メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

WHOISとは English Page

WHOISは、 インターネットレジストリが管理するインターネット資源の登録情報を提供するサービスです。 端的には、IPアドレスやドメイン名の利用者を検索する時に使います。 直接的な利用者のデータが表示されない場合もありますが、 問い合わせの手がかりにはなります。

JPNICでは、 自身の持つIPアドレスとAS番号に関するデータを公開しています。 日本のドメイン名に関してはJPRS WHOISを、 それ以外については各地域インターネットレジストリのWHOISをご利用ください。

参考情報
注意事項
2005年3月22日よりJPNICとJPRSはWHOISサービスを分離し、 ドメイン名関連の情報は JPRS WHOIS のみでご提供することになりました。 JPNICのWHOISではドメイン名関連の情報は検索できません。

WHOISの利用について

ネットワーク管理を目的とした利用のために情報を提供しています。 WHOIS検索で得られた情報はネットワーク管理以外の目的に使用しないでください。 詳しくは

をご覧ください。

調べられる情報

[ネットワーク情報] IPアドレスに関する情報
IPアドレスの割り当て先組織、割り振り先組織の情報です。
[AS情報] AS番号に関する情報
AS番号の割り当て先組織の情報です。
[担当者情報・担当グループ情報]担当者に関する情報
IPアドレスやAS番号の割り当て等に関する担当者の情報です。担当者(個人)を登録する担当者情報と、部署等を登録する担当グループ情報の2種類があります。
検索情報 検索キーワード 検索キーワード入力例 検索タイプ
ネットワーク情報 IPアドレス 192.168.0.0
2001:db8::
NET
192.168.0.0/24
2001:db8::/32
192.168.0.0-192.168.0.5
組織名 株式会社○○ NET-HOLDER
ABC corporation
AS情報 AS番号 2515 AS
組織名 株式会社○○ AS-HOLDER
ABC corporation
担当グループ情報 ハンドル JP98765432 GROUP
担当者情報 ハンドル ZZ0001JP PERSON

検索方法

 JPNICのWHOISには2種類の検索方法があります。

検索方法1:WHOIS Gateway(Webからの検索)

 WHOIS Gatewayの画面から検索キーワード、または検索タイプと検索キーワードを指定して検索を行います。

  • 検索キーワードは入力窓に入力し、検索タイプは該当するものを一つ選択してください。
  • IPアドレスをキーにしたネットワーク情報の検索、担当グループ情報、担当者情報の検索は、検索タイプを指定せず検索キーワードのみでも行えます。その他の検索は検索キーワードと検索タイプの両方を指定して行ってください。
  • 検索タイプを指定することで、より早く、必要な情報に絞って検索することができます。

検索方法2:WHOISクライアント(UNIXなどのコマンドラインからの検索)

 whoisコマンドを使用し、検索先ホストとして whois.nic.ad.jp を指定します。 その後に検索キーワード、 または検索タイプと検索キーワードを指定して検索を行います。

例:検索キーワードのみを指定した検索(ネットワーク情報を検索)

              % whois -h whois.nic.ad.jp 202.12.30.0
              ^^^^^ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^ ^^^^^^^^^^^
              /            |                \
              コマンド名   検索先ホストとして      検索キーワードを指定
              whois.nic.ad.jpを指定
            

例:検索タイプと検索キーワードを指定した検索(AS情報を検索)

  • 検索キーワードの前に検索タイプを指定し、検索タイプと検索キーワードをダブルクォート " " で括ってください。
  • 情報ごとの検索タイプは前出の表をご覧ください。
              % whois -h whois.nic.ad.jp "AS 2515"
              ^^^^^ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^ ^^^^^^^^^^^
              /            |                \
              コマンド名   検索先ホストとして       検索タイプと
              whois.nic.ad.jpを指定   検索キーワードを指定
            

参照関係の検索

 ある情報が他の情報から参照されているかを調べ、 参照元の情報を表示する機能があります。

検索方法1:WHOIS Gatewayでの参照関係の検索

 場合入力窓に検索キーワードを入力し、 「検索オプション」で「参照元情報を含めて表示」を指定して検索してください。

検索方法2:WHOISクライアントでの参照関係の検索

 キーワードの直前に ^(ハット)を付けて検索してください。

例:担当者情報 XX1234JP がどの情報から参照されているか調べる場合

              % whois -h whois.nic.ad.jp ^XX1234JP
            

検索結果が表示されなかった場合

 JPNIC WHOISデータベースから検索結果が表示されなかった場合下記の地域インターネットレジストリのWHOISにて検索してください。

 割り当てられたIPアドレスがどこの管理下であるかわからない場合は、 接続先のプロバイダーにご相談いただくか、 もしくはJPNICにお問い合わせください。

WHOIS登録情報の表示例

 WHOIS登録情報の表示例は以下でご確認いただけます。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。