \
              コマンド名   検索先ホストとして       検索タイプと
              whois.nic.ad.jpを指定   検索キーワードを指定
            

参照関係の検索

 ある情報が他の情報から参照されているかを調べ、 参照元の情報を表示する機能があります。

検索方法1:WHOIS Gatewayでの参照関係の検索

 場合入力窓に検索キーワードを入力し、 「検索オプション」で「参照元情報を含めて表示」を指定して検索してください。

検索方法2:WHOISクライアントでの参照関係の検索

 キーワードの直前に ^(ハット)を付けて検索してください。

例:担当者情報 XX1234JP がどの情報から参照されているか調べる場合

              % whois -h whois.nic.ad.jp ^XX1234JP
            

検索結果が表示されなかった場合

 JPNIC WHOISデータベースから検索結果が表示されなかった場合下記の地域インターネットレジストリのWHOISにて検索してください。

 割り当てられたIPアドレスがどこの管理下であるかわからない場合は、 接続先のプロバイダーにご相談いただくか、 もしくはJPNICにお問い合わせください。

WHOIS登録情報の表示例

 WHOIS登録情報の表示例は以下でご確認いただけます。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.