メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANN通常理事会(2017年3月16日開催)決議概要

  1. セキュリティと安定性に関する諮問委員会(SSAC)委員の任命
  2. ルートサーバ・システム諮問委員会(RSSAC)における、Fルートサーバ代表者の任命
  3. .MOBIのためのレジストリ契約の改定
  4. GNSO評議会から事務総長およびレジストラ関係者グループへの、レジストラ間移転ポリシーPart C (IRTP-C)の代替手段の検討要請の承認
  5. 完全子会社(Public Technical Identifiers (PTI))のための、修正された権限委譲のガイドライン案の承認
  6. 組織効率化委員会(Organizational Effectiveness Committee、OEC)のチャーターの範囲を、特定の評価を監督するために拡大する件について
  7. Gulf Cooperation Council 対 ICANNの独立の審査パネルによる最終判断の検討
  8. dot Sport Limited (dSL) 対 ICANNの独立の審査パネルによる最終判断の検討
  9. ICANNコミュニティに適用されるハラスメント防止ポリシーの承認
  10. その他 gTLDにおける赤十字/赤新月の識別子の保護に関する状況について

1. セキュリティと安定性に関する諮問委員会(SSAC)委員の任命

理事会は、SSACの委員にJay Daley氏およびCristian Hesselman氏を任命しました。 任期は理事会による承認の時から2019年12月31日までとなります。

2. ルートサーバ・システム諮問委員会(RSSAC)における、Fルートサーバ代表者の任命

理事会は、Fルートサーバからの代表者に、Fred Baker氏を任命しました。 任期は、2019年12月31日までとなります。

3. .MOBIのためのレジストリ契約の改定

.MOBIのための新レジストリ契約書案が承認され、 事務総長兼CEOまたはその指名する者に、 契約書の完成と取り交わしに必要な権限が付与されました。

4. GNSO評議会から事務総長およびレジストラ関係者グループへの、レジストラ間移転ポリシーPart C (IRTP-C)の代替手段の検討要請の承認

理事会は、ICANN事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 レジストラ関係者グループおよびその他利害関係のある当事者と協同で作業し、 レジストラ間移転ポリシーPart Cに関係する実装上の懸念点について代替案を検討し、 その結果を議論の結果とともにGNSO評議会に報告するよう、 指示しました。

5. 完全子会社(Public Technical Identifiers (PTI))のための、修正された権限委譲のガイドライン案の承認

理事会は、 修正された「ICANN権限委譲に関するガイドライン」を承認しました。 このガイドラインは、 ICANN理事会およびICANN CEO間の役割および管理について、 明確な指針および解説を継続して提供するものです。

6. 組織効率化委員会(Organizational Effectiveness Committee、OEC)のチャーターの範囲を、特定の評価を監督するために拡大する件について

理事会は、監督権限を拡大させ、 特定の評価もその対象とするよう修正された組織効率化委員会のチャーターの修正案を承認しました。

7. Gulf Cooperation Council 対 ICANNの独立の審査パネルによる最終判断の検討

理事会は、独立審査パネルによる最終判断について、 さらに検討と分析の必要があると判断しました。 理事会は、ICANN事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 パネルが前提とした事実関係および結論、また、 理事会が最終判断の一部のみを受け入れ他を受け入れないことが可能かどうかについて、 更なる検討を行う、または行わせるよう、指示しました。

8. dot Sport Limited (dSL) 対 ICANNの独立の審査パネルによる最終判断の検討

理事会は、最終判断の以下の部分を受け入れることとしました、

  1. dot Sport Limited 対 ICANN独立審査パネルにおいて、dSLを勝訴当事者とする、
  2. ICANNはdSLに対して、79,211.64米ドルを、同金額がdSLによって支払済みであることを確認の上、支払うこと、
  3. 両当事者は、自らの費用を負担せよ。

また理事会は、事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 『理事会は、 IBAコンフリクト・ガイドラインが定める中立性に適う基準に基づいて新たな証拠全体を扱い、 再検討要求における結論に含まれる決定事項全般を見直すように』、 との独立の審査パネルの勧告を、 理事会がdSLの再検討要求に関する先の決定を行った時点で有効だった付属定款に従って実施するために必要なすべての手段をとるよう、 指示しました。

9. ICANNコミュニティに適用されるハラスメント防止ポリシーの承認

理事会は、 意見募集期間中に寄せられた意見を反映させたICANNコミュニティに適用されるハラスメント防止ポリシーを承認しました。

また理事会は、事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 以下のことを指示しました、

  1. コミュニティのメンバーがICANNコミュニティに適用されるハラスメント防止ポリシーに基づく苦情を申し立てる先としてオンブズマン事務所は適切か否かに関する検討を継続し、 また、今後のために必要に応じて、 ポリシーの年次の評価を行っていくこと、
  2. 申し立てがなされた場合に、 現任のオンブズマンと異なる性別の者を希望すると示された場合には、 ICANNの人事部門が申し立てをサポートできるようにすること。

10. その他 gTLDにおける赤十字/赤新月の識別子の保護に関する状況について

理事会はGNSOに対して、 GNSOのPDPマニュアルのSection 16に書かれている承認済みポリシーの修正プロセスに基づきPDP作業部会による最終報告書のSection 3.1.の勧告5を以下の通り修正することを検討するよう、 指示しました。

  1. 190の各国赤十字社の名称、 国際赤十字委員会および国際赤十字赤新月社連盟の正式名称は、 ベースとなるgTLDレジストリ契約のSpecification 5に含まれるべきであり、また、 赤十字赤新月の同義語から成る組織がセカンドレベルにおいて文字列の保護を希望する場合のための例外的な手続きが設けられるべきである、
  2. ベースとなるgTLDレジストリ契約のSpecification 5に特定の識別子を追加するにあたっては、 国際赤十字・赤新月運動によって認識されている各国組織の正式名称と完全に一致する識別子一覧(英語および、 その設立された国の公用語にて)、 赤十字国際委員会および国際赤十字赤新月社連盟の正式名称(国連の公用語6言語にて)、および、 これらの名称の一定のバリエーションが対象となるべきである、
  3. GNSO評議会は理事会からの要請を検討するにあたり、 上記の内容および、 国際赤十字・赤新月運動によって認識されている赤十字赤新月の名称すべてをgTLDにおいて制限するためのリストの作成を要請するポリシー勧告を十分に考慮するよう、要請される。

理事会は、 本件に関するGAC-GNSO間の議論の促進についてBruce Tonkin氏に謝意を表明しました。 また、GACおよびGNSOの代表者に対して、 本件の解決のために誠意をもって議論の促進にあたったことにつき、 謝意を表明しました。

他の決議事項を含めた詳しい内容は、以下の原文をご覧ください。
Adopted Board Resolutions | Regular Meeting of the ICANN Board

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.