メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ
文書管理情報
文書番号 JPNIC-01209 無効となった文書 JPNIC-01107
発効日 2015/11/9 最終更新日 2015/10/9
文書名 各情報・項目の記述形式等について

各情報・項目の記述形式等について

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

1. 各情報の記述形式等について

 JPNICデータベースに登録する[ネットワーク情報]、 [AS情報]、 [担当者情報]および[担当グループ情報]の各項目について、 使用できる文字、記述形式、文字数、項目数を説明します。 表中の「記述形式」の詳細は「2. 記述形式の説明」を参照してください。

1-1. ネットワーク情報

項目 記述形式 最大文字数 項目数
a. [IPネットワークアドレス] IPv4アドレス 31 1(割り当て報告のとき1以上)
b. [ネットワーク名] ネットワーク名 12 1
f. [組織名] JISおよびASCII 300 1
g. [Organization] ASCII 300 1
h. [郵便番号] 郵便番号 8 1
i. [住所] JISおよびASCII 300 1
j. [Address] ASCII 300 1
m. [管理者連絡窓口](運用責任者) JPNICハンドル 10 1
n. [技術連絡担当者] JPNICハンドル 10 1以上
p. [ネームサーバ] ネームサーバ 255 0以上
[DSレコード] DSレコード 512 0以上
y. [通知アドレス] 電子メールアドレス 255 0以上
B. [network-plan] NW-plan 255 0以上(USERのときのみ)
D. [old-network] NW-plan 255 0以上(USERのときのみ)
E. [審議番号] 審議番号 10 0~1
F. [会員略称] 略称 80 0~1
G. [plan] Plan 255 1以上(INFRAのときのみ)
1(SUBAのとき)
[返却年月日] 年月日 10 0~1(返却のとき)

1-2. AS情報

項目 形式 最大文字数 項目数
a. [AS番号] AS番号 11 1
b. [AS名] ASCII 12 1
f. [組織名] JISおよびASCII 300 1
g. [Organization] ASCII 300 1
h. [郵便番号] 郵便番号 8 1
i. [住所] JISおよびASCII 300 1
j. [Address] ASCII 300 1
m. [管理者連絡窓口](運用責任者) JPNICハンドル 10 1
n. [技術連絡担当者] JPNICハンドル 10 1以上
o. [IMPORT] IMPORT 300 0以上(新規割り当てのとき2以上)
p. [EXPORT] EXPORT 300 0以上(新規割り当てのとき2以上)
y. [通知アドレス] 電子メールアドレス 255 0以上

1-3. 担当者情報

項目 記述形式 最大文字数 項目数
[ハンドル] JPNICハンドル 80 1
[名前] JISおよびASCII 300 1
[Name] Last, First 300 1
[電子メール] 電子メールアドレス 300 1
[組織名] JISおよびASCII 300 1
[Organization] ASCII 300 1
[郵便番号] 郵便番号 8 1
[住所] JISおよびASCII 300 1
[Address] ASCII 300 1
[部署] JISおよびASCII 300 0~1
[Division] ASCII 300 0~1
[肩書] JISおよびASCII 300 0~1
[Title] ASCII 300 0~1
[電話番号] 電話番号 300 1以上
[FAX番号] 電話番号 300 1以上
[通知アドレス] 電子メールアドレス 300 0以上

1-4. 担当グループ情報

項目 記述形式 最大文字数 項目数
[ハンドル] グループハンドル 80 1
[名前] JISおよびASCII 300 1
[Name] ASCII 300 1
[電子メール] 電子メールアドレス 300 1
[組織名] JISおよびASCII 300 1
[Organization] ASCII 300 1
[郵便番号] 郵便番号 8 1
[住所] JISおよびASCII 300 1
[Address] ASCII 300 1
[部署] JISおよびASCII 300 0~1
[Division] ASCII 300 0~1
[電話番号] 電話番号 300 1以上
[FAX番号] 電話番号 300 1以上
[通知アドレス] 電子メールアドレス 300 0以上
[情報識別区分] ASCII 1 1

2. 記述形式の説明

記述形式 使用できる文字 記述方法 登録時の正規化 記入例
ASCII 0-9, a-z, A-Z, : ( ) [ ] { } < > ; : ' " . , / ? \ | ~ ! ` @ # $ % ^ & * - _ + = " " 123abcABC
JIS JIS X 0208:1997の第一水準、第二水準 一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
IPv4アドレス 0-9, ".", "-", "/" xxx.xxx.xxx.0-xxx.xxx.xxx.xxx
xxx.xxx.xxx.xxx/<prefix>
(xxxは0-255、<prefix>は1-32)
xxx.xxx.xxx.0-xxx.xxx.xxx.255
xxx.xxx.xxx.xxx/<prefix>
192.0.2.0-192.0.3.255
192.0.2.0/29
ネットワーク名 0-9, A-Z, "-" 任意の文字列 大文字に正規化 JPNIC-NET
SUBA-123-456
AS番号 0-9 0~4294967295までの数字 65536
JPNICハンドル 0-9, A-Z アルファベット2文字+数字3文字以上+JP 大文字に正規化 AB12345JP
グループハンドル 0-9, A-Z JP+数字8文字 JP12345678
Last, First ASCII アルファベット+","+アルファベット
","は一つのみ含まれる
Abcde, Vwxyz
ドメイン名 0-9, a-z, ".", "-" 一つ以上の "." を含む
"."で分割された各ラベルは63文字以内
各ラベルの先頭、末尾に "-" は使用不可
example.ad.jp
ネームサーバ 0-9, a-z, ".", "-", "/", " " <ドメイン名>
<ドメイン名>/<IPv4アドレス>
小文字に正規化 ns.example.ad.jp
ns.example.ad.jp/192.168.1.0/24
DSレコード 0-9, A-Z, ".", "-", "(", ")", " " <zone> <ttl> <IN> <DS> <keytag> <algorithm> <digesttype> ( <digest> )

<zone>は0-9, A-Z, ".", "-"で記述
<ttl>は0-2147483647の数値を記述
<IN>および<DS>はINおよびDSを記述
<keytag>は0-65535の数値を記述
<algorithm>は3, 5, 8, 10, 13または14を記述
<digesttype>は1または2を記述
<digest>は<digesttype>が1の場合には0-9, A-Zで16進数40桁で記述、2の場合には0-9, A-Zで16進数64桁で記述
2.0.192.in-addr.arpa. DS 33736 5 1 ( 0123456789ABCDEF0123456789ABCDEF01234567 )
100.51.198.in-addr.arpa. 237 IN DS 478 5 1 ( 9876543210FEDCBA9876543210FEDCBA98765432 )
電子メールアドレス ASCII (ドメイン名部分は0-9, a-z, A-Z, ".", "-") <ascii>+@+<ドメイン名>
@が一つのみ含まれる
abcde@nic.ad.jp
郵便番号 0-9,"-" xxx-xxxxxxxxxxx
外国の郵便番号等のとき"---"
123-45678901234
電話番号 ASCII 先頭が0または+
数字が8桁以上含まれる
01-2345-6789
+81-1-2345-6789
NW-plan <remark>はJIS、その他はASCII xxx.xxx.xxx.xxx <mask>
<connect> n0/n1/n2 <remark>
xxx.xxx.xxx.xxx はIPv4アドレスを記述
<mask>はRFC1878に従い、IPv4アドレス形式で記述
<connect>はYES、NOまたはPARTを記述
n0,n1,n2は0-9, "-"
10.0.0.0 255.255.254.0 YES
427/508/508 計算機センター
インターネット接続用サーバ類
審議番号 0-9 7桁の数字 1234567
略称 0-9, a-z, A-Z, "-" 任意の文字列 123-ABC
Plan 0-9, "/"またはSUBA xxx.xxx.xxx.xxx/<prefix> h0/h1/h2 n0/n1/n2xxx.xxx.xxx.xxx/<prefix>にはIPv4アドレス、h0/h1/h2 n0/n1/n2には数値を記述SUBAの場合は"SUBA"を記述 192.0.1.0/25 52/83/106 1/1/2SUBA
年月日 0-9, "/" YYYY/MM/DD(M,Dは一桁でも可)存在する日付であること YYYY/MM/DD形式に正規化 2004/4/1
2004/04/01
IMPORT 0-9, a-z, A-Z From ASxxxx <cost> accept <policy>
xxxx部分にはAS番号、<cost>には数値、 <policy>にはルーティングポリシーを記述
from AS2515 100 accept ANY
EXPORT 0-9, a-z, A-Z to ASxxxx announce <policy> xxxx部分にはAS番号、 <policy>にはルーティングポリシーを記述 to AS2515 announce LOCAL

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ