メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANN通常理事会(2014年9月9日開催)決議概要

1. Public Interest Registry社による.NGOおよび.ONG両TLDへのセット登録の開始申請に対するレジストリサービス技術評価パネル(RSTEP)による報告書について

理事会は、 Public Interest Registry社の提案は安定性や安全性に影響を及ぼすものではないとのRSTEPによる報告を採用しました。 これを受け、Public Interest Registry社による.NGOおよび.ONGにおけるセカンドレベルドメインの強制的なセット登録のためのレジストリサービスの導入に関するPublic Interest Registry社からの申請を承認しました。

また理事会は、事務総長またはその指名する者に対して、 技術的/実施における懸念点を網羅する、 新たなレジストリサービスの実施のための必要な修正を行うよう、 指示しました。

2. 将来的なgTLD申請ラウンドについての計画

決議は行われませんでした。

3. 2015年度運営計画および予算について

2015年度運営計画(案)および予算(案)を承認するとともに、 同計画(案)および予算(案)の実施のために、 同計画(案)予算(案)に含まれる、 レジストラに課される変動性登録維持料を、 登録数またはトランザクションに応じて設けることを承認しました。

4.ICANNの今後5年(2016年度-2020年度)の戦略計画の最終ドラフトについて

議題より削除されました。

5. 第2回At-Largeサミット(ATLASII)声明文について

理事会はロンドンにおける第2回At-Large Summit (ATLASII)の成功裏な開催を祝福するとともに、 同サミットの重要性や、 その成果が個人のインターネットユーザからのインプットとして貴重なものであることを認識するとの決議を承認しました。

また理事会は、At-Large Summitの開催、 ATLASII声明文およびATLASII実装のための尽力についてAt-Largeコミュニティを高く評価し、 ATLASII声明文に関するその後の作業の結果としてALACから理事会にもたらされるであろうインプットに期待するとの決議を承認しました。

※ この決議については、投票権をもつ理事3名が棄権しました。 ATLASIIの成果を評価しているものの、 ATLASを継続開催のイベントとするよう取り計らうことを理事会に対して奨励したいという認識について、 関心を集めたいということが棄権の理由でした。

6. その他

決議は行われませんでした。

他の決議事項を含めた詳しい内容は、以下の原文をご覧ください。
Approved Board Resolutions | Regular Meeting of the ICANN Board

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2022 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.