メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ
文書管理情報
文書番号 JPNIC-01051 無効となった文書 なし
発効日 2006/8/1 最終更新日 2006/6/30
文書名 JPIRRとミラーリングを行う条件について
                 JPIRRとミラーリングを行う条件について

*本文書について*

本文書は、社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(以下「JPNIC」
という)の管理・運用する経路情報データベース(IRR(Internet Routing Registry
の略))(以下「JPIRR」という)とミラーリングを行う場合の条件について解説
したものです。

1. 用語の定義

本文書に書かれている用語の定義は以下の通りです。

(1) ミラー先IRR
JPIRRの登録情報を提供する、他のIRRデータベースのことを指します。

(2) ミラー元IRR
JPIRRに対して、登録情報の提供を行う他のIRRデータベースを指します。

(3) ミラーリング
JPIRRの登録情報を、他のIRRデータベースに提供すること、およびJPIRRに対
して、他のIRRデータベースの登録情報の提供を行うことの総称を指します。


2. ミラーリング構成について

現在のJPIRRのミラーリング構造は、図1の通りです。

             +----------+
             |  JPIRR   |
             +----+-----+
                  |
             +----+-----+
             |  APNIC   |
             +----------+
                  ├----------------┐
             +----------+      +----------+
             |   RADB   |      | RIPE NCC |
             +----------+      +----------+

                       図 1

RADBおよびRIPE NCCへは、APNICを経由してミラーリングを行っています。


3. ミラーリングを行う条件について

  JPNICは、以下の条件のいずれかに合致する場合にのみ、JPIRRをミラー元
IRRとした登録情報の提供を行います。原則としてJPIRRでは、他のIRRデータ
ベースからの登録情報の提供を受け付けません。

      (1) JPNICが管理するアドレスブロック、もしくはAS番号を実際に利用
          している組織であること。

      (2) JPIRRの運用目的と照らし合わせ、JPIRRをミラー元IRRとした登録
          情報の提供が適切であるとJPNICが判断した組織

                                                                  以上
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ