メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANN通常理事会(2017年10月29日開催)決議概要

1. 再検討要求17-4の検討

理事会は、 理事会説明責任メカニズム委員会(BAMC)による再検討要求17-4に関する勧告の受け入れを承認しました。

2. GACに対するAmazonの申請に関する新たな、または追加情報の要請について

理事会はGACに対して、(i)Amazonの申請を進めるべきではないとのGAC勧告に関して、 同勧告が「実体に立脚した公共政策上の理由」があることを示す情報をGACは保有しているか否か、 また、(ii)他にAmazonの申請を進めるべきではないことを示す追加の情報を保有しているか否かを確認します。

また理事会はGACに対して、GACが新たな情報を持っている場合は、 理事会が適切な判断を行うことができるよう、 2018年3月10日-15日に開催される予定となっている第61回ICANN会議の終了時までに提出するよう、 求めます。

3. Thick WHOIS移転ポリシーの適用を180日間遅らせることを求める要請について

Thick WHOISに関するコンセンサスポリシーの実装にあたり、 適用を受けるレジストリ-レジストラ間の契約への必要な改定についてレジストラとVerisignが合意に達するまでに追加の時間が必要であること、 また、レジストラがthinからthickへの移行を実施するために求められるシステムの変更や、 GDPRの遵守のために追加の変更が求められる場合はそうした変更に要する時間の確保のため、 理事会は事務局長兼CEOまたはその指名する者に対して、 Thick WHOISに関するコンセンサスポリシーの施行を180日遅らせることについて権限を付与しました。

4. IDN ccTLDのファストトラックプロセスにおける類似性の評価

理事会はccNSO/GAC/SSACに対して、 文字列の類似性に関する評価作業への協力および、 「拡張プロセス類似性評価パネル(EPSRP)に関するccNSOとSSACによる共同回答」の作成について、 謝意を表明しました。

理事会は、ccNSOとSSACによる共同回答が提案するIDN ccTLDのためのファストトラックプロセス最終実装計画への改訂案を承認しました。 事務総長兼CEOまたはその指名する者は、 2009年10月30日に理事会が承認し(2013年11月5日に改訂された)実装計画に今回の改訂を反映させ、 現実に可能な限り早く改訂を実装するよう、指示されました。

他の決議事項を含めた詳しい内容は、以下の原文をご覧ください。
Adopted Board Resolutions | Regular Meeting of the ICANN Board

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。