メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
-------------------------------------------------------------------------------
ICANNモントリオール会議:理事会

日時:2003年6月26日(木)8:00~11:40
会場:Le Centre Sheraton Montreal Hotel(カナダ・モントリオール)
司会:Vint Cerf(ICANN理事長)
出席者:理事(15名+電話参加2名)+聴衆約70名
内容:1. 理事会内委員会からの報告
      2. 各種決議
-------------------------------------------------------------------------------
<概要報告>

- 懸案となっていたccNSOに関するBylawsの条項案が無事採択され、ようやくccNSO
 組織化に向けて具体的に動き出すこととなった。これに伴い、ccNSO発足のための
 グループを結成することが採択された。

- 本会議をもって、「移行期の理事会」は解散し、指名委員会選出メンバーを含む
 「新理事会」の任期が開始。今回で退任するメンバー一人一人への謝辞が続いた。

-------------------------------------------------------------------------------
<詳細記録>

■1. 理事会内委員会からの報告

●1.1 監査委員会からの報告
- リスク管理
- 監査のスケジュール
- 監査会社を3~4年ごとに変更することに決定。KPMGは今年度まで
- 小切手署名権限

--------------------------------------------
●1.2 予算委員会からの報告
- 事務総長に対し、移行のための費用、指名委員会、CEO交代等のために予算の調整
 をするよう助言
- 小切手署名権限についてはDan Halloranを暫定的に指名
他

--------------------------------------------
●1.3 指名委員会からの報告
- 選出プロセスには緊急性を要した
- 委員会の責務、構成等の紹介
- 選出ファクター:基準および資格
- 総合的結果、および他の支持組織選出メンバーとのバランスを重視
- 選出にあたって考慮した事項
- 基本となる運営原則:
 + コンセンサスに基づく意思決定
  + 倫理規定の確約
 + 全候補者を最低3回は審査 など
- 電話会議(13回)、メールでのコミュニケーション、最後にface-to-faceの会議
 を実施
- 選出メンバーの紹介
- 性別の多様性を図ったが、女性の候補は少なかった
- 継続性と更新を重視:相当な時間をかけて討議した結果、旧理事会メンバーが
 若干名残る結果となった
- 短期間の任期の理事は再選も可能
- 統計:候補者総数110、推薦総数115
- 次のステップ:最終報告書の作成

--------------------------------------------
●1.4 ミーティング委員会
- クアラルンプール会議の予定変更など

--------------------------------------------
●1.5 ICANNの発展と改革に関する委員会(ERC)からの報告
- 昨日1日をかけてccNSO設立のための作業が続けられ、BylawsのccNSO条項案が整った。
 条項案はこの後採決の際に発表する
- ERCメンバ数名および事務総長が、地域インターネットレジストリ(RIRs)との協議を
 続けている(ICANN内におけるRIR機能の調整・適合化について)。今後何らかの変更
 が生じるとしても、それはBylaws上ではなく、関係者間の合意文書(MoUなど)上の
 問題
- ERCの活動はまだ終了したとは言えないが、多くの重要な問題はすでに完了している

===============================================================================
■2. 各種決議

●2.1 6/2開催の理事会議事録の承認

[採決]全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
●2.2 クアラルンプール会議の日程変更

[決議案]
当初の2004年6月開催予定を変更し、2004年7/19~23に開催

[採決]全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
●2.3 2003-2004予算案

[採決]全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
●2.4 2002-2003財務報告の監査

[決議案]
監査委員会は、2002-2003財務報告の監査実施のためにKPMGと契約する権限を事務総長
に与える

[採決]全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
●2.5 ICANNの地理的地域

[決議案]
- 世界5地域についての現行の規定を再確認
- 現行の各国・領土の割り当て方法を再確認
- 6/5発表の割り当て表を採択
  http://www.icann.org/montreal/geo-regions-topic.htm

[採決]賛成13、反対1、棄権3 →承認

-------------------------------------------------------------------------------
●2.6 At-Large諮問委員会(ALAC)からの提案

[決議案]
以下の暫定ALACからの提案を承認:
- At-Large組織(ALS)のための最低基準
- ALSの認定プロセス
- ALACによる認定決定を理事会が見直す際の手続き
- 各地域別At-Large組織(RALO)がICANNと締結する覚書(MoU)の形式に関する
 ガイドライン案

[採決]全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
●2.7 ccNSO結成

[決議案]
本議事録のExhibit AにあるBylaws修正案の承認

[Andy Mueller-Maguhnからの提案]
 Annex B「13.メンバーによる投票」について。
 第1ラウンドの投票で50%が得られなかった場合に実施される第2ラウンドの投票で
 は、50%の定足数が必要とされていない。その旨の文言を加えるべき

[議論]
- 反対。たとえマイナー修正であっても、理事会でBylawsを修正することは危険
 (Hans Kraaijenbrink)
- 同意見(Amadeu Abril i Abril, Ivan Moura Campos)
- これはccTLDの少数派から示された提案。セーフガードを向上させるものであり、
 マイナーな修正ではない(Andy)
- ccNSOとERCが早く合意に達するよう、米国商務省からなんらかの圧力があったのか?
 (Karl Auerbach)
 →それはない(Pisanty)
- 今回この提案を採択しないことを提案(Vint)

 [Andy提案の採決]:賛成2(karl、Andy)、反対、棄権1 →却下

[決議案の採決]拍手をもって採択

-------------------------------------------------------------------------------
●2.8 ccNSO発足のためのグループ

[決議案]
- ccNSO支援グループのccTLDメンバー9名+6名でccNSO発足のためのグループを結成
- 発足のためのグループは、最終的にccNSOを構成することを目的とし、新たなccTLD
 メンバーを募集する権限を持つ。ccNSOは30名が参加した時点で設立される
- 発足のためのグループは、初期ccNSO Council選出のスケジュール等を作成する権限
 を持つ
他

[採決]反対1 →承認

-------------------------------------------------------------------------------
●2.9 スポンサー付きTLDの提案要請(RFP)

[決議案]
- 6/24に発表されたRFP案へのパブリックコメントを8/25まで募集
  http://www.icann.org/tlds/new-stld-rfp/new-stld-rfp-24jun03.htm
- 事務総長に対し、7/26までに新gTLD導入の長期的ポリシー策定のための詳細計画と
 スケジュールを理事会に提出するよう要請。手続きには少なくとも以下の要素を
 含む:
 (a)現在進行中の、2000年に開始された新TLDの「proof of concept」の結果検討を
   完了させる
 (b)適切なソースからの長期的ポリシーに関連する問題についての助言と分析を含む
 (c)長期的ポリシーについてのGNSOでのポリシー策定プロセス(PDP)を開始する
 (d)ICANNの諮問委員会および支持組織と協議

[採決]棄権1(Amadeu)、その他賛成 →承認

-------------------------------------------------------------------------------
●2.10 小切手署名権限および費用の支払いの承認

[決議案]
現副事務総長Louis Toutonの退任に伴い、後任の副事務総長が任命されるまでの間、
ICANN書記官代理Daniel HalloranにICANN資金の支払い権限を認め、$10,000の小切手
署名権限を与える

[採決]全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
●2.11 各種謝辞

- 会議ホスト、スポンサーその他への謝辞
- 本会議をもって退任するLouis Toutonへの謝辞
- 本会議をもって退任する理事会メンバーへの謝辞
(Amadeu Abril i Abril, Karl Auerbach, Jonathan Cohen, Francisco Jesus Silva,
  Hans Kraaijenbrink, Sang-Hyon Kyong, Andy Mueller-Maguhn, Jun Murai,
  Nii Quaynor, Helmut Schink, Linda S. Wilson)

-------------------------------------------------------------------------------
●2.12 新理事会のスタート

[決議案]
本会議終了をもって「新理事会」がスタートすることを宣言する
(#これにより、「移行期の理事会」は解散)

[採決]全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------

      

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.