メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

このドキュメントは有効期限を過ぎており無効です。 現在有効なドキュメントについては、以下をご参照ください。
http://www.nic.ad.jp/ja/doc/validity.html


文書管理情報
文書番号 JPNIC-00942 無効となった文書 JPNIC-00892
発効日 2004/8/18 最終更新日 2004/6/18
文書名 IPアドレス割り振り/返却申請フォーム
                IPアドレス割り振り/返却申請フォーム

                    社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター


*本文書について*

本文書は、JPNICからIPアドレス割り当て管理業務(以下「IP割り当て管理業務」)
の委託を受けた事業者であるIPアドレス管理指定事業者(以下「IP指定事業者」)
が、IPアドレス割り振り申請およびIPアドレス割り振りブロック返却申請に使
用するフォームについて解説したものです。

IPアドレス割り振り/返却申請フォームの記入にあたっては、本文書をよく読
み、誤りのないようにしてください。

注意:本文書記載のフォームでは、従来使用していたJPNIC会員等の項目名を
      使用していますが、当面の間、本文書記載のフォームをそのまま利用し
      てください。


*目次*

  1. 申請の流れについて
  2. 申請窓口
  3. IPアドレス割り振り申請フォーム
    3.1 各項目の説明
    3.2 記入例
  4. IPアドレス割り振りブロック返却申請フォーム
    4.1 各項目の説明
    4.2 記入例
  資料1 REMARKにおける記入例


1. 申請の流れについて

IPアドレス割り振り申請にともなう申請の流れなどについては、以下の文書を
参照してください。

  『IPアドレス割り振り/返却申請手続きについて』


2. 申請窓口

IPアドレス割り振り申請は、「IPアドレス割り振り申請フォーム」の提出によっ
て行われます。また、IPアドレス割り振りブロック返却申請は、「IPアドレス
割り振りブロック返却申請フォーム」の提出によって行われます。申請書は、
電子メールにて送ってください。FAXおよび郵送での申請は受け付けていません。

    電子メール   request@ip.nic.ad.jp


3. IPアドレス割り振り申請フォーム

                  IPアドレス割り振り申請フォーム
------------------------------------------------------------------------
# ALLOC TEMPLATE V 3.0 #
a. [会員略称]
b. [接続性]
c. [接続先]
q. [希望アドレスサイズ]
B. [network-plan]
B. [network-plan]
D. [old-network]
D. [old-network]
[備考]

------------------------------------------------------------------------

  3.1 各項目の説明

    a. [会員略称]                  *必須*

      [JPNIC会員情報](指定事業者情報)のa. [会員略称](IP指定事業者略称)
      と同じ文字列を記入してください。

    b. [接続性]                     *必須*

      どのようにインターネット接続をするか以下に示す1から4の番号で記入
      してください。

        1. 主要な相互接続点
           4つ以上のプロバイダが、OSI7階層参照モデルの第2層でトラフィッ
           クの交換を行っている接続点への接続。[備考]の欄に、接続点の
           名称と接続点の担当者への連絡先を記入してください。

        2. サービス・プロバイダ
           インターネット接続サービスを行っているIP指定事業者への接続。

        3. その他
           1または2に該当しない場合で、インターネット接続をする場合。
           [備考]の欄に、割り振りが必要な理由の詳細を記入してください。

        4. 接続しない
           ネットワークが、現在も将来も、インターネットに接続する予定
           がなく、世界的にユニークなIPアドレスが必要な場合。このよう
           なネットワークには、RFC1918で予約されたアドレスを利用するこ
           とを考慮しなければなりません。プライベートアドレスの利用が
           不可能であると判断された場合には、ユニークなIPアドレスの割
           り振りを行います。

    c. [接続先]

      [接続性]が1または2の場合、接続する(している)事業者を50文字まで記
      入してください。使用できる文字は、半角英数字とハイフンとアンダー
      バー(アンダースコア)です。

      接続先がIP指定事業者の場合は、a. [会員略称](指定事業者略称)と同
      じ文字列を記入してください。a. [会員略称](指定事業者略称)は、以
      下の文書を参照してください。

        『IPアドレス管理指定事業者リスト』

      この情報は、爆発的に増加を続ける経路情報の集成を促進するために、
      集成可能なアドレスの割り当てを行うことを目的として利用されます。
      申請の際には、接続先と十分調整を行ってください。

      この項目は複数の記述が可能です。

    q. [希望アドレスサイズ]         *必須*

      需要予測に基づいた最高1年後までの需要を満たす範囲で、今回割り振
      りを希望するアドレスサイズをプリフィクス表記で記述してください。
      この項目には、最小割り振りサイズ以上のアドレスサイズを記述してく
      ださい。

      このアドレス数には、IP指定事業者自身のネットワークおよびエンドユー
      ザネットワークへの割り当てが含まれます。
      ただし、記述されたアドレスサイズの割り振りをJPNICが保証するもの
      ではありません。

    B. [network-plan]               *必須*

      IP指定事業者自身が構築するインフラネットワークで、今後1年間で新
      規に構築するネットワークの詳細情報をサブネット毎に以下のフォーマッ
      トで記入してください。要素中および要素間には改行を含めないでくだ
      さい。

      ただし、プライベートアドレスを用いて構築する部分については記入し
      ないでください。

        [network-plan] address mask connect n0/n1/n2 remark[division,purpose]

            address : ネットワークアドレス
                      申請時に割り当てるアドレスが確定していない場合には、
                      代わりに10.0.0.0 からを使用して記入してください。

            mask    : サブネットマスク

            connect : YES、NO または PART
                        YES : インターネット接続する
                        NO  : インターネット接続しない
                        PART: パートタイム接続(たとえばダイヤルアップ接続
                              など)の場合

            n0      : そのサブネットの直後のホスト数
            n1      : そのサブネットの6カ月後のホスト数
            n2      : そのサブネットの1年後のホスト数

            remark  : ネットワークの使用組織、用途(目的)を記入してください。
                      日本語(全角)、英語(半角)表記が可能です。
                        例)
                          ・division:組織  本社,支社、販売、情報システム
                          ・purpose :目的  ダイヤルアップ、サーバ、
                                            ネットワーク
                      資料1にも例を掲載していますので参考にしてください。

      この項目は、すべての要素の記述が必要です。
      この項目は複数の記述が可能です。

    D. [old-network]

      IP指定事業者自身が構築するインフラネットワークとして割り当てられ
      たアドレスで構築している、現在のネットワークの構成をサブネット毎
      に記入してください。要素中および要素間には改行を含めないでください。

      ただし、プライベートアドレスを用いて構築している部分については記
      入しないでください。

        [old-network] address mask connect n0/n1/n2 remark[division,purpose]

            address : ネットワークアドレス

            mask    : サブネットマスク

            connect : YES、NO または PART
                        YES : インターネット接続する
                        NO  : インターネット接続しない
                        PART: パートタイム接続(たとえばダイヤルアップ接続
                              など)の場合

            n0      : そのサブネットの直後のホスト数
            n1      : そのサブネットの6カ月後のホスト数
            n2      : そのサブネットの1年後のホスト数

            remark  : ネットワークの使用組織、用途(目的)を記入してください。
                      日本語(全角)、英語(半角)表記が可能です。
                        例)
                          ・division:組織  本社,支社、販売、情報システム
                          ・purpose :目的  ダイヤルアップ、サーバ、
                                            ネットワーク
                      資料1にも例を掲載していますので参考にしてください。

      この項目は、すべての要素の記述が必要です。
      この項目は複数の記述が可能です。

  [備考]

  上で述べた以外の申請の正当性を主張するために役立つと思われるその他の
  任意の詳細情報を記入することができます。

  特に、ネットワークトポロジを表す図表や、アドレス空間利用およびサブネッ
  ト計画の根拠を示す詳しい説明があれば、JPNICにおいて何らかの疑問点が
  生じたとしても、申請されるIP指定事業者のネットワークに関する必要条件
  を理解しやすくなるため、それだけ早期に要求が処理されることになります。

  また、APNICからの希望により、ネットワーク不正利用に対応する電子メー
  ルアドレスを教えていただいています。このメールアドレスはAPNIC WHOIS
  データベースにおける割り振り情報の"remark"欄で表示されます。

  なお、本文への記述が難しい場合、MS Office系やPDFファイルなどのアプリ
  ケーションにて作成された資料も受け付けております。また、セキュリティ
  強化のため、SSLによる資料の提出も受け付けております。SSLについての詳
  細はこちらをご覧ください。

    『SSLファイル転送の手続きについて』

  3.2 記入例

    (例1:インフラのトポロジを記載する例)

    ここで示す記入例は、以下の条件のIP指定事業者の例です。

      ・a.[会員略称](指定事業者略称)は「JPNIC」である。
      ・現在192.0.192/22の割り振りを受けている。
      ・インフラネットワークに対して192.0.192/23を割り当てている。
      ・顧客に対して192.0.194/23から順次割り当てているが、このブロック
        の60%をすでに割り当てた。
      ・上記割り当てはすべてJPNICデータベースへの登録が完了している。
      ・トータルの割り当て率が80%を超えたため、割り振り申請を行うこと
        にした。

    このIP指定事業者のIPアドレス割り振り申請フォームの例を以下に示しま
    す。

                  IPアドレス割り振り申請フォーム
------------------------------------------------------------------------
# ALLOC TEMPLATE V 1.1 #
a. [会員略称]          JPNIC
b. [接続性]             1
c. [接続先]
q. [希望アドレスサイズ] /20
B. [network-plan]       192.0.192.40 255.255.255.252 YES 0/2/2 東京NOC 名古屋AP接続用
B. [network-plan]       192.0.192.44 255.255.255.252 YES 0/2/2 東京NOC 大阪AP接続用
B. [network-plan]       192.0.192.64 255.255.255.252 YES 0/0/2 東京NOC 仙台AP接続用
B. [network-plan]       192.0.192.68 255.255.255.252 YES 0/0/2 東京NOC 福岡AP接続用
B. [network-plan]       192.0.192.72 255.255.255.252 YES 0/0/2 東京NOC 札幌AP接続用
B. [network-plan]       192.0.192.76 255.255.255.252 YES 0/0/2 東京NOC 広島AP接続用
B. [network-plan]       192.0.192.80 255.255.255.248 YES 0/3/5 名古屋AP ルータLAN
B. [network-plan]       192.0.192.88 255.255.255.248 YES 0/3/5 大阪AP ルータLAN
B. [network-plan]       192.0.192.96 255.255.255.248 YES 0/0/3 仙台AP ルータLAN
B. [network-plan]       192.0.192.104 255.255.255.248 YES 0/0/3 福岡AP ルータLAN
B. [network-plan]       192.0.192.112 255.255.255.248 YES 0/0/3 札幌AP ルータLAN
B. [network-plan]       192.0.192.120 255.255.255.248 YES 0/0/3 広島AP ルータLAN
B. [network-plan]       10.0.0.0 255.255.255.0 PART 0/92/184 名古屋AP Dupプール
B. [network-plan]       10.0.1.0 255.255.255.0 PART 0/92/184 大阪AP Dupプール
B. [network-plan]       10.0.2.0 255.255.255.0 PART 0/0/92 仙台AP Dupプール
B. [network-plan]       10.0.3.0 255.255.255.0 PART 0/0/92 福岡AP Dupプール
B. [network-plan]       10.0.4.0 255.255.255.0 PART 0/0/92 札幌AP Dupプール
B. [network-plan]       10.0.5.0 255.255.255.0 PART 0/0/92 広島AP Dupプール
D. [old-network]        192.0.192.0 255.255.255.240 YES 5/7/9 東京NOC LAN-SWセグメント
D. [old-network]        192.0.192.16 255.255.255.240 YES 7/10/12 東京NOC サーバセグメント
D. [old-network]        192.0.192.32 255.255.255.252 YES 2/2/2 東京NOC IX接続用
D. [old-network]        192.0.192.36 255.255.255.252 YES 2/2/2 東京NOC ピアリング接続用
D. [old-network]        192.0.192.48 255.255.255.240 YES 5/6/8 東京NOC ルータLAN
D. [old-network]        192.0.193.0 255.255.255.0 PART 138/184/184 東京NOC Dupプール
[備考]

相互接続点情報
        接続点名称  :xxIX
        担当者連絡先:山田 一郎( xyz@nic.ad.jp ) TEL 03-5297-2311

ネットワークの不正利用に対応する電子メールアドレス
        abuse@nic.ad.jp

 なお、以下の記入例はテキストで記載されていますが、MS Office系やPDFファ
 イルなどのアプリケーションにて作成された資料も受け付けております。

以下に弊社ネットワーク構成の概要を示します。

           +--------------> Internet Exchange
           |
           |  +---------- > Peering Point
           |  |
         +------+                                             A
         |Router|----+-----+------+-----+-------+------+      |
         +------+    |     |      |     |       |      |      |
            |      +---+ +----+ +---+ +----+ +------+ +--+    |
            |      |DNS| |Mail| |WWW| |News| |RADIUS| |WS|    |
            |      +---+ +----+ +---+ +----+ +------+ +--+    |
+------------------------+                                    | 東京NOC内設備
|         LAN-SW         |                                    |
+------------------------+                                    |
   |      ......      |                                       |
   |                  |                                       |
+------+          +------+                                    |
|Router|          |Router|                                    |
+------+          +------+                                    |
   |                  |      +----+                           |
   |                  +------|D-up| 2PRI(INS-1500x2)          |
   |                  |      +----+                           |
   |                  |      +----+                           |
   |                  +------|D-up| 2PRI(INS-1500x2)          |
   |                  |      +----+                           |
   | HSD(/30)         |      +----+                           |
   |                  +------|D-up| 2PRI(INS-1500x2)          |
   |                  |      +----+                           |
   |                  |      +----+                           |
   |                  +------|Edge|-------User                |
   |                         +----+                           V
   |
+------+                         A
|Router|                         |
+------+                         |
   |                             |
   |   +----+                    |
   +---|D-up| 2PRI(INS-1500x2)   |
   |   +----+                    | アクセスポイント内設備
   |   +----+                    | (名古屋、大阪、仙台、福岡、札幌、広島)
   +---|D-up| 2PRI(INS-1500x2)   |
   |   +----+                    |
   |   +----+                    |
   +---|Edge|-------User         |
       +----+                    V


    (例2:大規模なインフラの拡張計画を記載する場合の[備考]の例)

------------------------------------------------------------------------
[備考]

 なお、以下の記入例はテキストで記載されていますが、MS Office系やPDFファ
 イルなどのアプリケーションにて作成された資料も受け付けております。

(1)設備増設計画(主要設備・累計)

                           1999/09    1999/12    2000/03    2000/06
-------------------------------------------------------------------
D-up router(MAX4000)<2PRI>      50   73( +23)   99( +26)  160( +61)
D-up router(MAX6000)<4PRI>       1    2(  +1)   12( +10)   22( +10)
Edge router(C3640)             101  152( +51)  261(+109)  380(+119)
Core router(C7206)              94  114( +20)  134( +20)  154( +20)

(2)アクセスポイント設置数

             総数    構成A  構成B ・・・・・・・
---------------------------------------------------
北海道       10       1       2
東北         17       0       2
関東         45       8       4
東京         19       8       4
信越          8       1       1
東海         25       3       8
北陸          9       3       2
関西         56      17      14
中国         13       2       5
四国         10       4       2
九州         19       8       1
---------------------------------------------------
Total       231      55      45

(3)ネットワーク構成概要

+-------------------------------------------------+
|                                                 |
|     Backbone (Router,Server,LAN-SW,etc.)        |
|                                                 |
|        +----+          +----+      +----+       |
+--------|Core|----------|D-up|------|Edge|-------+
         +----+          +----+      +----+
           |                |4PRI      |Unnumbered
           |                |          |
           |HSD(/30)        |          |
           |                |          |
           |                |          |
         +----+   ---       |          |
         |Core|    | AP     |          |
         +----+    V        |          |
           |Ether(/29)      |          |
       +---+---+            |          |
       |       |            |          |
    +----+   +----+         |          |
    |D-up|   |Edge|         |          |
    +----+   +----+         |          |
       |4PRI   |            |          |
       |       |            |          |
       |       |            |          |
      user    user         user       user

(4)バックボーン構成概要

・・・・・・・・

(5)アクセスポイント構成概要
  (5-1)アクセスポイント構成パターンA
    ・・・・・・・・
  (5-2)アクセスポイント構成パターンB
    ・・・・・・・・
  (5-3)アクセスポイント構成パターンC
    ・・・・・・・・
  ・
  ・
  ・
------------------------------------------------------------------------


4. IPアドレス割り振りブロック返却申請フォーム

                  IPアドレス割り振りブロック返却申請フォーム
------------------------------------------------------------------------
# ALLOC RETURN TEMPLATE V 1.0 #
a. [会員略称]
b. [返却アドレス空間]

------------------------------------------------------------------------

  4.1 各項目の説明

    a. [会員略称]                  *必須*

      [JPNIC会員情報](指定事業者情報)のa. [会員略称](指定事業者略称)
      と同じ文字列を記入してください。

    b. [返却アドレス空間]           *必須*

      返却を行う割り振りブロックをプリフィクス形式で記入してください。
      この項目は複数の記述が可能です。

  4.2 記入例

                  IPアドレスブロック返却申請フォーム
------------------------------------------------------------------------
# ALLOC RETURN TEMPLATE V 1.0 #
a. [会員略称]          JPNIC
b. [返却アドレス空間]   192.0.16.0/20

------------------------------------------------------------------------


資料1 REMARKにおける記入例

        ・division:組織
                    本社,支社、大阪支社、名古屋事業所、福岡工場
                    経理、総務、開発、販売、情報システム、計算機センター
                    東京NOC、大阪AP
                    HQ,Branch,R&D,Marketing,Sales
                    support-group,customer-svc

        ・purpose :目的
                    バックボーン、サーバ、ダイヤルアップ
                    LAN、WAN、ネットワーク
                    R&D-network,HQ-net
                    dial-up,dialup-ports,servers,point-to-point


以上


*関連文書*

「IPアドレス割り振り/返却申請手続きについて」

「IPアドレス管理指定事業者リスト

JPNIC公開文書著作権表示 (Copyright notice of JPNIC open documents)

この文書はJPNIC公開文書であり、 著作権は社団法人日本ネットワーク
インフォメーションセンター(JPNIC)が保持しています。
JPNIC公開文書は誰でも送付手数料のみの負担でJPNICから入手できます。
また、この著作権表示を入れるかぎり、 誰でも自由に転載・複製・再配布を
行って構いません。

〒101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F
社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
よろしければ回答の理由をご記入ください

それ以外にも、ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2023 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.