メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANN臨時理事会(2018年7月18日開催)決議概要

  1. 理事会行動規範(Code of Conduct)、理事会ガバナンスガイドラインおよび、利害相反ポリシーの改定
  2. 理事会メンバー誠実性調査プロセスに関する次のステップ
  3. DotMusic Limitedによる再検討要求18-1の検討
  4. dotgay LLCによる再検討要求18-2の検討
  5. Astutium Ltd.による再検討要求18-3の検討
  6. dotgay LLCによる再検討要求18-4の検討
  7. DotMusic Limitedによる再検討要求18-5の検討
  8. Travel Reservations SRL/Minds + Machines Group Limited/Radix FZC/dot HotelInc./Fegistry LLCによる、再検討要求18-6の検討
  9. 事務総長兼CEOへの2018年度下半期分の成功報酬と2019年度の目標
  10. 事務総長兼CEOとの業務執行契約の1年延長
  11. 幹部職員への成功報酬
  12. オンブズマンに対する2018年度の成功報酬
  13. オンブズマン契約の延長

1. 理事会行動規範(Code of Conduct)、理事会ガバナンスガイドラインおよび、利害相反ポリシーの改定

理事会は、改定された理事会行動規範(Code of Conduct)、 理事会ガバナンスガイドラインおよび、利害相反ポリシーを承認しました。

2. 理事会メンバー誠実性調査プロセスに関する次のステップ

理事会は理事会メンバーを選出するグループで指名委員会と同様のデューディリジェンスの調査プロセスを現時点で持たないすべてのグループに対して、 調査プロセスを採用するよう、強く奨励します。 また理事会は、 提案の調査プロセスを経ずに理事会メンバー就任に向けて選ばれた者はすべて、 理事会メンバー選出グループによって選出結果が発表された際にICANN事務局による調査プロセスを必ず経るようにします。

3. DotMusic Limitedによる再検討要求18-1の検討

理事会は、 再検討要求18-1に関する理事会説明責任メカニズム委員会(BAMC)からの勧告の受け入れを承認しました。 同勧告は、再検討要求を根拠付ける何らの主張も証拠も確認できず、 再検討の必要性を確認できないと結論付けていました。

4. dotgay LLCによる再検討要求18-2の検討

理事会は、 再検討要求18-2に関する理事会説明責任メカニズム委員会(BAMC)からの勧告の受け入れを承認しました。 同勧告は、再検討要求を根拠付ける何らの主張も証拠も確認できず、 再検討の必要性を確認できないと結論付けていました。

5. Astutium Ltd.による再検討要求18-3の検討

理事会は、 再検討要求18-3に関する理事会説明責任メカニズム委員会(BAMC)からの勧告の受け入れを承認しました。 同勧告は、再検討要求を根拠付ける何らの主張も証拠も確認できず、 再検討の必要性を確認できないと結論付けていました。

6. dotgay LLCによる再検討要求18-4の検討

理事会は、 再検討要求18-4に関する理事会説明責任メカニズム委員会(BAMC)からの勧告の受け入れを承認しました。 同勧告は、再検討要求を根拠付ける何らの主張も証拠も確認できず、 再検討の必要性を確認できないと結論付けていました。

7. DotMusic Limitedによる再検討要求18-5の検討

理事会は、 再検討要求18-5に関する理事会説明責任メカニズム委員会(BAMC)からの勧告の受け入れを承認しました。 同勧告は、再検討要求を根拠付ける何らの主張も証拠も確認できず、 再検討の必要性を確認できないと結論付けていました。

8. Travel Reservations SRL/Minds + Machines Group Limited/Radix FZC/dot HotelInc./Fegistry LLCによる、再検討要求18-6の検討

理事会は、 再検討要求18-6に関する理事会説明責任メカニズム委員会(BAMC)からの勧告の受け入れを承認しました。 同勧告は、再検討要求を根拠付ける何らの主張も証拠も確認できず、 再検討の必要性を確認できないと結論付けていました。

9. 事務総長兼CEOへの2018年度下半期分の成功報酬と2019年度の目標

理事会は事務総長兼CEOに対する2018年度下半期分の成功報酬の支払いを承認しました。

また理事会は事務総長兼CEOについて、2019年度成功報酬に関する目標を承認しました。

10. 事務総長兼CEOとの業務執行契約の1年延長

理事会は、事務総長兼CEOとの間の業務執行契約の契約期間の1年延長を承認しました。 これによって、契約期間は2022年5月23日までとなります。

また理事会は、この決議によって承認された内容に従い、 顧問弁護士兼書記に対して事務総長兼CEOとの業務執行契約を修正する権限を付与しました。

11. 幹部職員への成功報酬

理事会は、事務総長兼CEOに対して2018年7月1日付で、 (i) Akram Atallah (GDD/代表)、(ii) John Jeffrey(法律顧問兼書記)、 (iii) David Olive (Senior Vice President/Policy Development Support)、 (iv) Susanna Bennett (Senior Vice President兼COO)、 (v) Ashwin Rangan(技術担当Senior Vice President兼CIO)の2019年度の報酬額を調整する権限を付与しました。 これは類似の報酬に関する独立の調査結果に従うものであり、 同調査結果はこれらの者について、 その年間の基本給与は現行のレートの1.8%を超えて増額してはならないとしていました。

理事会は、事務総長兼CEOに対して2018年7月1日付で、 SVP兼CFOであるXavier Calvezの2019年度の報酬額を調整する権限を付与しました。 これは類似の報酬に関する独立の調査結果に従うものであり、 同調査結果はXavierCalvezについて、 その年間の基本給与は現行のレートの4.79%を超えて増額してはならないとしていました。

12. オンブズマンに対する2018年度の成功報酬

理事会は、オンブズマンに対する2018年度分の成功報酬の支払いを承認しました。

13. オンブズマン契約の延長

理事会はHerb Wayeとの間のICANNオンブズマンに従事することに関する契約を2018年7月1日から2020年6月30日までの2年間、または、 理事会が次のオンブズマンを選ぶ日のどちらか早く到来する日まで延長することを承認しました。

理事会は事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 オンブズマンとの契約の延長の実施に必要な手段をすべてとるよう、指示しました。

理事会は事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 オンブズマンに関するコミュニティによる評価作業と理事会による勧告の受入承認の後、 次のオンブズマンの人選をできる限り速やかに開始するよう、指示しました。

他の決議事項を含めた詳しい内容は、以下の原文をご覧ください。
Approved Board Resolutions | Special Meeting of the ICANN Board

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ