メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

日本ENUMトライアルのTier構成

Japan ENUM Trial 構成

※Tier1-BとTier2の実験参加者は、同一組織であってもよい。英字C~Kは、数字である。(Tier1-Bは8個までの可変個の数字を含むことがある。)

Tier1-Aの役割

JPNIC(Tier1-A)は、Tier0から見るとTier1、実験参加者(Tier1-B)から見るとTier0の役割を果たします。具体的な役割は以下の通りです。

(1) ENUMレジストリ
実験参加者(Tier1-B)からの実験参加申請の受付と承認
実験参加者(Tier1-B)からの番号割振申請の受付と割振
1.8.e164.arpa ENUMレジストリデータベースの運用管理
(2) ENUM DNSオペレータ
1.8.e164.arpaドメインのためのゾーンファイル生成とDNS運用

Tier1-Bの役割

Tier1-Bの役割は、実験参加者が自ら策定するトライアル実験計画書によって定められることとなります。基本的には、役割は以下の通りです。

(1) ENUMレジストリ
Tier1-Aレジストリへの番号割振申請とDNS登録申請
Tier1-B ENUMレジストラまたはTier2レジストリからの番号割振申請の受付と割振
D.C.0.0.1.8.e164.arpa ENUMレジストリデータベースの運用管理
(2) ENUM DNSオペレータ
D.C.0.0.1.8.e164.arpaドメインのためのゾーンファイル生成とDNS運用

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.