メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
             社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
                    第43回理事会(通常理事会)議事録




1. 日  時:2004年 1月 13日(火) 16:00-19:45
                               
2. 場  所:東京都千代田区内神田 2-3-4 国際興業神田ビル 6階
           JPNIC会議室

3.理事の現在数: 17

4.出席理事

    村井 純、後藤滋樹、荒野高志(第1~5号議案:書面表決/第6~8号議案:出
    席)、飯塚久夫(第1~5号議案:書面表決/第6~8号議案:出席)、坂田信夫
    (第1~4号議案:出席/第5~8号議案:書面表決)、鈴木 幸一(書面表決)
    小西 和憲、佐野晋、竹村 純、坪 俊宏、野村純一(電話による出席)、
    前村昌紀、丸山直昌、山口英
    
  出席監事
    加藤 義文(第1~5号議案:出席)

  その他の出席者
    成田 伸一(事務局長)、佐藤 俊也(総務部課長)、伊勢 禎和(インターネット
    推進部企画課課長)、二瓶 竜史(ドメイン名事業部政策課課長)、佐藤晋
    (IP事業部IPアドレス課課長代理)、嵯峨濃 弘子(総務部課長代理)、岡部
    ちぐさ(インターネット推進部広報教育課課長代理)、飯塚 有紀子(総務部)

5.配布資料:

   資料1-1     執行理事会及び人事委員会報告
   資料1-2     電子メールによる理事会決議の報告
   資料2    IPアドレス事業料金体系見直しの件  
  資料3    インターネット基盤整備基金資産規程(案)
   資料4    資産運用規程(案)
   資料5-1     2004年度事業計画(案)   
   資料5-2     2004年度事業計画案説明資料
   資料6       2004年度収支予算(案)
  資料7       エスクローエージェント公募の件
  資料8    JPRS株式リリースの件

6.審議事項及び議決事項、並びに議事の経過の概要及びその結果

  上記の通り理事の出席があり、当センター定款第33条に基づき村井理事長
   が議長となり開会を宣言した。その後、議長により本日の議事録の署名人
   に坪理事と竹村理事を指名したい旨の発言があり、出席理事全員がこれを
   了承した。
 
   更に議長より、成田 伸一(事務局長)、佐藤 俊也(総務部課長)、伊勢 禎
   和(インターネット推進部企画課課長)、二瓶 竜史(ドメイン名事業部政策
   課課長)、佐藤晋(IP事業部IPアドレス課課長代理)、嵯峨濃 弘子(総務部課
   長代理)、岡部ちぐさ(インターネット推進部広報教育課課長代理)、飯塚 
   有紀子(総務部)を同席させたい旨発言があり、出席理事全員がこれを了承
   した。
   また、議長より、第8号議案として 「JPCERT/CCとの関係強化の件」を当面
  の間非公開の議案として追加したい旨の発言があり、出席理事全員がこれ
   を了承した。

 6-1. 報告事項

  1.執行理事会及び人事委員会報告

    成田事務局長が資料1-1の通り、執行理事会及び人事委員会の活動報告を
    行った。
 
  2.電子メールによる理事会決議の確認

    成田事務局長が資料1-2の通り、電子メールによる理事会決議事項の確認
    報告を行った。

 6-2. 審議事項

   第1号議案  IPアドレス事業料金体系見直しの件

    議長の指名により、前村理事が、資料2の通り、IPアドレス事業料金体
    系見直し案について説明を行った。質疑応答が行なわれ、議長が本議案を
    承認し、さらに同案について総会で報告することの可否を諮ったところ、
    一部修正を、執行理事会に一任した上で、出席理事の過半数の賛成をもっ
    て承認された。

   第2号議案  インターネット基盤整備基金資産規程制定の件

    議長の指名により、成田事務局長が、資料3の通り、インターネット基
    盤整備基金資産規程の制定についての説明を行なった。質疑応答の後、議
    長が本議案を承認することの可否を諮ったところ、出席理事の過半数の賛
    成をもって承認された。

   第3号議案  資産運用規程制定の件

    議長の指名により、成田事務局長が、資料4の通り、資産運用規程の制定
    についての説明を行なった。質疑応答の後、議長が本議案を承認すること
    の可否を諮ったところ、一部修正を、執行理事会に一任した上で、出席理
    事の過半数の賛成をもって承認された。

   第4号議案  2004年度事業計画案承認の件

  議長の指名により、成田事務局長、坪理事、前村理事、佐野理事が、資料
   5-1、資料5-2の通り、2004年度事業計画案の説明を行った。質疑応答が行
   なわれ、議長が本議案を承認し、総会に諮ることの可否を諮ったところ、
   出席理事の全員の賛成をもって承認された。

   第5号議案  2004年度収支予算案承認の件

  議長の指名により、成田事務局長が、資料6の通り、2004年度収支予算案の
   説明を行った。質疑応答が行なわれ、議長が本議案を承認し、総会に諮る
   ことの可否を諮ったところ、一部修正を、執行理事会に一任した上で、出
   席理事の過半数の賛成をもって承認された。

   第6号議案  エスクローエージェント公募の件

  議長の指名により、坪理事が資料7の通り、エスクローエージェントの選定
   を公募により実施する件について説明を行った。質疑応答が行なわれ、議
   長が本議案を承認することの可否を諮ったところ、出席理事の全員の賛成
   をもって承認された。

   第7号議案  JPRS株式リリースの件

   議長の指名により、成田事務局長が資料8の通り、JPNICの保有するJPRS株
   式のうち一部をリリースする件について説明を行った。質疑応答が行なわ
   れ、議長が本議案を承認し、総会に諮ることの可否を諮ったところ、出席
   理事の全員の賛成をもって承認された。なお、本議案に関して佐野理事は、
   JPRSの代表取締役であり特別利害関係者にあたるため、決議に参加しなかっ
   た。

   第8号議案 JPCERT/CCとの関係強化の件

  議長よりJPCERT/CCと組織、資金等の面で関係強化の検討を開始することの
  提案があった。質疑応答が行なわれ議長が本議案を承認することの可否を
  諮ったところ、出席理事の全員の賛成をもって承認された。


 以上により本日の議事すべてが終了したので、議長は議事を終了し、閉会を
宣言した。

上記を明らかにする為、この議事録を作成し、議長及び議事録署名人が下記に
署名する。

2004年1月13日

 社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター 
 第43回理事会(通常理事会)
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.