メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
                                                        2005/10/21 理事会
                                                                 資料 1-3
      JPIRR正式サービス化に向けた準備開始について


現在JPNICで提供しているJPIRR試験サービスに関し、正式サービス化に向け
た本格的な準備を行うことについてご報告いたします。

■JPIRRサービスとは
  IRRは、インターネットの経路制御に必要とされる情報を提供するデータ
  ベースである。JPNICでは2002年8月より、IRR企画策定専門家チームの協
  力のもと、JPIRR(JPNIC IRR)試験サービスを提供し、情報登録の受付と
  データベースの公開を行っている。

■JPIRR正式サービスの位置づけ
  試験サービスの段階では、登録者および登録情報の厳密な制限を設けてい
  ないが、正式サービス化にあたっては、インターネットレジストリが提供
  するIRRとして、登録者を指定事業者およびJPNICが管理する資源割り当て
  組織に限定する。レジストリシステムと連携して登録データ内容の検証を
  行うことで、信頼性の高い情報を集積、提供することで公益に資するサー
  ビスとする。

■正式サービス提供に向けた進捗状況
  IP事業部、技術部を中心に以下の準備を進めている。必要に応じて、
  IRR企画策定専門家チームに協力を依頼する。

  ・サービス内容の検討
  ・規則、ドキュメント類の作成・整備
  ・収支計画の作成
  ・レジストリシステム連携機能の開発
  ・登録用webインターフェースの開発
  ・IRRサーバソフトウェアのチューニング

■現在検討中のJPIRR正式サービス案
  これまでの試験サービスを踏まえ、正式サービス向け以下のように検討を
  進めているが、全てのサービス提供準備が整った時点で、下記内容を含む
  正式サービス提供の可否について、改めて理事会に諮る予定である。

  ・JPIRRサービスの対象
     - IPアドレス管理指定事業者
     - AS番号やプロバイダ非依存アドレスの割り当て先組織

  ・JPIRRサービスで提供する内容
     - オブジェクトの登録・更新
     - 登録情報の参照・他IRRへのミラーリング
     - ユーザインタフェースの改良
     - 電子証明書による権限管理
     - 情報の更新されていないオブジェクトの自動削除
     - ルータのフィルタを生成するツール提供
     - IRRに関する情報提供
     - 上記に関する日本語でのサポート

  ・料金
     - 正式サービス化のための費用を賄うために、オブジェクト登録者より
       徴収する

■今後のスケジュール

  ~2006年1月 要求仕様策定・システム開発
    2006年1月 理事会審議
    2006年2月 サービス内容・ドキュメント等の公開
    2006年4月 正式サービス化

                                                                        以上
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.