メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANN通常理事会(2016年3月10日開催)決議概要

  1. RSSACに対するFルートサーバー運用代表者の任命
  2. 独立監査人の指名
  3. 投資方針の最新状況
  4. WHOISにおける国際化登録データ最終報告書の今後の措置
  5. 理事会メンタープログラム
  6. IANA監督権限移管に関する2016会計年度における追加の費用および支出措置
  7. .ECOおよび.HOTELに関する独立評価宣言についての検討
  8. IANA監督権限移管調整グループ(ICG)からの提案
  9. ICANN説明責任向上に関するコミュニティ間作業部会(CCWG)からの提案

1. RSSACに対するFルートサーバー運用代表者の任命

理事会は、Fルートサーバー運用代表者として、 Brian Reid氏を2018年12月31日までの任期で任命しました。

2. 独立監査人の指名

理事会は事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 2016年6月30日に終了する会計年度の財務諸表に関する会計監査のためのBDO LLPおよびBDOメンバーファームとの契約に必要な、 すべての手続きを進めることを承認しました。

3. 投資方針の最新状況

理事会は理事会財務委員会が外部専門家に作成させた、 ICANNの投資方針の改訂を支持、承認しました。 改訂は投資方針の本質を改訂するものではありません。

4. WHOISにおける国際化登録データ最終報告書の今後の措置

理事会は国際化登録データ(IRD)最終報告書を受領し、 IRD作業部会に対し謝意を表明しました。

理事会はGNSO評議会に対し、 GNSOによるWHOIS関連の課題に関するポリシー策定作業にIRD最終報告書が及ぼす影響を評価するよう要求しました。 また少なくとも、 WHOISに代わるGNSO次世代ディレクトリサービスに関する現在進行中のPDPへのインプットとして、 IRD最終報告書を転送するよう要求しました。

理事会はまた事務総長またはその指名する者に対して、 翻訳および翻字に関するコンセンサスポリシーについての実装レビューチームと共同で、 IRD作業部会のデータモデルと要求仕様を検討するよう、指示しました。

そして適切と思われる場合には、IRDの勧告と整合性が取れており、 翻訳と翻字に関する新たなコンセンサスポリシーの実装が促進される限りにおいて、 IRD作業部会のデータモデルと要求仕様を検討および具体化するよう指示しました。

5. 理事会メンタープログラム

理事会は理事会メンタープログラムを採用するとともに、 同プログラムが理事会ガバナンス委員会による査定・評価およびレビューを受けることを承認しました。

6. IANA監督権限移管に関する2016会計年度における追加の費用および支出措置

暫定的な処置として、 最初の見積が作成されるまで予備費からの支出によりプロジェクトの費用を賄うため、 理事会は150万米ドルまでの予算枠を承認しました。

7. .ECOおよび.HOTELに関する独立評価宣言についての検討

理事会は、独立評価パネルによる以下の裁定結果を受け入れました。

  1. ICANN 対 Despegar Online SRL、Donuts Inc.、Famous Four Media Limited、Fegistry LLCおよび、Radix FZCにおいては、 ICANNを勝訴当事者とする
  2. ICANN 対 Little Birch, LLC および Minds + Machines Group LimitedにおいてはICANNを勝訴当事者とする
  3. 独立評価プロセス(IRP)におけるパネルの判断は、 理事会がICANNの定款の規定に沿って行動したか否かについてのみ、 下されるものである
  4. 理事会(理事会ガバナンス委員会を含む)は、 ICANNの定款の規定に従って行動した
  5. 訴訟費用を含む各自の費用は各自が負担するものとする
  6. IRP費用は申立者とICANNで折半とする

理事会はパネルの勧告を認識し、以下を行います。

  1. 事務総長またはその指名する者に対して、 本件でパネルにより提起された、 コミュニティ優先評価(Community Priority Evaluation, CPE)プロセスの一貫性および予想可能性に関連した課題および、 第三者である紛争処理機関による評価に関連した課題を、 新gTLDプログラム評価が確実に考慮に入れるよう、指示する
  2. 文書情報公開規程(DIDP)に基づく要求への回答について、 特に要求された文書を公開しない場合について、 スタッフが可能な限り明確かつ詳細にに説明できる状態であるよう、 ICANNスタッフに対して奨励する
  3. できる限り、 ICANN基本定款の第4条に沿ったオープンで透明なプロセスを通じて活動が確実に遂行されるようにする
  4. 事務総長またはその指名する者に対して、 .hotelの申立者からのポータルサイトの設定に関する主張の精査をできるだけ早くに完了し、 引き続き検討を行うため理事会に報告書を提出するよう、指示する

8. IANA監督権限移管調整グループ(ICG)からの提案

ICANN理事会はICGによるIANA監督権限移管提案の受領を確認するとともに、 同提案をNTIAに送付することを承認しました。

また理事会は、事務総長またはその指名する者に対し、 提案の実装計画を策定するよう指示しました。

9. ICANN説明責任向上に関するコミュニティ間作業部会(CCWG)からの提案

理事会はICANN説明責任の強化に関するコミュニティ横断作業部会(CCWG-Accountability)によるWork Stream 1報告書の受領を確認するとともに、 同報告書をICGにより作成された提案に添付してNTIAに送付することを承認しました。

理事会は事務総長またはその指名する者に対し、 NTIAがIANA機能の管理に関する提案を承認し、 IANA機能に関する契約が終了する場合に備えて報告書の実装計画を策定するよう指示しました。 また理事会は、 ICANNがIANA機能を遂行する義務がNTIAとの契約下に留まることが決定された場合に備えて、 コミュニティと協同で、 CCWG-Accountabilityの勧告の内容の把握に取り組むよう、 指示しました。

他の決議事項を含めた詳しい内容は、以下の原文をご覧ください。
Approved Board Resolutions | Regular Meeting of the ICANN Board

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.