メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
                  2002/09/19 第36回理事会
                            資料5 


■審議事項

 ・ JPRSより要請のある「第三者割当増資について」の実施に関
    し、10月18日(金)開催予定の総会に諮ること。

 ・ 具体的には、次の通り。
  1)現在3,600株のJPRS授権資本を、14,400株とすることを、
   総会に諮ること。
  2)JPRSが、上限として、3,600株の第三者割当増資を実施する
   ことを、総会に諮ること。
  3)JPRS臨時株主総会での「授権資本の拡大」及び「第三者割当
   増資の実施」の議決権行使について、JPNIC理事会に一任す
   ることを総会に諮ること。
   

■背景

 1. JPRS株式保有の経緯

  ・ 2000年12月22日第11回総会第1号議案「汎用ドメイン名の登録
   管理業務を行なう新会社の設立」が決議されました。

  ・ その際、JPドメイン名の公共性を担保する最終的な歯止めを、
   同社株式の2/3をJPNICが保有し、(JPRSの最終的な役員人事
   権をもち)JPRSの経営の中立性・公平性を保つことで果たすと
   していました。

  ・ JPNICは、現在、1億2千万円の現物出資により、全株式の2/3
   にあたる2400株を保有しています。

 2. 現状の認識について

  ・ しかしながら、「『公益法人の設立許可及び指導監督基準』及び
  『公益法人に対する検査等の委託等に関する基準』について」(平成
  8年9月20日閣議決定、同9年12月16日改正)「公益法人の設立許可
  及び指導監督基準」並びに「『公益法人の設立許可及び指導監督基
  準の運用指針』について」(平成8年12月19日公益法人等の指導監督
  等に関する関係閣僚会議幹事会申合せ、同9年12月16日一部改正、
  同10年12月4日一部改正)「公益法人の設立許可及び指導監督基
  準の運用指針」による株式保有等規制のため、JPNICは、その保有
  するJPRS株式の速やかな売却を主管省庁から求められています。

  ・ よって、JPNICは、2002年4月以降、JPドメイン名登録管理業務
  という公共性のある業務をJPRSに移管するにあたり、一連の移管
  手続の中で、株式保有という政府の「指導監督基準」と相容れない
  手段に替わり、契約の中で、恒久的なJPドメイン名の公共性を担保
  することを目指しました。

  ・ JPNICは、2002年1月にJPNIC/JPRS間で締結された「JPドメイ
  ン名登録管理業務移管契約」の14条で「JPドメイン名の公共性の
  担保」の条項を明確に規定しました。また、JPRS/ICANN間で締結
  された「ccTLDスポンサ契約」の中でも日本のインターネットコミュニ
  ティを代表して、JPNICがJPドメイン名の公共性を担保することが
  明確に規定されました。これらにより、それぞれの契約の中で
  JPドメイン名の公共性を明確に担保する方法が謳われました。

  ・ 従って、双方の契約によりJPドメイン名登録管理業務の移管が行な
  われた2002年4月1日以降、JPNICとしては、JPドメイン名の公共性
  の担保のためにJPRS株式を保有している必要は無くなったことから、
  その売却の検討に入っております。

  ・ 一方、JPRSは、2002年4月のJPドメイン名登録管理業務の移管
  後、将来の成長に向けた自己資本の充実と安定株主の確保のため、
  授権資本の拡大と第三者割当増資を実施したいとの報告と要請が
  ありました。

  ・ JPNICとしては、この要請に対し次のように考えております。
   1)増資により、自己資本を充実させ財務体質を強化し、経営の
    安定化を図るというJPRSのニーズは理解する。
   2)しかしながら、大株主であるJPNICは、JPRSから増資要請があ
    っても、次の理由から応じる意思はない。
     ・増資に応じ、公益法人であるJPNICが大株主として民間会社
      を実質支配するのは、いわゆる民業圧迫であり好ましくないと
      考えられる。
     ・また、リスクのある投資として増資に応じることは、公益法人の
      本分からすべきでないと考える。
     ・そして、JPNICは、保有JPRS株式について、2002年度内の売却
      を検討中であり、売却株数を増やす意思はない。
   3)第三者割当増資先については、JPRSの経営責任で調整し、臨時
    株主総会に諮る。
   
■今後の日程(案)
       9月19日(木) 第36回JPNIC理事会
   10月18日(金) 第18回総会
   10月下旬   JPRS臨時株主総会(授権資本拡大)
   11月下旬   JPNIC理事会(第三者割当増資審議)
          JPRS臨時株主総会(第三者割当増資)
   12月中旬   JPRS第三者割当増資完了 


                                                                   以上
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。