メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

RA (Router Advertisement; ルータ広告)とは

RA (Router Advertisement; ルータ広告)とは、 IPv6アドレスの自動設定を行う機能(Stateless Address Autoconfiguration, SLAAC)(*1)の一部分で、 RFC4862で標準化されています。

IPアドレスの自動設定を行う手段としては、 DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol)を利用する方法がありますが、 DHCPサーバを別途用意し、どのノードにどのアドレスを割り当てているか、 状態を管理する必要があります(ステートフル)。 それに対しIPv6のRAを用いた自動設定では、情報を管理せず(ステートレス)に、 ルータとノードのみでアドレスを設定することが可能です。

IPv6のアドレスを設定したいノードは、 接続しているセグメントにルータが存在するかどうか、 もしあるのであればプリフィクス情報を送るようRS (Router Solicitation; ルータ要請)メッセージを、 すべてのルータ(全ルータマルチキャスト(ff02::2))に対して送信します。 そのメッセージを受け取ったルータは、 RAメッセージをすべてのノード(全ノードマルチキャスト(ff02::1))に対して送ります。 ノードは応答された内容からプリフィクスを取得し、 さらにMACアドレスを元にして数値を生成するEUI-64(*2)やその他のアルゴリズムからインタフェースIDを生成することで、 アドレスを設定することができます。

なお、以前はRAのみではDNSサーバの情報を設定することができませんでしたが、 RFC6106(*3)の標準化によって設定が可能になりました。

(*1) IPv6 Stateless Address Autoconfiguration
   http://tools.ietf.org/rfc/rfc4862.txt

(*2) Guidelines for 64-bit Global Identifier (EUI-64) Registration Authority
   http://standards.ieee.org/regauth/oui/tutorials/EUI64.html

(*3) IPv6 Router Advertisement Options for DNS Configuration
   http://tools.ietf.org/rfc/rfc6106.txt

■参考

RFC4291 "IP Version 6 Addressing Architecture"
http://tools.ietf.org/rfc/rfc4291.txt

RFC4941 "Privacy Extensions for Stateless Address Autoconfiguration in IPv6"
http://tools.ietf.org/rfc/rfc4941.txt

RFC6106 "IPv6 Router Advertisement Options for DNS Configuration"
http://tools.ietf.org/rfc/rfc6106.txt

JPNIC News & Views vol.996(2012年8月15日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ