メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲         ◆ JPNIC News & Views vol.978【臨時号】2012.6.15 ◆
  _/NIC
===================================
---------- PR --------------------------------------------------------
 ━━━第22回JPNICオープンポリシーミーティング(6月19日)開催!━━━━
 ┏━◆◇ご案内◇◆【プログラム公開!申込は6月18日まで!!】━━━━┓
 ┃       http://venus.gr.jp/opf-jp/opm22/opm22-program.html        ┃
 ┃会場:エッサム神田ホール 多目的ホール《お申込は以下のURLから!》 ┃
 ┗━━━https://jpnic.smartseminar.jp/public/seminar/view/12 ━━━┛
----------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.978 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012年5月31日から6月1日にかけて、ベトナム初となる国家規模のIPv6イベン
トが、首都ハノイで開催されました。

VNNICをはじめとする各NIRからIPv6に関する活動状況が発表され、JPNICから
も日本におけるIPv4アドレスの在庫枯渇への対応と、IPv6推進に関する状況
について報告しました。

本号では、そのイベントの参加レポートをお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 「IPv6 - TECHNOLOGY AND APPLICATIONS FOR VIETNAM」参加報告
    ~ベトナム初の国家的IPv6イベント~
                                    JPNICインターネット推進部 前村昌紀
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ベトナム初の国家的IPv6イベント

2012年5月31日(木)と6月1日(金)の2日間にわたり、ベトナム・ハノイで「IPv6
- TECHNOLOGY AND APPLICATIONS FOR VIETNAM」というカンファレンスが開催
されました。このカンファレンスは、ベトナムで開催される初の国家規模の
IPv6イベントで、情報通信を管轄するベトナム情報通信省(Ministry for 
Information and Communication - MIC) が主催、ccTLDの運用管理、NIR(国
別インターネットレジストリ)などを事業とする、VNNIC (Vietnam Internet 
Network Information Center)がオーガナイザーでした。このイベントには、
IPv6推進で知られるベンダーやオペレーターの他に、APIA (Asia & Pacific 
Internet Association)、ISOC (Internet Society)、アジア太平洋IPv6タス
クフォース(APIPv6TF)といった推進団体や、各国NIRも招待されたので、登壇
者の数は30人に上る、まさに一大イベントとなりました。日本のNIRである
JPNICの代表として筆者も登壇依頼を受け、IPv4アドレス在庫枯渇への対応
や、IPv6推進に関する状況について発表しました。

1日目は午前午後にわたるシングルトラックで、基調講演に続いてベンダー、
オペレーターによる技術ソリューションに関する発表が、全部で20ほど並び
ました。2日目は半日で、ディプロイメント戦略と技術問題の2トラックに分
かれてのセッション。筆者はNIR関係者(台湾のTWNIC (Taiwan Network 
Information Center)と韓国のKISA (Korea Information Security Agency:韓
国情報保護振興院))とともに、ディプロイメント戦略の方に出席しました。

このカンファレンスのプログラムや発表資料は、本イベントのWebサイト、
http://ipv6event2012.vn/ でご覧になることができます。ベンダーやオペ
レーターからの発表も多数あり、APNICにおけるIPv4アドレス在庫枯渇も過
ぎ、2012年6月6日のWorld IPv6 Launchを直前に控えるという時期を受けて、
旺盛にIPv6対応の必要性を説くもの、自社ソリューションの有用性を訴える
ものが多かったです。詳細はWebサイトの発表資料をご覧いただくことにし
て、本稿では、ベトナムにおけるIPv6対応の現況と、2日目のディプロイメン
ト戦略セッションで行われた台湾と韓国、そして筆者が発表した日本からの、
各NIRによる報告を簡単にご紹介します。


■ ナショナルIPv6タスクフォース

VNNICによる"IPv6 Deployment in Vietnam"という発表によると、2009年1月
のMIC決定により、国家規模のIPv6タスクフォースの設立が決まりました。

活動の四つの柱として、

・国家アクションプランの作成
・ナショナルIPv6ネットワークの構築
・基幹DNSとIXなどに対するIPv6対応
・トレーニング

を配しています。アクションプランは3フェーズに分かれており、

[2011~2012年] 準備フェーズ
[2013~2015年] 実装フェーズ
[2016~2019年] 達成フェーズ

としています。ナショナルIPv6ネットワークは、基幹DNSとIXにおけるIPv6対
応とともに、海外とのIPv6による接続とトンネルブローカーを有するもので、
国内のユーザーとISPがIPv6対応を行う場合の便宜を図るものとなっていま
す。


■ 各NIRによる発表

TWNICからは"Taiwan Government's Initiative to Deploy IPv6"と題して、
政府機関のインターネットサービスをIPv6化する計画に関して発表がありま
した。政府機関に的を絞ったものではありますが、5,556件とされるサービス
に対して、調査、手順の設定、実施、レビューという要領が明確化され、レ
ビューにおいては徹底的に数値化されているのが印象的でした。

KISAからは、"IPv6 Experiences in Korea"と題して、KISAのIPv6に対する取
り組みの紹介がなされました。6NGIX (IPv6のIX)、6KANET(公共セクター向け
IPv6網)などのIPv6接続性の提供や、コンサルティングサービス、会期初日で
ある2012年5月31日(木)に韓国独自のIPv6 Dayを実施する、大手事業者との協
力で比較的小規模な実験サービスを進めるなど、実際に事業者がIPv6対応を
進める上での支援を地道に行っている様子がうかがえました。

筆者からは、"The endeavor on the preparation for IPv6 in Japan and 
lessons learned"と題して、日本におけるIPv4アドレス在庫枯渇対応とIPv6
推進の状況を発表しました。早期から各団体がそれぞれの立場で対応に着手
していたこと、IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースによって、情報提供や
普及啓発に焦点を定めて、多数の業界団体が一同に会して活動していること
が、日本の活動の特徴だと思います。

                   ◇              ◇              ◇

このイベントの参加人数は300人にも上り、休憩時間になると、スポンサーが
ブースを構えるホワイエが参加者で一杯。大変な熱気で、国家的IPv6イベン
トとしても大成功だったと言っていいでしょう。

VNNICでは、事務局長以下APNICカンファレンスなどで活動を共にする皆さん
が、このイベントの企画と運営に大忙しでした。普段から笑顔が印象的な彼
らですが、このイベントでも、APNICやNIR関係者を招いた歓迎会、会期中の
ディナーと、そのホスピタリティが素晴らしく発揮されていました。これに
加え登壇者は、2日目の日程終了後、世界遺産にも名を連ねるハロン湾へのツ
アーにも招待されていたのですが、筆者は帰国を急ぐ必要があり、参加でき
ず残念でした。


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
             http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     ◆◇◆◇◆   本号のご感想をお聞かせください   ◆◇◆◇◆     ┃
┃良かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/978/781b7c7a78942db2f95e31d3ea472179 ┃
┃                                                                  ┃
┃悪かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/978/9a177f21a5b49f72b4229bf402edcf6d ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::  http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::  http://www.nic.ad.jp/member/ (PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===================================
 JPNIC News & Views vol.978 【臨時号】

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
___________________________________
           本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
       http://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/
バックナンバー     http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/
___________________________________
■■■■■     News & ViewsはRSS経由でも配信しています!    ■■■■■
::::: http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/index.xml  :::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2012 Japan Network Information Center
      

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.