メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANN臨時理事会(2018年8月21日開催)決議概要

1. gTLD登録データのための暫定仕様書の再承認

理事会は、 レジストリ契約およびレジストラ認定契約が定める暫定のポリシー策定に関する手続きに従い、 gTLD登録データのための暫定仕様書を再承認しました。 再承認にあたって、理事会は以下の判断を行いました、

  1. 登録データ中における個人情報の処理に関する既存の要件を暫定仕様によって修正することは引き続き正当であると理由付けられること。また、レジストラサービス/レジストリサービス/DNS/インターネットにおける安定性または安全性の維持のために直ちに一時的に暫定仕様を設けることが引き続き必要であること。
  2. 暫定仕様はレジストラサービス/レジストリサービス/DNS/インターネットの安定性および安全性維持の目的のため、可能な限り最小限のものに限るよう作られていること。
  3. 暫定仕様書は更に90日間効力を持つこと。

理事会は、gTLD登録データのための暫定仕様書の採用に関する声明を再承認しました。 この声明は、暫定仕様書を採用する理由および、 暫定仕様書がインターネットの利害関係者からコンセンサスに基づく支持を得る必要がある理由について、 詳細に説明しています。

他の決議事項を含めた詳しい内容は、以下の原文をご覧ください。
Approved Board Resolutions | Special Meeting of the ICANN Board

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ