メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ICGとは

ICGは、ICANN (The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)が設置した検討グループの名称で、IANA Stewardship Transition Coordination Groupの略です。

2014年3月14日、米国商務省電気通信情報局(NTIA)は、 同局が持つIANA (Internet Assigned Numbers Authority)に関する監督権限を、 グローバルなマルチステークホルダーコミュニティに移管する意向を発表し、 ICANNを移管後体制提案検討の呼びかけ人に指名しました。 これに対して、コミュニティからの意見聴取をもとに、 IANA機能に関するさまざまなステークホルダーからなるグループを組成し、 移管後体制の検討を委ねることにしました。 これによって組成された検討グループが、ICGです。

IANAは、 インターネットの運用に不可欠な各種資源の台帳管理を行う機能ですが、 ICGのメンバーは、このIANAが管理する3資源(ドメイン名、番号資源、 プロトコルパラメータ)に関するコミュニティの代表者と、 ユーザー、政府、ビジネスセクター、 技術コミュニティなどからの代表者による30人で構成され、 ICANN理事およびIANA機能に関する部局の責任者が、 リエゾンメンバーとして参加しています。

検討に当たってICGは、具体的な提案検討を、 3資源それぞれの管理や方針策定を担う運営コミュニティに依頼し、 それぞれのコミュニティから提出された提案を統合することで、 NTIAに提出する提案を完成させる方針を採っています。 なお、この統合提案に関する検討状況ですが、 本稿執筆時点(2015年9月)で、 提案ドラフトに対する意見募集を踏まえた、 最終検討の段階にあります。

参考

IANA Stewardship Transition Coordination Group
https://www.ianacg.org/
インターネットガバナンスのページ
https://www.nic.ad.jp/ja/governance/
IANA機能の監督権限の移管について
https://www.nic.ad.jp/ja/governance/iana.html

JPNIC News & Views vol.1341(2015年9月15日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
よろしければ回答の理由をご記入ください

それ以外にも、ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2023 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.