< ウィルス・ワーム対策のためのフィルタリングがDNSに及ぼす影響について - JPNIC

メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ウィルス・ワーム対策のためのフィルタリングがDNSに及ぼす影響について

 2003年1月25日に発生が確認された「SQL Slammer」と呼ばれるワームは、 「UDP 1434番ポートを使用する」と伝えられ、 様々な対策を検討されていることと思います。

 ワーム感染防止対策としてUDP 1434番ポートのフィルタリングを実施する方法も考えられますが、 この方法を実施した結果インターネットの利用ができなくなったとの問い合わせも増加しています。 このような現象は、 UDPのポートフィルタリングがDNSの機能に大きく影響を及ぼすために生じるものです。 詳しくは、 株式会社日本レジストリサービスが公開している下記文書をご覧ください。

ウィルス・ワーム等への対処としてフィルタリングを行う場合の注意
https://jprs.jp/whatsnew/topics/topics_old/030207.html

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.