メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANN新gTLDプログラム委員会(2013年7月17日開催)決議概要

1. 政府間組織(IGO)の名称および頭字語に関する暫定保護の延長

ICANN新gTLDプログラム委員会(NGPC)は、 2013年7月2日に採択された新gTLDレジストリ契約中で示された通り、 政府間組織(IGO)の識別子に対する暫定的な保護措置を継続することを確認しました。

NGPCは、 2013年7月2日に承認された新gTLDレジストリ契約のSpecification 5に準拠して、 レジストリが暫定保護措置の導入を継続することを決定しました。 これは2013年7月2日のNGPCによる決議向けにAnnex 1として公開された「IGOリスト」に掲載された、 正確なIGO名と頭字語に関するものです。 暫定措置はICANN 48ブエノスアイレス会議後最初に開催されるNGPC会合、 もしくはNGPCがIGOに関する追加決定を行うときのいずれか早い方まで継続されます。

IGO名称と頭字語の保護に関する未解決の実装上の課題において、 議論中に生じたすべての問題を対象として、 ICANN 48ブエノスアイレス会議後最初に開催されるNGPC会合までにNGPCがGACと合意に至らない場合、 NGPCは2013年7月2日のNGPCによる決議向けにAnnex 1として公開された「IGOリスト」に掲載されたIGO名称のみをレジストリが保護することが要求されると決定することとなります。

詳しい内容は、以下の原文をご覧ください。
Approved Resolution | Meeting of the New gTLD Program Committee

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.