メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

IPアドレスポリシーの策定

IPアドレスポリシーとは

IPアドレスポリシーとは、JPNICをはじめとする、 日本国内で機能しているすべてのインターネットレジストリが実施する、 IPアドレスの分配、管理にかかわる方針です。

日本におけるIPアドレスポリシーの策定

JPNICにおけるIPアドレスポリシーは、 アジア太平洋地域のコミュニティとも連携をとりながら、 日本国内のインターネットコミュニティのコンセンサスに沿って策定されます。

JPNICにおいて適用されるIPアドレスおよびAS番号の管理に関するポリシーが策定されるプロセスは「JPNICにおけるIPアドレスポリシー策定プロセス」に定義されています。

現在のアドレスポリシーの変更が必要と考え、 このプロセスに基づき提案を行った場合、その提案に対し、 IPアドレスを利用しているコミュニティからの賛同が得られれば、 その後所定のプロセスを経てIPアドレスポリシーに反映されることになります。

オープンポリシーフォーラム

オープンポリシーフォーラムは、 日本におけるIPアドレスおよびAS番号の管理に関するポリシーを検討し、 日本のIPアドレスコミュニティで調整し、 コンセンサスを形成するための場です。 オープンポリシーフォーラムには特に参加資格を設けておらず、 誰でも参加することができます。

しかしながらオープンポリシーフォーラムは、 ポリシー策定に関する最終的な決定機関ではありません。 ポリシー策定に関する最終決定は、 オープンポリシーフォーラムのコンセンサスに基づいてJPNICによって行われます。

オープンポリシーフォーラムの運営や、コンセンサスの内容の整理、 コンセンサス事項の妥当性の評価等は、 JPNIC職員以外のメンバーによって構成される、 ポリシーワーキンググループによって行われています。

オープンポリシーフォーラムWebサイト

過去のIPアドレスポリシー策定に関するミーティング

オープンポリシーフォーラムのオンサイトフォーラムとして、 年に2回「JPNICオープンポリシーミーティング」が行われ、 JPNICにおけるIPアドレスポリシーについての議論が行われています。

過去に開催されたJPNICオープンポリシーミーティングについては、 オープンポリシーフォーラムのWebサイト内の過去に開催されたオンサイトフォーラムをご覧ください。

1997年より2001年までは「IP-USERSオフラインミーティング」の名称で議論の場が設けられておりました。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ