メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

runmdn

概要

runmdn は BIND-4 あるいは BIND-8 をベースとした リゾルバライブラリを持つクライアントを、 再コンパイルなしに多言語ドメイン名を扱えるようにするためのコマンドです。

起動

% runmdn コマンド [引数...]
              

例えば telnet コマンドで多言語ドメイン名を扱うためには次のようにします。

% runmdn telnet ログイン.どこかの会社.jp
              

実装

runmdn は共有ライブラリのプリロード機構を用いて、 標準のリゾルバライブラリに含まれる関数の一部を、 多言語ドメイン名の処理機能を持つ別のバージョンに動的に置換えることで、 クライアントでの多言語ドメイン名の処理を実現します。

多くのシステムでは共有ライブラリのプリロードは環境変数 LD_PRELOAD を用いて実現されています。 この環境変数にプリロードしたい共有ライブラリファイルのパス名を指定すると、 クライアントの実行時に、 アプリケーションに標準の共有ライブラリがリンクされる前に指定したライブラリがリンクされます。 これによって標準のライブラリ関数を置換えることができます。

したがって、runmdn の実体は、この環境変数を設定し、 引数で指定されたコマンドを起動するだけのシェルスクリプトであり、 実際に多言語ドメイン名の処理を行うのはアプリケーションにリンクされる共有ライブラリ libmdnresolv です。

libmdnresolv をリンクすることにより、 BIND4 あるいは BIND8 ベースのリゾルバライブラリで用いられている次の関数が置き換わります。

dn_comp
dn_expand
res_hnok
res_ownok
res_mailok
res_dnok
              

それぞれの変更点を簡単に記述します。

dn_comp
指定されたドメイン名を DNS プロトコルで用いられるドメインデータに変換する前に、 ローカルコードセットから DNS プロトコル上で用いられるエンコーディングへの変換および正規化、(必要ならば) ZLDの付加を行います。
dn_expand
DNS プロトコルで用いられるドメインデータをドメイン名文字列に変換した後、 (必要なら) ZLD を削除し、 ローカルコードセットへの変換を行います。 また通常この関数はドメイン名に含まれる ASCII 以外の文字をバックスラッシュエスケープする処理をしますが、これを抑制します。
res_hnok
どんな文字でも正当な文字であると判断するようにします。
res_ownok
どんな文字でも正当な文字であると判断するようにします。
res_mailok
どんな文字でも正当な文字であると判断するようにします。
res_dnok
どんな文字でも正当な文字であると判断するようにします。

エンコーディング変換や正規化、ZLD の処理等はすべて MDN ライブラリ (libmdn) の res モジュールを使用しています。

現在の実装では libmdnresolv は MDN ライブラリ (libmdn) を呼び出すのではなく、 libmdn 自体を内部に抱え込むような形態になっていますが、 これは単なる実装上の都合からそうなっているだけで、 論理的には MDN ライブラリの機能を呼び出しているといってよいでしょう。

また使用するエンコーディングや正規化の設定は クライアント設定ファイルの設定を利用します。

制限

runmdn にはいくつかの制限があり、 どんなシステムでも使えるわけではありません。

  • runmdn は共有ライブラリの動的リンク機構を用いているので、共有ライブラリが使用できるシステムでなければなりません。
  • また環境変数 LD_PRELOAD または類似の機構によるライブラリのプリロード機能を持つシステムでなければなりません。
  • runmdn の対象となるコマンドはリゾルバライブラリをスタティックリンクしていてはなりません。
  • システムのライブラリが iconv() 関数を提供していない場合、外部のライブラリを用いることになりますが、そのライブラリも共有ライブラリでなければなりません。
  • システムのリゾルバライブラリは BIND4 あるいは BIND8 ベースのものでなければなりません。
  • セキュリティ上の理由から一般に setuid されたコマンドはプリロード機能が使えないようになっているので、setuid されたコマンドであってはなりません。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.