メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    __
    /P▲        ◆ JPNIC News & Views vol.1561【臨時号】2018.1.4 ◆
  _/NIC
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.1561 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あけましておめでとうございます。旧年中はNews & Viewsをご愛読いただき
まして、誠にありがとうございました。本年も引き続き、よろしくお願いい
たします。

2018年最初のNews & Viewsとなる本号では、第60回ICANNアブダビ会議の動向
と、それを受けて東京・JPNIC会議室にて開催した第50回ICANN報告会の模様
を併せてご紹介します。今回のICANN会議でも、引き続き新gTLDの次期募集ラ
ウンドとWHOISに関連した議論が活発に行われました。また、プライバシーに
関する議論の一環として、EUで施行が予定されている一般データ保護規則
(GDPR)の話題も取り上げられました。

なお、アブダビ会議を取り上げた今回のICANN報告会の資料は、JPNIC Webで
も既に公開しておりますので、ぜひ本号と併せてご覧ください。

  第50回ICANN報告会
  https://www.nic.ad.jp/ja/materials/icann-report/20171205-ICANN/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 第60回ICANNアブダビ会議および第50回ICANN報告会レポート
                                     JPNIC インターネット推進部 山崎信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年10月28日(土)から11月3日(金)まで、アラブ首長国連邦の首都アブダビ
にて、第60回ICANN会議(ICANN60)が開催されました。外の最高気温は連日35
度以上でしたが、ほぼ常時屋内におり冷房が強く効いていたため、むしろ寒
かった印象があります。

今回の会合は、年3回開催される会合の中で最も規模の大きいもので、中東地
域で初めて開催された会合でした。JPNICブログ(*1)にも書いたように、会場
は非常に広く、空港で見かけるような電動カートが走っていました。ICANN会
議の他にも、二つほど別の会議が並行して開催されていましたが、さらにも
う二つ会議を追加しても大丈夫なぐらいでした。会場および会期前半の写真
は、次のブログ記事をご参照ください。

(*1) ICANNアブダビ会議フォトレポート
     https://blog.nic.ad.jp/blog/icann60_brief_report/

参加者数などの統計数値は、以下のICANNによるブログ記事(*2)をご参照くだ
さい。

(*2) ICANN60 By the Numbers
     https://www.icann.org/news/blog/icann60-by-the-numbers


■ 今回の特徴

○次回新gTLD募集手続き開始に向けて

TLDとしての国および地域名の利用については、専用のコミュニティ横断作業
部会(CCWG)が設けられ検討されていましたが、コンセンサスが得られずCCWG
が閉じられ、代わって新gTLD次期申請手続きポリシー策定プロセスの作業ト
ラック(WT)5として検討が進められることになりました。1作業トラックとは
言っても、分野別ドメイン名支持組織(GNSO)、At-Large諮問委員会(ALAC)、
政府諮問委員会(GAC)、国コードドメイン名支持組織(ccNSO)からの共同司会
者が進行する、CCWGと同様の構造となっています。2017年11月1日のセッショ
ンおよびその後のメーリングリストでの、同トラックの委任事項(Terms of 
Reference, 検討範囲の意)が議論されました。11月に検討が始まったばかり
ですが、WT5のスケジュールは2018年12月に最終報告書を完成させるとなって
おり、他WTと同様の期限となっています。

○WHOIS/次世代WHOIS(登録データディレクトリサービス、RDS)関連

ICANN59以降、WHOISに登録する最小限のデータ集合(Minimum Public Data 
Set, MPDS)を超えた範囲について検討を開始するとともに、WHOISの利用形態
について把握するため、ユースケースの例が作成されていました。

  RDS PDP WG Example Use Cases
  https://community.icann.org/display/NGRDSTRWMO/RDS+PDP+WG+Example+Use+Cases

次いで、目的の定義に関する理解を深めるため、ドラフティングチーム(DT)
を分野別に設立して目的を定義することとしました。ICANN60をまたいで検討
が行われ、11月半ばまでには、各DTよりDTの目的、データ収集の目的、課題、
利用者などが記載されたドラフトが提出されました。

  Phase 1 Documents(各DTの検討結果最終版が掲載)
  https://community.icann.org/display/gTLDRDS/Phase+1+Documents

  10月28日開催のWG会合発言録・録画
  https://schedule.icann.org/event/CbIZ/gnso-next-generation-registration-directory-services-rds-to-replace-whois-policy-development-process-working-group-meeting

  11月1日開催のWG会合発言録・録画
  https://schedule.icann.org/event/CbF3/gnso-next-generation-registration-directory-services-rds-to-replace-whois-policy-development-process-working-group-meeting

各DTの対象などの詳細は、筆者が第50回ICANN報告会で報告していますので、
その資料(*3)をご覧ください。

(*3) 次世代gTLD RDSポリシー策定WG検討状況報告
     https://www.nic.ad.jp/ja/materials/icann-report/20171205-ICANN/icann50-6-yamasaki.pdf

○欧州連合(EU)一般データ保護規則(GDPR)関連

GDPRは、これまでEU各加盟国国内法の立法を必要としたデータ保護指令を、
各国国内法の立法が必要ない規則とするものです。併せて、データ主体であ
る個人の保護の強化および拡大、データ管理者・処理者への要求の厳格化、
違反した場合の制裁金の巨額化が盛り込まれるとともに、対象範囲をEU居住
者のデータを処理する外国企業にも広げています。2016年4月に採択され、
2018年5月に施行予定です。ICANNは、外部の弁護士事務所にGDPR導入に伴う
リスクの調査を依頼し、その分析のうち、WHOISに関するものがICANN60に先
立って公開されました。

ICANN60では、「GDPRがICANNに与える影響」という題目のコミュニティ間横
断セッションが開催され、欧州(ドイツ)の知財弁護士、ccTLD(.uk)レジスト
リの法務責任者、レジストラ(GoDaddy)の法務担当、消費者保護を実施する法
執行機関として米国連邦取引委員会(FTC)の担当者、RDS PDP WG副チェア兼商
用ユーザー部会メンバー、WGメンバー、欧州委員会のデータ保護担当者、
ICANN事務総長Goran Marby氏、ICANN理事(Becky Burr氏)がそれぞれ登壇して
説明した後、参加者からの活発な質疑応答がありました。

  GDPR Legal Analysis
  https://www.icann.org/resources/pages/gdpr-legal-analysis-2017-11-17-en

  Data Protection/Privacy Activity Recap (blog article)
  https://www.icann.org/news/blog/data-protection-privacy-activity-recap

  Cross Community Session: General Data Protection Regulation (GDPR) 
  Implications for ICANN
  https://schedule.icann.org/event/CbHj/cross-community-session-general-data-protection-regulation-gdpr-implications-for-icann
  https://schedule.icann.org/event/CbIF/gac-discussion-on-whoisrds-and-gdpr

○.amazon TLD

新gTLDである.amazonについては、「amazon」は南米の地理的名称であるとい
うGAC助言を受け、新gTLD申請がICANN理事会により一度却下されていました
が、Amazon社側がIRP(独立評価プロセス)に対し異議を申し立てました。IRP
の裁定は、Amazon社の主張を全面的に認め、理事会の却下を覆すものとなり
ました。

ICANN60での関連セッションは、.amazonのIRPに関する議論セッションが2回、
Amazon社とGAC間の公開会談セッションが1回の、計3回開催されました。アマ
ゾン協力条約機構(ACTO/OCTA)加盟諸国からのGACメンバーは、Amazon社の申
請プロセスおよびその後の対応に、重大な懸念を表明したとのことです。
Amazon社からは、公益コミットメントの枠組みを使った和解案が提示されま
したが、ICANN報告会での総務省角田梨翔氏の発表によれば、ACTO諸国は和解
案に反対だったとのことです。

  ICANN報告会GAC報告資料(総務省角田氏による)
  https://www.nic.ad.jp/ja/materials/icann-report/20171205-ICANN/icann50-3-tsunoda.pdf

  公開会談セッションセッション議事録
  https://gac.icann.org/sessions/icann60-agenda-item-12-meeting-with-amazon-com#_ftnref1

  Amazon社が提示した和解案
  https://amazontld.moi/


■ GNSOポリシー策定関連動向

○全gTLDにおけるすべての権利保護メカニズム(RPM)の評価

本PDP WGは二つのフェーズに分かれ、まずはフェーズ1として、2012年開始の
新gTLDプログラムで採用された、権利保護プログラムを評価中です。ICANN60
開催時点では、サンライズとTrademark Claimsについてのデータ収集は継続
中となっており、それらに加えURS (Uniform Rapid Suspension)についての
議論が開始されました。フェーズ1は、2018年第3四半期に終了予定となって
います。

  GNSO Review of all Rights Protection Mechanisms in all Generic 
  Top-Level Domains
  https://schedule.icann.org/event/CbF6/gnso-review-of-all-rights-protection-mechanisms-in-all-generic-top-level-domains

○IGO/INGOによる事後権利保護メカニズムへのアクセス

ICANN60では、コミュニティからのフィードバックを得るため、本PDPに関す
る暫定的な最終勧告案が提示されました。暫定勧告案の主な内容は、統一ド
メイン名紛争処理方針(UDRP)やURSに特に変更を加える必要はないものの、商
標登録のない政府間組織(IGO)向けなどの、救済策を追加するとなっています。

  セッション詳細
  https://schedule.icann.org/event/CbFM/gnso-igo-ingo-curative-rights-protections-pdp-wg-face-to-face

○新gTLDオークション収入の使途に関する議論

ICANN60時点で、チャーターに関する質問でさらに詳細な返答を必要とするも
のを解決するというフェーズ2が完了し、2017年10月より本CCWGで検討可能な
メカニズムのリストをまとめるという、フェーズ3が開始されています。
ICANN60でのセッションでは、ホワイトボードと付箋が用意され、参加者がア
イデアを付箋に書き込みホワイトボードに貼り付けるという、ICANN会議では
あまりお目にかかれないスタイルで議論が行われていました。

  セッション詳細
  https://schedule.icann.org/event/CbKI/gnso-new-gtld-auction-proceeds-cross-community-working-group-f2f-meeting

  WGニュースレター
  https://community.icann.org/display/CWGONGAP/Newsletters


■ CCWG-Accountability Work Stream 2 (WS2)関連動向

説明責任に関するコミュニティ横断作業部会(CCWG-Accountability)では、以
下の九つのサブグループに分かれて検討しており、アブダビ会議での議論向
けに勧告案が作成されました。

1. 多様性
2. 理事解任議論へ参加するEmpowered Community (EC)メンバーの免責に関す
   るガイドライン
3. 人権
4. 法管轄
5. オンブズマンオフィス
6. 支持組織/諮問委員会の説明責任
7. ICANNスタッフの説明責任
8. 透明性
9. 独立評価プロセス(IRP)実装監督チーム(IOT):WS2とは独立しておりWS2の
   完了後も検討が続けられるとのこと

2と9以外の勧告案はアブダビ会議の前日に行われたWG会合までに承認され、
1は本稿執筆時点で既に意見募集中、他のものも近日意見募集が開始される予
定です。

この中で、以前から議論となっていた、4.法管轄についての勧告内容は、以
下の2点が主となっています。

- 米国による経済/貿易制裁下にある国からの申請におけるOFACライセンス
  取得

  これらの国からの申請については、米国財務省外国資産管理局(Office of 
  Foreign Asset Control, OFAC)のライセンスが必要となっていますが、そ
  の点に関するICANNとレジストラ間のレジストラ認定契約(RAA)の文言を変
  え、レジストラがOFACライセンスを申請取得できるようICANNは最大限の努
  力を払うとすべき、としています。

- ICANNとレジストリ間の契約(レジストリ契約)およびRAA中の、法および裁
  判地条項の選択制度の導入

  現在定義されていないため、CCWGにより複数の選択肢が提示されました。

  ・複数の法・裁判地をセットにした「メニュー」をいくつか用意(具体的な
    国・地域名は挙げず)
  ・カリフォルニア州法および米国連邦法を準拠法として固定
  ・契約の一部を特定の国・地域の法を準拠法として固定し、それ以外の部
    分を「メニュー」で選べるようにする
  ・契約全体の準拠法はレジストリ・レジストラの準拠法とする
  ・現状維持:レジストリ契約、RAA中で準拠法を定義しない

4.の勧告案については、ブラジル政府の代表が反対意見(*4)を公表し、これ
にはアルゼンチンとイランのGAC代表が支持を表明しています。

(*4)【総務省角田氏の第50回ICANN報告会での発表による】
    法管轄サブグループによる勧告案は、米国法への準拠によるリスクを部
    分的に軽減するだけで、内容として不十分である。ICANNが特定の国の法
    律に準拠していることは、マルチステークホルダーモデルに政府が公平
    に関与することを困難にすることから、最低限免責条項を求めるという
    意見。他にも、ラテンアメリカ諸国、中国、ロシア、フランス等も、ブ
    ラジルに賛同したとのことです。一方、先進国は、勧告案に賛成のスタ
    ンスをとっているとのことです。

  ブラジルによる法管轄サブグループ勧告案への反対意見
  http://mm.icann.org/pipermail/ws2-jurisdiction/attachments/20171015/436b7873/StatementofBrazil-0001.pdf

  アブダビ会議でのセッション
  https://community.icann.org/display/WEIA/ICANN+60+-+Abu+Dhabi+%7C+28+October+-+3+November+2017


■ 新たな識別子技術

ICANN60で開催された本セッションでは、ブロックチェーン技術およびDigital
Object Architecture (DOA)について発表がありました。興味深いことに、ブ
ロックチェーン技術を使った、IPアドレス割り振りへの応用についての発表
がありました。

  Emerging Identifiers Technology
  https://schedule.icann.org/event/CbFe/emerging-identifiers-technology


■ Steve Crocker氏が理事長を退任

14年にわたりICANN理事を務め、後半には理事長を務めたSteve Crocker氏が、
アブダビ会合をもって退任されました。開会式ではリーダーシップ賞が授与
され、翌日10月31日には謝恩・送別会が会場内で開かれて、ITU事務総長の
Zhao氏、前ICANN CEO Fadi Chehade氏、前米国NTIA次官補Larry Strickling
氏など、そうそうたるメンバーが挨拶されました。

          ◇                     ◇                     ◇

いつもはICANN会議報告とICANN報告会レポートのメールマガジンは分けて発
行していますが、今回は1号でまとめてお送りしています。ここからは、ICANN
報告会のレポートとなります。

━━━━━━━━━━━━
◆ 第50回ICANN報告会 ◆
━━━━━━━━━━━━

これらアブダビ会議での議論を紹介する第50回ICANN報告会を、2017年12月5
日(火)に開催いたしましたので、以下に当日の様子を簡単に報告します。報
告会の資料は既に公開しており、動画も追って公開いたしますので、参加さ
れなかった皆様もぜひご覧ください。

  第50回ICANN報告会
  https://www.nic.ad.jp/ja/materials/icann-report/20171205-ICANN/

○ccNSO関連報告

株式会社日本レジストリサービスの高松百合氏より、以下についてお話しい
ただきました。

- ccNSO評議員改選およびccNSO選出のICANN理事改選
- TLD-OPS(インシデント解決のためのレジストリ間での連携を目的とした運
  用者のコミュニティ)活動状況
- TLDにおける2文字コードおよび3文字コードの扱い:2文字コードはすべて
  ccTLDのために保護すべき、3文字コードは現状を維持すべきとの結論
- ICANN理事へのスクリーニングチェック:ccNSOからの候補者も対象とする
  方向で合意

○GAC関連報告

総務省の角田氏より、主に以下についてお話しいただきました。

- ECへのGACとしての関与方法
- Amazon社とのIRP結果への対応
- GDPRがWHOISに与える影響
- ICANNの法管轄
- セカンドレベルドメインにおける2文字(国別)コードの扱い:関係国と理事
  会間でタスクフォースを設立することになっているが、理事会から進捗報
  告がないことについて懸念が表明された
- 新gTLD導入に関する議論
  ・IGO略称保護
  ・赤十字・赤新月社名称保護
  ・地理的名称保護
- GAC PSWG (Public Safety WG)での議論
  ・DNS Abuseの軽減に向けた取り組み
  ・GDPRがWHOISに与える影響
- 理事会への助言
  ・IGOの保護
  ・ICANNへの有意義な参加
  ・GDPR:GAC WHOIS原則に記載された課題を考慮に入れるべき

○レジストリ・レジストラ関連報告

株式会社インターリンクのジェイコブ・ウィリアムズ氏より、以下のトピッ
クについてお話しいただきました。

- レジストラ関連
  ・プライバシー/プロキシサービス事業者認定プログラム
  ・.comおよび.netのThick WHOISへの移行:GDPRの影響調査中のため、180
    日遅らせることを理事会が決議
  ・WHOIS項目間検証ポリシー:郵便番号と住所がマッチしているか、などの
    検証を行うポリシー
- レジストリ関連
  ・登録データアクセスプロトコル(Registration Data Access Protocol, 
    RDAP):2017年9月から2018年7月までパイロットプログラム実施中
  ・GDPR:コミュニティ間横断セッション実施

○次期新gTLD検討WG報告

GMOブライツコンサルティング株式会社のマイケル・フレミング氏より、次期
新gTLD募集手続き検討作業部会の状況、具体的には以下の各WTの進捗状況お
よび今後のスケジュールについてご報告いただきました。

- WT1:全体プロセス
- WT2:法規制
- WT3:文字列競合、異議申し立て、紛争処理
- WT4:国際化ドメイン名(IDN)、技術、運用
- WT5:トップレベルにおける地理的名称

WT5においては協議内容がCCWGと同様に明確にされたこと、そのためWTの権限
(Terms of Reference)が検討されたことが、特筆すべき点ということでした。


■ 最後に

アブダビ会議に参加した所感としては、相変わらず会議が多過ぎて常に3セッ
ションほど聴講したいセッションが重なっていること、GNSOのカバー範囲が
広過ぎて1人ではカバーし切れないと思ったこと、が主なものです。

次回の第61回ICANN会議は、プエルトリコのサンフアンで、2018年3月10日
(土)~15日(木)に開催される予定です。

  ICANN61 | San Juan
  https://meetings.icann.org/en/sanjuan61


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
             まわりの方にもぜひNew & Viewsをオススメを!
      転送にあたっての注意や新規登録については文末をご覧ください。
                  ◇              ◇              ◇
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
             https://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     ◆◇◆◇◆   本号のご感想をお聞かせください   ◆◇◆◇◆     ┃
┃良かった                                                          ┃
┃  http://feedback.nic.ad.jp/1561/e96d976c01c41cb319aa6f4443d2d44f ┃
┃                                                                  ┃
┃悪かった                                                          ┃
┃  http://feedback.nic.ad.jp/1561/e48e88fca1710f78e373eb5393628a83 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  ::::: https://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト :::: https://www.nic.ad.jp/member/ (PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 JPNIC News & Views vol.1561 【臨時号】

 @ 発行  一般社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
          101-0047 東京都千代田区内神田3-6-2 アーバンネット神田ビル4F
 @ 問い合わせ先  jpnic-news@nic.ad.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
___________________________________
            本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
        https://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ◇ JPNIC Webにも掲載していますので、情報共有にご活用ください ◇
登録・削除・変更   https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/
バックナンバー     https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/
___________________________________
■■■■■     News & ViewsはRSS経由でも配信しています!    ■■■■■
::::: https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/index.xml :::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  https://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2018 Japan Network Information Center
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ