メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ICANN 理事会会合

日時:2002年6月28日(金)8:30~11:20
会場:Bucharest Marriott Grand Hotel(ルーマニア、ブカレスト)
司会:Vint Cerf(ICANN理事長)
出席者:理事会メンバー17名+約50名
内容:以下の9項目に関する理事会決議

 1. 再検討要請2件について
 2. .MW ccTLDとの覚書締結
 3. ICANNの発展と改革に関する委員会(ERC)からの勧告
 4. 2002-2003年度予算
 5. 「削除済みドメイン名の請戻し猶予期間」の実施案
 6. VeriSignによるウェイトリスティングサービス(WLS)の導入に伴うICANNとの契約
   改定の要請
 7. .ORG申請料の割戻し
 8. Executive Search Committee の設置
 9. 国際化ドメイン名(IDN)委員会からの報告書について

-------------------------------------------------------------------------------
<詳細記録>

■1. 再検討要請2件について
VeriSignレジストラのサービスに関する消費者からの苦情および他1件

[決議内容]
理事会はこの再検討要請に対してはなんら措置をとらない

[採決]
1件目:棄権1(Andy)、他全員賛成 →承認
2件目:全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
■2. .MW ccTLDとの覚書締結

[決議内容]
事務総長は.MW ccTLDとの覚書締結に向けて作業を進める

[採決]
全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
■3. ICANNの発展と改革に関する委員会(ERC)からの勧告

[決議内容]
- 理事会はERCによる文書「ICANN改革に向けての青写真」を採択する
- ERCはさらなる移行計画を監視
- ERCは上海会議までに理事会に実行計画書を提出する
- ERCは、移行実施期間中、以下の問題を考慮するようにする:
  + 地理的/文化的多様性を強調
  + At-Large諮問委員会の設置を検討(広範囲のユーザーコミュニティからの参加のた
  めの手段として)
 + 指名委員会の構成および運営は、ICANNコミュニティの全要素のバランスを代表させ
  ることを保証
 + 重要なインフラストラクチャプロバイダーおよび技術コミュニティと効果的な協力
  関係構築のために共同で取り組む
  + ICANNのポリシー策定プロセスはボトムアップなポリシー策定プロセスを増強、促進
  することを保証

[議論]
- 地理的・文化的多様性は、理事会メンバーのみについてではなく、ICANN構造全体にわ
 たってのことであるので、その旨の文言修正を提案する
~以下、この点に関する賛成、反対意見が続く~

 #上記文言修正についての決議:
 ○地理的・文化的多様性についての記述を「ICANNの構造全体にわたっての地理的・
  文化的多様性を保証するための具体的方法を考案・採用する」と修正
   →全会一致で承認

 ○「ICANNコミュニティ」を「インターネットコミュニティ」に修正
   →全会一致で承認

 ○「ボトムアップなポリシー策定プロセス」を「透明性のあるボトムアッププロセス」
   に修正 →全会一致で承認

[採決]
 全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
■4. 2002-2003年度予算
ICANN事務総長による予算案の採択について

[採決]
 反対1(Andy)、他全員賛成 →承認

-------------------------------------------------------------------------------
■5. 「削除済みドメイン名の請戻し猶予期間」の実施案

[決議内容]
事務総長およびGeneral CouncilはICANNを代表し、「削除済みドメイン名の請戻し猶予
期間」実施のために、ICANNとスポンサーなしTLDレジストリ運用者との契約改定に向け
て交渉を行う

[採決]
全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
■6. VeriSignによるウェイトリスティングサービス(WLS)の導入に伴う契約改定の要請

[決議内容]
DNSOドメイン名評議会(NC)に対し、2002年7月26日までにVeriSignのWLS導入提案に関す
る最終勧告書を提出することを要請し、その後直ちに理事会としての措置をとる

[議論]
- 上記決議文に 「削除済みドメイン名の請戻し猶予期間がgTLDに適切な影響を与える
 ことを条件として」を追加すべき

 上記修正提案についての採決:賛成なし、反対多数 →却下

[採決]
棄権1(Andy)、他全員賛成 →承認

-------------------------------------------------------------------------------
■7. .ORGレジストリ申請料の割戻し

.ORG新レジストリの申請料をUS$35,000として徴収していたが、最終的審査料を
US$29,000とし、各申請者にUS$6,000を返却する

[採決]
全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
■8. Executive Search Committee の設置

現ICANN CEOであるStuart Lynn氏が2003年に辞任することを受けて、新たなCEO、および
その他の役員雇用のために、Executive Search Committee を設置し、Executive Search
会社を探す作業を開始する

[採決]
全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
■9. 国際化ドメイン名(IDN)委員会からの報告書について

[決議内容]
委員会の解散時期を10月の上海会議終了時まで延長し、IETFにおける作業を継続して
監視し、委員会の報告書に関するコミュニティからのフィードバックをさらに検討する

[採決]
全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
<その他>

●今後の会議開催について報告
- 2003年は南アフリカにて開催。開催候補地を募る
- 今後の会議開催のフォーマット(開催数など)については、10月の上海会議後に決定
 したい

●その他の決議
- Peter de Blanc氏(DNSO NCメンバー)の逝去に伴う諸決議
- ブカレスト会議主催者、その他スポンサーへの謝辞
- Andrew McLaughlinへの謝辞
 (7/1にICANN 副事務総長を辞任し、パートタイムでの勤務となる)
- Karen Roseへの謝辞
 (米国のGAC代表。米国商務省をまもなく退職。グリーンペーパー、ホワイトペーパー
 作成に貢献)
-------------------------------------------------------------------------------
      

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2022 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.