メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANN通常理事会(2017年2月3日開催)決議概要

  1. アラビア語スクリプトでパキスタンを意味する国際化ドメイン名 ccTLD.پاکستانの委任
  2. セキュリティと安定性に関する諮問委員会(SSAC)委員の任命
  3. .XXXレジストリ契約の改定
  4. 分野別ドメイン名支持組織(GNSO)の独立の評価結果の勧告の実施
  5. 新規の評価、登録ディレクトリサービス(RDS)評価チームへの理事会からの指名について
  6. ドメイン名システムの安全性、安定性および回復性に関する2回目の評価作業への理事会メンバーの任命
  7. GNSO評議会からの要請、レジストラ間移転ポリシー Part C の遵守について
  8. GAC勧告、ハイデラバードコミュニケ(2016年11月)について
  9. 理事会の委員会の活動報告書の公開
  10. 独立監査人の任命
  11. 理事会ガバナンス委員会による、理事会説明責任メカニズム委員会立ち上げ勧告の検討

1. アラビア語スクリプトでパキスタンを意味する国際化ドメイン名 ccTLD.پاکستانの委任

PTIは、IANA機能に関する契約上の義務の履行の一環として、 国コードトップレベルドメインccTLD.پاکستانのNational Telecommunication Corporationへの委任を求める要請の評価を行いました。 関係書類は、 申請の評価にあたって適切な手続きが踏まれたことを示しています。

2. セキュリティと安定性に関する諮問委員会(SSAC)委員の任命

理事会は、SSACの委員にPaul Ebersman 氏を任命しました。 任期は、理事会による承認の時から2020年12月31日までとなります。

3. .XXXレジストリ契約の改定

.XXXレジストリ契約の改定が承認され、 事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して契約をまとめ、 締結する権限が付与されました。

4. 分野別ドメイン名支持組織(GNSO)の独立の評価結果の勧告の実施

理事会はGNSO評価作業部会の作業を認識しており、 GNSO評議会が採用した包括的な実施計画の作成に関して、 同作業部会に謝意を表明します。

理事会は、実装計画が示す取り組みを支持しますが、 Phase 2およびPhase 3については更なる詳細が求められると考えています。

理事会は、GNSOの評価実施計画を承認しました。

理事会は評価作業部会に対して、 6ヶ月ごとに組織効率化委員会(Organizational Effectiveness Committee、OEC)にアップデートを報告するよう指示しました。 年2回のアップデートには、 進捗状況と今後の実施計画に関する説明が含まれなければなりません。 また、これらのアップデートを通じてGNSO評価作業部会は、 進捗状況に関する更なる詳細情報や進捗状況を測る方法を提供しなければなりません。 なおOECは、必要と判断する場合には、 途中報告を求めることができます。

GNSO評価の実施のための予算については、 その時点で適用を受ける年次の予算編成プロセスの中で検討されるべきであることが承認されました。

5. 新規の評価、登録ディレクトリサービス(RDS)評価チームへの理事会からの指名について

理事会は、RDS評価チームに参加するメンバーとしてChris Disspainを任命しました。 また同チームに対して、委任事項と作業計画を作成し、 2017年5月15日までに承認し、理事会に提出するよう要請しました。 これは、同チームの活動対象とスケジュールがICANN付属定款の要請を満たしていることを確認するためです。

6. ドメイン名システムの安全性、安定性および回復性に関する2回目の評価作業への理事会メンバーの任命

理事会は、第2回SSR評価チームに参加するメンバーとしてKaveh Ranjbarを任命しました。 また同チームに対して、委任事項と作業計画を作成し、 2017年5月15日までに承認し、理事会に提出するよう要請しました。 これは、同チームの活動対象とスケジュールがICANN付属定款の要請を満たしていることを確認するためです。

7. GNSO評議会からの要請、レジストラ間移転ポリシー Part C の遵守について

理事会は、 レジストラ間移転ポリシーの実装上の懸念が解決するまでの間、 同ポリシーにおけるプライバシー/プロキシサービスの可否に関係する事項の実装延期を事務総長兼CEOに指示することを承認しました。

理事会は次の会議でGNSO評議会からの要請を検討し、 レジストラステークホルダーグループおよび他の関係者と共同で作業し、 レジストラ間移転ポリシー Part Cにおける実装上の懸念を考慮した代替案を評価するよう、 ICANNに求める考えです。

8. GAC勧告、ハイデラバードコミュニケ(2016年11月)について

理事会は、GACハイデラバードコミュニケ中の各項目への回答として、 『GAC勧告 -ヘルシンキコミュニケに対する作業状況とアップデート』と名付けられたスコアカードを承認しました。

9. 理事会の委員会の活動報告書の公開

理事会は、 ICANNのWebサイトの理事会の活動報告に関するページ(https://www.icann.org/resources/pages/documents-2014-03-24-en)に、 6ヶ月ごとの理事会の委員会の活動報告書を掲載することを承認しました。

10. 独立監査人の任命

理事会は事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 2017年6月30日に終了する会計年度の決算監査人をBDO LLPおよびBDOと提携する監査法人とするための契約に必要なすべての手段をとるための権限を付与しました。

11. 理事会ガバナンス委員会による、理事会説明責任メカニズム委員会立ち上げ勧告の検討

理事会は、 ICANN付属定款の第4条第4項2(e)が理事会ガバナンス委員会(BCG)に課している再検討の義務を理事会の他の委員会に移すために、 付属定款を改定するプロセスを開始することを承認しました。

理事会は事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 付属定款第4条第2項を改定し、 第4条第4項2(e)がBGCに課している再検討の義務を理事会の他の委員会に移すために、 付属定款第25.2条に基づき付属定款の改定に必要な手続きを採るよう、 指示しました。

付属定款第25.2条に基づき付属定款の改定が認められた場合には、 理事会は、理事会説明責任メカニズム委員会(Board Accountability Mechanisms Committee、BAMC)を立ち上げる予定です。

他の決議事項を含めた詳しい内容は、以下の原文をご覧ください。
Adopted Board Resolutions | Regular Meeting of the ICANN Board

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
よろしければ回答の理由をご記入ください

それ以外にも、ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2023 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.