メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲          ◆ JPNIC News & Views vol.482【定期号】2007.9.18 ◆
  _/NIC
===================================
-------- PR ----------------------------------------------------------
◆あなたのブログでも、わかりやすい日本語ドメイン名を使ってみませんか?

 JPRSと指定事業者9社が協力して、日本語JPドメイン名の登録促進
 キャンペーン<http://使おう.jp/>を好評実施中!!
                               株式会社日本レジストリサービス(JPRS) ◆
----------------------------------------------------------------------
---------- PR --------------------------------------------------------
■□━━━━━━■□ AT&Tジャパン株式会社 ■□━━━━━━━■□
10月31日(水) 「AT&Tネットワーク・サミット2007」開催決定!
【ビジネス変革へのゼロベース・アプローチ-新時代を導く企業価値の創造】
IT部門必見です! 参加費無料・登録受付中↓
■□━━━━━━■□ 詳細・申し込み>> http://www.jp.att.com/summit/
----------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.482 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第24回APNICオープンポリシーが、2007年9月初頭にインドのニューデリーにて
開催されました。本号では、恒例となりましたAPNICオープンポリシーミー
ティングのレポートをお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 1 】特集 「第24回APNICオープンポリシーミーティングレポート」
【 2 】News & Views Column
       「インターネットの階層化と国際外交」
        サイバー大学IT総合学部教授/JPNIC理事  小西和憲氏
【 3 】インターネット用語1分解説
       「IPv6/IPv4トランスレータとは」
【 4 】統計資料
         1. JPドメイン名
         2. IPアドレス
         3. 会員数
         4. 指定事業者数
【 5 】イベントカレンダー


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】特集 「第24回APNICオープンポリシーミーティングレポート」
                                                JPNIC IP事業部  奥谷泉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■全体概要

2007年9月3日(月)~9月7日(金)に開催された、第24回APNICオープンポリシー
ミーティングは、インド・ニューデリーがホスト地でした。5分以上も歩くと
汗が流れ出るような気候でしたが、オールドデリーにあるモスクの周り等、芝
生が広がっている場所もいくつかあり、木陰で涼んでいる家族やカップルをち
らほらと見かけました。

今回は南アジアで活動するネットワークオペレーターのグループである、
SANOGとのコラボレーションということもあり、地元のインドや周辺国からの
参加者が多いことを期待していましたが、普段より若干多い程度であったこと
は少し意外でした。しかし、この時期の単独ミーティングには通常参加しな
い、ヨーロッパで活動するオペレーターの方も数名参加していたようです。結
果として、合計31の経済圏から265名の参加があったと報告されています。

プログラム面では、チュートリアル、BoF、APNIC総会については従来と変わり
ませんでしたが、1年前に単独開催した時からの試みとして、APOPS、SANOG
Plenary等、従来よりも技術的な内容にフォーカスしたセッションの割合が増
えていたことが印象的です。SIGも、このミーティングではポリシーSIGとNIR
SIGのみに絞り、その他の技術的なテーマを扱うSIGは、APOPSやSANOGセッショ
ンに吸収する形をとっていました。

このミーティングで議題として注目されていたものは、APNICにおける料金改
定と、IPv4アドレスの在庫枯渇に関する提案の2トピックです。また、前回の
ミーティングから、各SIGセッションを担当するSIG Chair/Co-Chairの任期を
2年とし、選挙方式にすることが決定され、今回もポリシーSIG、IPv6テクニカ
ルSIG、NIR SIGのChair/Co-Chairについて選挙が行われました。

■SIG Chair/Co-Chairの選挙

今回はポリシーSIG Co-Chair2名、IPv6テクニカルSIG Chair1名、NIR SIG
Chair1名のポジションが改選対象となり、以下の結果となりました。

  ポリシーSIG  Co-Chair    : Randy Bush
                             Jian Zhang
  IPv6テクニカルSIG  Chair :松崎吉伸
  NIR SIG  Chair           :奥谷泉 (筆者・再選)

なお、このたび改選対象ではなかったChair/Co-Chairのポジションについて
は、引き続き現在のChair/Co-Chairが継続してその任にあたります。

■APNICの料金改定

今年(2007年1月~12月)のAPNICの決算収支は、7%赤字となることが予測されて
おり、来年以降の赤字を防ぐ暫定処置として、以下二つの変更を行う提案が行
われました。

  ・会費の徴収通貨をUSドルからAUドルに変更する
  ・会費を一律7%増額する

収支の赤字は、固定費の増加と、収入源であるUSドルと支出通貨であるAUドル
の、為替レートの差分による損失が原因とされているためです。

また、並行して、長期的な料金改定についても、今後1、2年を目処に検討を進
めることも説明されました。

しかし、結果としては投票した会員の過半数の支持は得られず、否決となりま
した。

■ポリシー提案の結果

[全体]
今回最も議論が集中したのは、IPv4アドレスの在庫枯渇に関する提案3点で
す。

このミーティングで予定されていた提案事項は8点でしたが、うち4点が提案者
の意向等により取り下げとなり、セッションの2/3以上の時間は、IPv4アドレ
スの在庫枯渇に関する、以下の提案に費やされました。

  prop-046: JPNICからのIPv4アドレスの在庫枯渇に向けた提案
  prop-051: LACNICからのIPv4アドレスの在庫枯渇に向けた提案
  prop-050: APNIC地域において、割り当て済みIPv4アドレスの移管を認める
            提案

 (*)prop-046、prop-051はいずれもIANAからRIRへの分配方法を定義したもの

しかし、テーマが大きいこともあり、いずれの提案についても今回は結論が出
ず、継続議論という結果となっています。

[枯渇に関する提案]
まず、IANAからRIRへのIPv4アドレスの分配方法を定義したJPNICからの提案
は、趣旨は異なるものの、同じくIANAプールの分配方法について定義してい
る、LACNICからの提案とあわせて議論が行われました。

JPNICからの提案は、IANAのIPv4アドレスプールが5×/8を切った時点で、各
RIR(合計5RIR)に1×/8を分配するとしたものです。一方、LACNICからの提案
では、RIRへの分配サイズがより大きく、2×/8を分配することを提案してい
ます。

RIRへの分配サイズの予測しやすさにつながることを目的としたJPNICからの提
案は、趣旨について一部の参加者からは支持が得られたものの、「用途が明確
ではないのに分配だけ決めるのは合理的ではない」として、反対意見もそれな
りにあり、コンセンサスと判断されるまでには至りませんでした。あわせて提
案が行われた、LACNICからの発表も同じ結果です。

これを受け、APNICプールの最後アドレスブロックの用途についても、次回の
ミーティングまでに国内での議論も調整の上、より具体的な提案を行う予定で
す。

もう1点の、割り当て済みアドレスの移管を認める提案については、移管を認
めることに対する強い反対意見は見受けられませんでした。一方、歴史的PIを
含めていないこと、対象をアジア太平洋地域に限定していること、また、ポリ
シーの原則を変更することになることから、慎重な検討を支持する意見が強
く、継続議論となりました。

JPNICとしても、移管については、歴史的PIへの影響、市場取り引きがどのよ
うな形で行われる可能性があるのか等、次回のAPNICミーティングまでに、国
内からのご意見も考慮した上で、十分な検討が必要であると考えています。

[その他の提案]
その他の提案として、IANAからRIRへのAS分配ポリシーについては、実運用の
明文化であり実質的な影響はないことから、参加者から異論なくコンセンサス
(賛同)が得られました。その他RIRでもコンセンサスが得られ、ICANNで承認さ
れた時点で、グローバルポリシーとして施行される予定です。

また、取り下げられた4点の提案のうち、IPv6初回割り振り基準の変更につい
ては、2年以内に「200」の顧客への割り当てという数的要件が、一部国内の事
業者から「障壁となっている」との意見も寄せられているため、今後提案自体
が撤回される場合には、JPからの提案の可能性も含めて、あらためて対応を検
討する必要があると考えています。

■次回のミーティング

次回のAPNICミーティングは、APRICOT2008のプログラムとして、2008年2月25
日~29日にかけて、台湾・台北で行われる予定です。

■参考情報

  24th APNIC Open Policy Meeting
  http://www.apnic.net/meetings/24/

  prop-046: JPNICからのIPv4アドレスの在庫枯渇に向けた提案
  http://www.apnic.net/docs/policy/proposals/prop-046-v002.html

  prop-051: LACNICからのIPv4アドレスの在庫枯渇に向けた提案
  http://www.apnic.net/docs/policy/proposals/prop-051-v001.html

  prop-050: APNIC地域において割り当て済みIPv4アドレスの移管を認める
            提案
  http://www.apnic.net/docs/policy/proposals/prop-050-v001.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】News & Views Column
       「インターネットの階層化と国際外交」
                       サイバー大学IT総合学部教授/JPNIC理事  小西和憲
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

専門家を育成し仕事を分業する「社会」を構成することで、豊かな生活を楽し
むことが可能となりました。しかし、大規模化された社会を円滑に運用するた
めには「階層化」が重要となります。インターネットにおいても、ドットで連
結する「階層的なドメイン名」を導入することで、世界中からホストを特定で
きるようになりました。経路制御においても、「AS番号」を導入することで、
ISPのポリシーを反映したネットワーク運用が容易となりました。最近の話題
として、経路数の抑制や実質的なIPアドレス空間の拡大を目的として、ISPに
対応する位置識別子とホストに対応する個体識別子を分離・階層化して管理す
る経路制御プロトコル「LISP」が注目されています。

一方、階層化に伴い、そのグループ内の「上下関係」と、それぞれのグループ
の代表者による「外交」を上手に規定・運用することが重要となります。わが
国の国際外交については、自信のなさそうな、能面のような表情をした役人の
姿をテレビで見かけますが、これは十分な「権限」を委譲されないまま、国際
外交の場に登場させられているからなのでしょうか。しかし、JPNICについて
は、国際会議において、我々の代表として自信に満ち、多数派を構成・リード
できる姿を期待しています。

■ 著者略歴

小西和憲

JUNETの国際接続を1985年から10年間担当した後、科学技術庁のIMnet国際接続
を運用管理、この間、アジアの研究インターネットを取りまとめるAPANを組織
化、APAN-JPの事務局長、APAN NOCディレクタを務めている。2007年4月からは
サイバー大学に勤務。JPNIC理事。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】インターネット用語1分解説
         「IPv6/IPv4トランスレータとは」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IPv6/IPv4トランスレータ(以下、トランスレータ)とは、IPv4ネットワークと
IPv6ネットワーク間の通信において利用される仕組みです。

IPv6とIPv4では、プロトコルスタックの仕様が異なっているため直接通信がで
きませんが、プロトコルそのものを変換することを目的としたトランスレータ
を経由させることにより、IPv6ノードとIPv4ノードとの間の双方向通信を実現
することが可能となります。

既に実装されているトランスレータの例としては、

・Proxy方式
  - アプリケーションレベルでの変換を行う方式

・NAT-PT方式
  - DNSと連携し、アドレスやポート番号を変換する方式

・TRT方式
  - トランスポート層(TCPもしくはUDP)でセッションを奪って通信を行う方式

があります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】統計資料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.JPドメイン名

o 登録ドメイン数(2007年4月~2007年9月)
--------------------------------------------------------------------------------
日付|  AD  AC    CO    GO   OR    NE    GR   ED   LG  GEO   GA     GJ   TOTAL
--------------------------------------------------------------------------------
 4/1| 291 3368 305042 884 22703 17435 8513 4447 2213 3265 412502 127666 908329
 5/1| 290 3380 306555 889 22834 17443 8480 4463 2207 3244 418024 129493 917302
 6/1| 293 3380 307886 890 22931 17440 8467 4478 2169 3225 422835 131248 925242
 7/1| 292 3384 309331 887 23037 17432 8428 4465 2116 3192 429222 132692 934478
 8/1| 290 3392 310590 887 23116 17391 8390 4474 2103 3182 438102 134243 946160
 9/1| 288 3399 311567 874 23211 17374 8366 4483 2102 3158 444129 136208 955159
--------------------------------------------------------------------------------

 GA:汎用ドメイン名 ASCII(英数字)
 GJ:汎用ドメイン名 日本語


2.IPアドレス

o JPNICからの割り振りとJPNICへの返却ホスト数(2007年3月~2007年8月)
------------------------------------------
  月 |   割振   |   返却   | 現在の総量
------------------------------------------
   3 |   907264 |   202752 |   43155742
   4 |    30720 |    17408 |   43169054
   5 |   964608 |        0 |   44133662
   6 |   102400 |        0 |   44236062
   7 |   129024 |        0 |   44365086
   8 |  1800192 |        0 |   46265278
------------------------------------------


□統計情報に関する詳細は → http://www.nic.ad.jp/ja/stat/


3.会員数  ※2007年9月11日 現在

 ---------------------
  会員分類  | 会員数 |
 ---------------------
  S会員     |      3 |
  A会員     |      2 |
  B会員     |      4 |
  C会員     |      5 |
  D会員     |    146 |
  非営利会員|     13 |
  個人推薦  |     39 |
  賛助会員  |     36 |
 ---------------------
  合計      |    248 |
 ---------------------

□会員についての詳細は → http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/


4.指定事業者数  ※2007年9月6日 現在

  IPアドレス管理指定事業者数           381


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】イベントカレンダー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  2007.9.23(日)~28(金)      AfriNIC-7 (Durban, South Africa)
  --------------------------------------------------------------------
  2007.10.9(火)~10(水)      CENTR 34 (Paris, France)
  2007.10.17(水)~10.19(金)  ARIN XX (Albuquerque, NM, USA)
  2007.10.22(月)~26(金)     RIPE 55 (Amsterdam, Netherlands)
  2007.10.29(月)~11.2(金)   ICANN (Los Angeles, California, USA)
  --------------------------------------------------------------------
  2007.11.12(月)~11.15(木)  Internet Governance Forum
                             (Rio de Janeiro, Brazil)
  2007.11.19(月)~11.22(木)  Internet Week 2007
                             (東京、秋葉原コンベンションホール)
  --------------------------------------------------------------------
  2007.12.2(日)~7(金)       70th IETF (Vancouver, BC, Canada)


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
             http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::  http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::  http://www.nic.ad.jp/member/(PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===================================
 JPNIC News & Views vol.482 【定期号】 

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F 
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/


■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2007 Japan Network Information Center


このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.