メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANN通常理事会(2018年10月25日開催)決議概要

  1. セキュリティと安定性に関する諮問委員会(SSAC)委員の任命
  2. ルートサーバ・システム諮問委員会(RSSAC)の委員の任命
  3. ルートサーバ・システム諮問委員会(RSSAC)の共同議長の任命
  4. Thick WHOISのためのコンセンサスポリシー実装への移行の延期
  5. 50万米ドルを超える弁護士事務所からの請求の支払い
  6. 理事会から説明責任および透明性に関する3回目の評価(ATRT3)に参加するメンバーの任命
  7. 地理的名称の評価作業部会による最終報告書
  8. 運用資金から積立金への資金の移動
  9. .AMAZONの新gTLD申請
  10. 独立評価の手続きのための暫定の補則
  11. 積立金増額戦略

1. セキュリティと安定性に関する諮問委員会(SSAC)委員の任命

理事会はSSACからの推薦を承認し、 以下のSSACメンバーを2019年1月1日からから2021年12月31日までの3年の任期で任命しました。

  • Jaap Akkerhuis氏
  • Patrik Fältström氏
  • Ondrej Filip氏
  • Jim Galvin氏
  • Robert Guerra氏
  • Julie Hammer氏
  • Ram Mohan氏
  • Doron Shikmoni氏
  • Suzanne Woolf氏

2. ルートサーバ・システム諮問委員会(RSSAC)の委員の任命

理事会はRSSACからの推薦を承認し、 以下のRSSACメンバーを2019年12月31日までの任期で任命しました。

  • Keith Bluestein氏
  • Karl Reuss氏

また、以下のRSSACメンバーを2021年12月31日までの任期で任命しました。

  • Fred Baker氏
  • Matt Larson氏
  • Lars-Johan Liman氏
  • Brad Verd氏

3. ルートサーバ・システム諮問委員会(RSSAC)の共同議長の任命

理事会はRSSACからの推薦を承認し、RSSACの共同議長にFred Bakerを任命しました。

4. Thick WHOISのためのコンセンサスポリシー実装への移行の延期

理事会はレジストラとVerisignがポリシー実装のための契約修正について合意に至るためにさらに時間の猶予が必要であることを認め、 Thick WHOISのためのコンセンサスポリシー実装への移行について、 .COMおよび.NETにおける登録者からのThickな情報の収集については2019年5月31日まで、 レジストリによるすべての新規ドメイン名登録におけるThickな情報の収集については2019年11月30日まで、 既存のドメイン名のThinからThickへの移行については2020年5月31日まで延期する権限を事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して付与しました。

5. 50万米ドルを超える弁護士事務所からの請求の支払い

理事会は事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 外部の弁護士からの2018年7月の請求について、 ICANNの契約および支払いに関するポリシーにより理事会の承認が必要となる50万米ドルを越えた分について承認し、 支払いを行うよう指示しました。

6. 理事会から説明責任および透明性に関する3回目の評価(ATRT3)に参加するメンバーの任命

理事会は、Maarten BottermanをATRT3のメンバーに任命します。

理事会はATRT3に対して、 その最初の会議の招集日から60日以内に委任事項と作業計画を採択すること、また、 ATRT3の活動目的とスケジュールがICANN付属定款の規定やICANNコミュニティの要請にかなうものであることの確認のため、 それらを理事会と支持組織および諮問委員会に提出するよう求めました。

7. 地理的名称の評価作業部会による最終報告書

ICANN理事会は作業部会からの勧告で、 付属する"Recommendations Mapping Document" (勧告、意見募集結果、 作業部会が理事会に求める行動をまとめた文書)と一貫する勧告を承認するとともに、 これらの勧告をmapping documentに記載された理事会への要請に沿う方法で実装するよう、 ICANN事務局に指示しました。

8. 運用資金から積立金への資金の移動

理事会は事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 300万米ドルを運用資金から積立金へと移す権限を付与しました。

9. .AMAZONの新gTLD申請

理事会は、事務局長兼CEOまたはその指名する者に対して、 2012年の新gTLDプログラムに基づく.AMAZONの申請について手続きの中断状態を終了し、 2012年の新gTLDプログラムにおけるポリシーおよび手続きに従い申請手続きを再開するよう、 指示しました。 指示には、Amazon Corporationが新gTLDプログラムの手続きに基づき提示した公益のための約束事項(Public Interest Commitments)の公開も含まれています。

理事会は事務局長兼CEOまたはその指名する者に対して、 .AMAZONの申請について定期的に報告するよう、指示しました。

10. 独立評価の手続きのための暫定の補則

理事会は、独立評価プロセスのための暫定の補則手続きを承認しました。

また理事会は、 独立評価プロセス実装管理チーム(Independent Review Process Implementation Oversight Team、IRP-IOT)によるこれまでの作業に謝意を表明し、 さらにIRP IOTに対して可能な限り早期に補則の改定版を提出するよう、求めました。

11. 積立金増額戦略

理事会は事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 2019会計年度から開始して7年ないし8年以内にICANNの運用資金からの毎年の支出によって積立金を合計3200万米ドルへと増額させるために必要なすべての手段をとるよう、 指示しました。

また理事会は事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 オークション収入のうち3600万米ドルを可能な限り早期に積立金に割り当てるために必要なすべての手段をとるよう、 指示しました。

他の決議事項を含めた詳しい内容は、以下の原文をご覧ください。
Approved Board Resolutions | Regular Meeting of the ICANN Board

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.