メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANN通常理事会(2019年11月7日開催)決議概要

  1. 20221年3月のICANN会議開催地に関する契約について
  2. ZensarとのIT関連の契約について
  3. Infovityとの契約について
  4. ICANN Managed Root Server (IMRS)クラスターについて
  5. 純資産余剰分を通常運営資金から予備資金に振り替えることについて
  6. 投資方針のアップデート
  7. 説明責任・透明性評価チームの理事会メンバー任命について
  8. Thick WHOISコンセンサスポリシー強制実施の延期について
  9. DNSのセキュリティ、安定性、回復力に関する2回目の評価(SSR2)プロジェクトへの追加追加拠出について
  10. アドレス支援組織(ASO)に関する覚書の変更について
  11. 第3回At-Large Summitについて
  12. セキュリティと安定性に関する諮問委員会(SSAC)メンバー再任について
  13. 国コードトップレベルドメイン.TZの移管について
  14. 指名委員会(NomCom)の詳細実装計画に対する独立評価について
  15. CCWG-Accountability Work Stream 2 (WS2)最終報告書について
  16. ルートサーバーシステムガバナンス作業部会の発足について

1. 20221年3月のICANN会議開催地に関する契約について

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#1.b

理事会は、事務総長またはその指名する者に対して、 2022年3月のプエルトリコ、 サンファンでの公開会議の開催予定地および宿泊施設のために必要なすべての契約と支払いを行うよう、 ただし、支払額の合計は[交渉事項に該当するため金額は非開示]を超えないよう、 指示しました。

2. ZensarとのIT関連の契約について

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#1.c

理事会は、事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 Zensarとの期間24ヶ月のIT関連契約を更新し、 契約に伴う支払いを行うための権限を付与しました。

3. Infovityとの契約について

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#1.d

理事会は、事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 ERPソリューションベンダーのInfovityとの契約の更新に必要なすべての手段を採り、 契約に伴う支払いを行うための権限を付与しました。

4. ICANN Managed Root Server (IMRS)クラスターについて

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#1.e

理事会は、事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 ICANN Managed Root Server (IMRS)のクラスタ-をシンガポールに設置する契約の締結に必要なすべての手段を採り、 契約に伴う支払いを行うための権限を付与しました。

5. 純資産余剰分を通常運営資金から予備資金に振り替えることについて

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#1.f

理事会は、事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 純資産余剰分300万ドルを通常運営資金から予備資金に振り替えるように指示しました。

6. 投資方針のアップデート

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#1.g

理事会は、投資方針の改定案を承認しました。

7. 説明責任・透明性評価チームの理事会メンバー任命について

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#1.h

理事会は、第3次説明責任・透明性評価チーム(Accountability and Transparency Review Team、ATRT3)の理事会メンバーとして、 Leon Sanchez氏を任命しました。

8. Thick WHOISコンセンサスポリシー強制実施の延期について

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#1.i

理事会は、事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 一定の条件が満たされるまでThick WHOISコンセンサスポリシーの強制実施を延期する権限を付与しました。

9. DNSのセキュリティ、安定性、回復力に関する2回目の評価(SSR2)プロジェクトへの追加追加拠出について

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#1.j

理事会は、DNSのセキュリティ、安定性、回復力に関する2回目の評価(second Security, Stability, and Resiliency Review, SSR2)プロジェクトへ25万ドルの追加拠出を承認し、 事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 プロジェクト完遂のために必要とされる支援を提供するように指示しました。

10. アドレス支援組織(ASO)に関する覚書の変更について

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#1.k

理事会は、事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 アドレス支援組織(ASO)に関する覚書の変更について番号資源組織(NRO)と協議を開始するように指示しました。

理事会は、事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 組織評価の結果を反映した附属定款の変更案についてASOと調整するように指示しました。

11. 第3回At-Large Summitについて

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#1.l

理事会は、 第66回ICANN会議会期中に開催された第3回At-Large Summitとその成果について、 惜しみない賛辞を表明することを承認しました。

12. セキュリティと安定性に関する諮問委員会(SSAC)メンバー再任について

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#1.m

理事会は、セキュリティと安定性に関する諮問委員会(SSAC)からの推薦を受容し、 委員会メンバーとして次の11名を再任することを承認しました。 なお任期は、2020年1月1日から2022年12月31日にまでの3年間となります。
Joe Abley, Jeff Bedser, Ben Butler, Paul Ebersman, Cristian Hesselman, Merike Kao, Warren Kumari, Jacques Latour, John Levine, Danny McPherson, Tara Whalen.

13. 国コードトップレベルドメイン.TZの移管について

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#2.a

ICANNとの間のIANA名前機能に関する契約に基づく責務の履行の一環としてIANAは、 タンザニアの国コードトップレベルドメインである.TZのTanzania Communications Regulatory Authorityへの委任申請を検討しました。 関係書類は申請の評価にあたって適切な手続きが取られたことを示しています。

14. 指名委員会(NomCom)の詳細実装計画に対する独立評価について

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#2.b

理事会は、実装の方向性を含む指名委員会(NomCom)の詳細実装計画を承認しました。

理事会は、 指名委員会評価実装作業部会(NomCom Review Implementation Working Group)に対して、詳細実装計画に従い実装に着手し、 6ヶ月毎に進捗状況を文書にて組織効率化委員会(Organizational Effectiveness Committee of the ICANN Board、OEC)に報告するよう指示しました。

なお、実装計画で提示された予算に関しては、 適切な年次の予算の一部として考慮されることとなります。

15. CCWG-Accountability Work Stream 2 (WS2)最終報告書について

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#2.c

理事会は、説明責任に関するコミュニティ横断作業部会(CCWG-Accountability) Work Stream 2 (WS2)最終報告書の各コンセンサス勧告を承認しました。

理事会は、事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 WS2勧告の実装手続きを進めるよう指示しました。 最終報告書の勧告の中で予算措置待たずに実行可能なものに関しては、 直ちに着手するように指示しました。

16. ルートサーバーシステムガバナンス作業部会の発足について

https://www.icann.org/resources/board-material/resolutions-2019-11-07-en#2.d

理事会は、事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、 ルートサーバーシステムガバナンス作業部会(GWG)の最終報告書、運営手順、 作業計画を公開し、CWGを招集するよう指示しました。

他の決議事項を含めた詳しい内容は、以下の原文をご覧ください。
Approved Board Resolutions | Regular Meeting of the ICANN Board

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.