メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2003年9月19日

ICANNと米国商務省がDNSの管理権限移行のための覚書を更新

 ICANNと米国商務省は、 両者の間で締結しているドメインネームシステム(DNS)の管理権限移行のための覚書が2003年9月30日をもって失効することに伴い、 同覚書を改正し、さらに3年間更新すると発表しました。

 この覚書は、 DNSの技術的管理の権限を米国政府から民間セクター(ICANN)へ移行させるために、 その方法や手順を両者が共同で策定することを目的として、 1998年11月に締結されたものです。 当初は、権限移行の目標期限を2年後の2000年9月末としていましたが、 その後数回にわたり覚書の改正・更新が行われ、 今回の改正によってさらに期限が2006年9月30日まで延長されることになりました。

 覚書には、 DNSの管理権限を移行させる上で両者が果たすべき責務や目標が規定されており、 ICANNはこの覚書に基づいてインターネットの各種資源の調整および関連ポリシーの策定といった活動を行っています。

ICANNアナウンス(2003年9月17日)

http://www.icann.org/announcements/announcement-17sep03.htm

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2022 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.