メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ
文書管理情報
文書番号 JPNIC-01227
文書名 AS番号割り当て、登録情報変更、返却申請手続きについて
発効日 2017/12/20
最終更新日 2017/11/20
この文書によって無効となった文書 JPNIC-01196

AS番号割り当て、登録情報変更、返却申請手続きについて

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

*本文書について*

本文書は、自律ネットワークを運営する組織が、AS番号の割り当て、 登録情報の変更および返却申請をする際の具体的な手続きを解説したものです。 関連文書を含め本文書は現状のポリシーに従った手続きであり、 将来変更される可能性があります。 AS番号割り当てに際しては常に最新の文書を参照してください。

*目次*

1. AS番号の割り当てについて

JPNICは、 日本国内に存在する自律ネットワークを運営する組織からの申請に応じて、 自律ネットワークに対してAS番号を割り当てます。 JPNICから割り当てられたAS番号は、 JPNIC管理のもと以下のポリシーに基づき管理をしていただきます。

『JPNICにおけるAS番号割り当てに関するポリシー』

AS番号、 自律ネットワークといった概念はインターネットにおける経路制御に深く関連し、 ネットワークに対してAS番号が必要かどうかはそれらを理解した上での設計上の判断となります。 これらに関する基本的な情報として以下のガイドがありますので、 必要に応じて参照してください。

『AS番号の割り当てに関する参考情報』

また、AS番号の必要性に関しては、RFC1930に記述があり、 JPNICのWebページで日本語訳も入手可能です。

『RFC1930: Guidelines for creation, selection, and registration of an Autonomous System (AS) 翻訳文』

2. 割り当て申請について

2.1 割り当てを受ける条件の確認

「AS番号割り当て規約」の内容、 「JPNICにおけるAS番号割り当てに関するポリシー」および 「JPNICのIPアドレス割り当て管理業務における情報の取り扱い等に関する規則」 などの技術文書群等を理解し、 当センターが提供するサービス内容に同意をしたうえで、 AS番号の割り当てを受ける技術的要件を満たしているかを確認してください。

『AS番号割り当て規約』
『JPNICにおけるAS番号割り当てに関するポリシー』
『JPNICのIPアドレス割り当て管理業務における情報の取り扱い等に関する規則』

本割り当てにおいて関連する技術文書群は、 JPNICのWebページで公開しておりますので、あわせてご確認ください。

2.1.1 割り当てを受けるための技術的要件

構築しようとしている自律ネットワークがBGP (Border Gateway Protocol)を利用して他の複数の自律ネットワークと3ヶ月以内に外部経路制御情報を交換することです。 JPNICから歴史的経緯をもつPIアドレスの割り当てを受けている組織が申請する場合には、 外部経路制御情報の交換開始が3ヶ月以内でなくとも構いません。

技術的要件の詳細は、 「JPNICにおけるAS番号割り当てに関するポリシー」の 「7.10. AS番号割り当ての条件」に記載されています。 事前に確認をしたうえで、申請をしてください。

2.2 割り当て申請

JPNICへの割り当て申請は、 Web申請システムより必要事項を入力のうえ申請してください。

『Web申請システム 一般申請者向けログインページ』
https://iphostmaster.nic.ad.jp/jpnic/dispguestlogin.do

なお、申請資格の確認のため、 個人情報に該当する情報を入力していただく場合があります。 これらの情報は、申請資格の確認のためにのみ使用します。 なお、当センターが取得した情報は、 「JPNICのIPアドレス割り当て管理業務における情報の取り扱い等に関する規則」 に基づき取り扱われます。

2.3 割り当て申請の審査

JPNICでは、[2.2 割り当て申請]に従って提出された申請に関して、 記入事項に不備がないことを確認できた時点で割り当て申請が受理されたとし、 同時に申請担当者に対して正式受理の旨を通知します。
以降、JPNICでは、

  1. AS番号割り当てが必要な接続構成であること
  2. 接続先情報に記載された接続先に対する接続関係

を確認、精査します。 この際不十分な点、不明な点がある場合、 速やかに申請担当者に問い合わせます。

申請フォームの不備等で審議開始が遅れますと割り当ても遅れることになります。 十分確認を行った上で申請フォームを記入してください。 また、審議期間を考慮し、余裕を持って申請をしてください。 APNICからJPNICへのブロック割り振りが滞った場合などやむを得ない事由により、 一時的に割り当て作業が遅れることがあります。 その場合、JPNICは申請者に状況を連絡します。

2.4 契約料の納入、AS番号通知

前項の審議過程を経て、 自律ネットワークにAS番号を割り当てることが適切であると判断された場合に、 JPNICはその旨を申請担当者に通知するとともに、 申請に対応する契約料の納入手続を案内します。

この契約料は、申請内容の精査完了通知が届いた後、 JPNICの指定する銀行口座に振り込んでください。 振り込み手数料は申請者負担です。 契約料の納入がJPNICにおいて確認された後に、 JPNICは割り当て申請手続を進め、 データベースに登録した後そのAS番号を通知します。 JPNICにて契約料の納入が確認できない場合、 AS番号の割り当ては行いません。

割り当て後、そのAS番号が数箇所の観測点で出現しないとき、 JPNICはそのAS番号の返却を求めることがあります。

2.5 AS番号の割り当て申請を行う資格

JPNICに対してAS番号の割り当て申請を行う資格を有するのは、 日本国内に存在する自律ネットワークを運営する組織ですが、 申請担当者はこの組織から申請を委任された代行者でも構いません。 申請担当者はJPNICからの一切の問い合わせに応じなければなりません。

3. 登録した情報の変更

AS番号割り当て後、 JPNICのデータベースに登録した情報に変更が生じた場合は、 記載事項の変更手続きをとる必要があります。 AS番号情報の変更申請は、 そのAS番号が割り当てられた組織より行ってください。 あらかじめ通知されたWeb申請システムのURLより「AS番号登録情報変更申請」を申請してください。 Web申請システムにログインする際には、 AS番号を管理するための資源管理者証明書を用いて発行した資源申請者証明書を利用してください。

JPNICでは申請された内容に関して、 記入事項に不備がないことを確認できた時点で登録情報変更申請が受理されたとし、 同時に申請担当者に対して正式受理の旨を通知します。 申請書に記入漏れや不明な記入があった場合、 申請は受け付けられませんので十分注意してください。 不明な点がある場合は、JPNICから問い合わせる場合があります。 AS番号の登録情報変更処理が完了した後、申請者に対して通知いたします。

その他の情報を変更する場合は以下の文書を参照してください。

担当者情報([個人情報])、担当グループ情報を変更する場合
『担当者情報・担当グループ情報の登録・更新について』
契約者情報、資源管理情報を変更する場合
『契約者情報・資源管理情報の登録・更新について』

4. 割り当てられたAS番号の返却

ネットワーク運用の終了に伴い、 割り当てをうけたAS番号の使用を終了した場合は、 そのAS番号を当センターへ返却する手続きをとる必要があります。 割り当てを受けたAS番号をJPNICに対して返却する場合、申請する前に、 そのAS番号がインターネット上で利用されていないことを確認してください。 AS番号の返却申請は、 そのAS番号が割り当てられた組織より行ってください。 あらかじめ通知されたWeb申請システムのURLより「AS番号返却申請」を申請してください。 Web申請システムにログインする際には、 AS番号を管理するための資源管理者証明書を用いて発行した資源申請者証明書を利用してください。

JPNICでは申請された内容に関して、 記入事項に不備がないことを確認できた時点で返却申請が受理されたとし、 同時に申請担当者に対して正式受理の旨を通知します。 申請書に記入漏れや不明な記入があった場合、 申請は受け付けられませんので十分注意してください。 返却処理が完了した後、申請者に対して通知いたします。 JPNICデータベースから削除されたことをもって、 AS番号の返却処理が完了したことになります。 返却処理が完了した後は、 いかなる事由があってもそのAS番号を利用することはできません。 申請にあたっては、十分注意してください。

5. Web 申請システムからの申請について

各項目の記述については、 申請画面の右上のヘルプガイドがありますので、 そちらを参照してください。 また、JPNICデータベースで使用することができる文字種等の制限等は、 以下の文書で解説されています。あわせて参照してください。

『各情報・項目の記述形式等について』

6. 契約料・維持料について

JPNICはAS番号の割り当て申請に関して、契約料、維持料を徴収します。

6.1 契約料

契約料は、 「AS番号割り当て規約」に定められた金額をJPNICの指定する口座へお振り込みください。 銀行振込手数料については、申込者の負担とします。 契約料の詳細に関しては、以下の文書を参照してください。

AS番号割り当て規約
別紙 契約料・維持料・手数料の額および支払い方法

6.2 AS番号維持料

JPNICはAS番号の割り当てを受けた組織に対し、 AS番号維持料を請求します。 維持料の詳細については以下の文書を参照してください。

AS番号割り当て規約
別紙 契約料・維持料・手数料の額および支払い方法

6.2.1 計算基準日

計算基準日は、4月1日00:00です。 この時点でAS番号の割り当てをうけている場合は、 その年の4月1日から翌年3月31日における1年間の維持料を算出します。

6.2.2 請求書の送付

4月に請求書を発行し、 JPNICのデータベースに登録されている経理連絡担当者の[住所]、 [組織名]、[部署]宛に郵送します。

6.2.3 振込先と支払期日

請求した維持料は、JPNICの指定する口座へお振り込みください。 期日は5月末日になります。振込手数料は申請者負担です。

7. 情報の公開および取り扱いについて

JPNICは、 共有資源であるAS番号に関する情報の一部を原則として公開します。 登録された情報は、 「JPNICのIPアドレス割り当て管理業務における情報の取り扱い等に関する規則」に従って、 公開・開示の対象となります。 また、申請書に記入漏れや不明な記入があった場合、 申請は受け付けられませんので十分注意してください。 申請に関して虚偽の記述もしくは虚偽の申請が発覚した場合、 JPNICはその申請を無効とします。

情報の取り扱いに関しては、 「JPNICのIPアドレス割り当て管理業務における情報の取り扱い等に関する規則」を確認してください。

『JPNICのIPアドレス割り当て管理業務における情報の取り扱い等に関する規則』

8. 問い合わせ

手続きを進める上で不明な点がある場合には、 下記の電子メールアドレスに送ってください。

電子メール : ip-service@nir.nic.ad.jp

*関連文書*

「JPNICにおけるAS番号割り当てに関するポリシー」
https://www.nic.ad.jp/doc/as-policy.html
「AS番号の割り当てに関する参考情報」
https://www.nic.ad.jp/doc/as-guide.html
「"Guidelines for creation, selection, and registration of an Autonomous System (AS)(RFC1930)"翻訳文」
https://www.nic.ad.jp/ja/translation/rfc/1930.html
「AS番号割り当て規約」
https://www.nic.ad.jp/doc/as-rule.html
「JPNICのIPアドレス割り当て管理業務における情報の取り扱い等に関する規則」
https://www.nic.ad.jp/doc/info-rule.html
「契約者情報・資源管理情報の登録・更新について」
https://www.nic.ad.jp/doc/db-guide-agency.html
「担当者情報・担当グループ情報の登録・更新について」
https://www.nic.ad.jp/doc/contact-guide.html
「各情報・項目の記述形式等について」
https://www.nic.ad.jp/doc/db-description.html

以上


このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ