メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

Mozilla国際化ドメイン名対応

スクリーンショット
RedHatLinux7.3JでMozilla 1.0にmozilla-1.0-mdnkit-2.4.diffをあてて動かしているところ。
screenshot
パッチファイル
mozilla-1.0-mdnkit-2.4.diff
このパッチは、mDNkit-2.4を使ってMozilla-1.0を国際化ドメイン名に対応させるためのパッチファイルです。
Mozilla-0.9.8用国際化ドメイン名対応パッチ
対応OS
RedHatLinux 7.3J
FreeBSD 4.6
ビルド方法
以下は、RedHatLinux 7.3Jでのビルド方法について記述されています。そのほかのOSでビルドを行う場合は、それぞれの環境に適宜読み替えてください。
  1. www.mozilla.orgからソースを取得する。ソースの取得方法は、以下を参照のこと。
    http://www.mozilla.org/source.html
  2. mDNkit-2.4をインストールする。インストール方法は、以下を参照のこと。
    http://www.nic.ad.jp/ja/idn/mdnkit/download/documents/mdnkit-2.4-doc/ja/guide/install.html
  3. パッチをあてる。
    % cd /mozillaソースのトップディレクトリ
    % patch -p0 < mozilla-1.0-mdnkit-2.4.diff
  4. configureを実行する。mDNkitが/usr/local以下にインストールされた場合は、次のconfigureスクリプトを実行すればよい。
    % ./configure --with-mdnkit
  5. GNU makeを実行する。
    % make
  6. 生成したMozillaを実行する。
    % cd /mozillaソースのトップディレクトリ/dist/bin
    % ./mozilla &

idn-cmt@nic.ad.jp

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.