メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANN通常理事会(2020年10月22日開催)決議概要

1. 幹部職員の成功報酬

理事会は報酬制度に関する独立の調査結果に従い、 事務総長兼CEOに対して以下の通り幹部職員の成功報酬額を2020年7月1日付で増額させる裁量を事務総長兼CEOに認めました。 (i) Ashwin Rangan (技術担当 SVP兼 最高情報責任者)および(ii) David Olive (ポリシー策定支援担当SVP)について、 2021年度から現行の3%を上限として増額。

2. 実施見合わせとなっていた、競争、消費者からの信頼、消費者の選択に関する評価チーム(Competition, Consumer Trust, and Consumer Choice Review Team、CCT-RT)による勧告について

理事会は、競争、消費者からの信頼、 消費者の選択に関する評価チーム(Competition, Consumer Trust, and Consumer Choice Review Team、CCT-RT)による勧告に関するスコアカード(2020年10月付スコアカード)で特定されていた11の勧告への対応の実施を承認しました。 理事会はまた、 同スコアカードがICANN事務局に指示する内容を実施する権限をICANN事務局長兼CEOに付与しました。

理事会は、 実施見合せの状態にある残りの六つの勧告に関する未解決の事項について、 理事会が措置をとる準備を行えるよう、 できるだけ早い完了を事務局長兼CEOに指示をしました。 同時に事務局長兼CEOに対して、 CCTに関する理事会幹事グループ(CCT Board Caucus Group)を通じて理事会に定期的に状況報告を行うよう、指示しました。

本日理事会が承認した11の勧告については、 理事会は事務局長兼CEOまたはその指名する者に対して、実装計画を立て、 CCTに関する理事会幹事グループを通じて定期的な状況報告を行うよう、指示しました。 実装の作業は既存の作業計画に組み込めるものはできるだけ早くに開始するべきであると考えます。 実装にかなりのリソースや計画を必要とするものについては将来的な運用計画および予算プロセスに組み込まれ、 計画される作業は必要に応じてコミュニティによる検討と優先順位付けが適切に行われるべきであると考えます。

3. ドメイン名システムのセカンドレベルにおける政府間国際機関(IGO)および赤十字の略称の保護について

理事会は、第三者がGAC作成の略称の 一覧 に掲載されているIGOの略称と一致する名称をドメイン名のセカンドレベルに登録しようとする場合の通知システムに関して、 GAC勧告と相容れない決定を行う可能性があると判断し、 そのような場合に求められる理事会-GAC間の協議プ ロセスを開始することを決定しました。 理事会は、付属定款が定める協議プロセスの定めに基づき、 協議開始にあたりGACに書面による通知を発送します。

理事会はGNSOの2013年の全gTLDにおけるIGO-INGOの保護に関するPDPによる残りの勧告および、 GNSOの2019年のIGO-INGOの権利保護に関するPDPによる勧告でGNSO評議会で承認され理事会に送られた四つの勧告について、 現時点では判断を留保することとしました。

決議事項の詳しい内容は、以下の原文をご覧ください。
Approved Board Resolutions | Regular Meeting of the ICANN Board

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.