メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
                                                                  1995/10/04
                                                                  資料5-1

                     JPNICの公益法人化について


                               JPNIC運営委員/Future-WG担当 東田・小西


第4会理事会での運営委員会に対する依頼にもとづき、運営委員会内Future-WG
において公益法人化に向けての具体的な検討を行ないましたので、以下の通り報
告いたします。

報告内容:
(1)前理事会での合意内容の確認
(2)各省庁の動向の報告
(3)本日検討していただきたいこと
     議題1:公益法人化を目指すか否か
     議題2:主務官庁と設立時期について
     議題3:必要書類の準備
     議題4:今後の予定

======================================================================
●前理事会での合意内容

○公益法人になる意味
・社会的(法的)に認知される
・資産を法人として所有できる(現在、代表者個人として行っている)
・色々な組織(特に国の機関)が、会費や手数料を払いやすい
・公共性のある団体として、他の組織の人的、資金的協力を期待できる
・人の雇用がきちんとできる(より良い人材の確保)

○社団法人と財団法人の違いについて
・下表により現在のJPNICの体制は社団法人に近いことを確認
・現在の組織・人材をできるだけ維持できる社団法人が適当

-----------------------------------------------------------------
           社団法人                  財団法人
-----------------------------------------------------------------
公益性     ○                        ○
-----------------------------------------------------------------
組織       社員(会員)総会(2/年以上)  理事会/+(評議会)
           理事会など                理事は評議員が決める
           社員の意志が絶対          会員という仕組みはないが、
                                     賛助、維持はあり
-----------------------------------------------------------------
会則       定款                      寄附行為
(変更)     総会で変更し官庁の認可    会則を変更しないのが原則
-----------------------------------------------------------------
活動資金   会費                      基本財産の果実(利息等)
           収益事業(活動の維持目的)  同左
-----------------------------------------------------------------
任意団体   そのまま受け継ぐ          任意団体を解散して新規
との関係                             に作る例が多い
-----------------------------------------------------------------

○社団法人JPNICに必要なこと
・インターネットの技術が発展中のものであることを認識し、技術の変化
  にすばやく対応できる組織とすること
・JPドメイン名・IPアドレスの割り当ての中立性・公平性が保てること
・国内外のNIC関連組織との協調性が維持できること
・ISOC, IAB, IANA, APNIC 等の機関から、その権限を JPNIC が委譲され
  てインターネット共有資源の割当・管理を行なっていることを明確に受
  け入れる
・できるだけ受益者負担の原則に立ち、マーケットの自由競争に対して、
  阻害要因を設けない
・日本の利用者の声を直接的に反映できる仕組みを持ち、それを尊重する

======================================================================
●各省庁の動向の報告
+-----------------------+--------+------+----------------------------+
|       窓口            | 法人化 | 共管 |         コメント           |
+-----------------------+--------+------+----------------------------+
| 文部省 学術情報課     |  賛成  |  ○  |・協力します                |
|        木島課長       |        |      |・通産vs郵政のゴタゴタには  |
|                       |        |      |  巻き込まれたくない。      |
+-----------------------+--------+------+----------------------------+
| 通産省 電子政策課     |  賛成  |  ○  |・是非、協力したい          |
|        小林課長補佐   |        |      |・JPNICの意志を尊重する     |
+-----------------------+--------+------+----------------------------+
| 郵政省 データ通信課   |  賛成  |  ×  |・郵政単管でやるべき        |
|        藤本課長       |        |      |・予算化を考えている        |
+-----------------------+--------+------+----------------------------+
| 科技庁 科学技術情報課 |  賛成  |  ○  |・協力します                |
|        加藤企画官     |        |      |・JPNICの意志を尊重する     |
+-----------------------+--------+------+----------------------------+

======================================================================
●本日検討していただきたいこと

○議題1:公益法人化を目指すか否か
  ・公益法人化を◯年◯月末までに目指すか、それ以降も当分任意団体のまま
    でいるか?

○議題2:主務官庁と設立時期について
  ・郵政省単管であるべきか、共管の方がよいか?
  ・共管の場合、是が非でも4省庁共管を目指すか、議題1の◯年◯月までに
    認可が可能な省庁の共管を目指すか?

○議題3:必要書類の準備
  ・発起人、役員をどうするか
  ・必要書類(設立趣意書・定款・事業計画)の検討

○議題4:今後の予定
  ・公益法人設立準備委員会の設置
    目的:今後の法人化の具体的な作業を理事会として委員会に委任する
    構成(案):村井・丸山・東田・小西・後藤滋・○○・○○
              (委員長および副委員長は委員の互選とする)

/以上
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2022 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.